オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

神戸市北区 屋根修繕|劣化した瓦屋根を最小限で修繕する方法


屋根修繕前のセメント瓦屋根
こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

本日は、セメント瓦葺き屋根の修繕工事をおこないました様子をご紹介いたします!

ご依頼のきっかけは、もともとご依頼のあった雨樋の交換工事後に屋根の無料点検を行わせていただいたところ、屋根のセメント瓦に割れやズレが多くあり、現時点であれば最小限の屋根修繕で雨漏りや今後の屋根劣化被害を抑えられるとわかり、お客様にご報告させていただいたことでした。

 関連ページ 
「ここまでやります!住まいの無料点検」はこちら

神戸市北区にて屋根修繕前のセメント瓦屋根の様子

まずは、今回おこないました屋根修繕前のセメント瓦屋根の様子をご紹介します。

セメント瓦とは、セメントを成型後に着色した瓦のことです。

セメント製のため、性質としてはどちらかというと瓦よりも同じ素材のスレート(カラーベスト・コロニアル)に近く、それ自体に防水性はありません。

屋根材として使用するには塗装が必要で、つまりメンテナンスをする際には瓦同士を接着している漆喰のほかに、塗装も必要になってきます。

経年劣化して塗膜が薄くなってくると、雨水が瓦自体に染み込んでしまうのです。

 関連ページ 

神戸市北区にて屋根修繕前の様子① おいあての脱落

屋根棟のズレ
屋根の頂点に位置する屋根面同士の取り合い部分を棟(むね)といいます。

棟には屋根の中でも雨風の影響を受けやすい部分であるため、冠瓦とよばれる半円型の瓦をかぶせて施工するのが一般的です。

この冠瓦と屋根面の隙間を埋めるようにして差し込まれる瓦を「おいあて」といいます。
屋根修繕時の瓦ののしのズレ
このおいあてがボンドで止めて施工されてありましたが、縁が切れて脱落が始まっていました。

こういった隙間から雨水が浸入し続けると、屋根下地が傷む原因となり、雨漏りに繋がる可能性があります。

 関連ページ 

神戸市北区にて屋根修繕前の様子② 瓦の割れ

屋根修繕前のセメント瓦 補修の跡
以前に他業者へ依頼をして屋根修繕をされたそうです。

その修繕時に塗装がおこなわれたようですが、その時に状態の悪かったヒビ割れた瓦に変性シリコン等の充填剤で補修してから塗装された跡がいくつか見受けられました。

この修繕時に塗装した塗膜の劣化により、ヒビ割れが再発して悪化しているような状態でした。
屋根修繕前のセメント瓦 割れ
一部の瓦には、前回修繕時に踏んで割れた瓦をそのままシリコンで補修して塗装をおこなってありました。

こういった瓦は特に、塗膜とシリコンの経年劣化により大きく隙間があいてしまっており、防水力がほぼ機能していない状態でした。
屋根修繕前はセメント瓦の割れから雨水が入り込んでいます。
確認のため、割れた瓦の欠片を捲ってみると、雨水が浸入している形跡がありました。

このまま放置していては、屋根下地や屋根裏の腐食に繋がります。

神戸市北区にて屋根修繕① おいあての再固定

屋根修繕でのし瓦の修繕 ボンド付け
脱落してズレていたおいあてを、本来の適正な位置まで押し上げてからシリコンを打ち、再固定をおこないました。

神戸市北区にて屋根修繕② 割れた瓦の撤去

屋根修繕前の割れている瓦の撤去
屋根面の割れたセメント瓦は撤去します。

瓦の下の桟木に釘で固定されているため、瓦を叩き割って細かくしてから捲り、釘を抜きます。

神戸市北区にて屋根修繕③ 代替瓦の設置

屋根修繕で新設するドリーム30(富士スレート)
こちらの屋根に使用されていた瓦はセラルーフ(富士スレート)という商品なのですが、既に廃盤となっている商品でした。

そのため、機能性や長さ、瓦の耳の方向が同じドリーム30(富士スレート)を使って屋根修繕をおこないます。
屋根修繕時に廃盤商品のサイズに合わすため、瓦の幅をカットした瓦
瓦の耳側はカットできないため、反対側の右側をカットし、幅を現場でジャストサイズに加工して設置していきます。
屋根修繕時の瓦差し
平板のセメント瓦には瓦同士の遊び(隙間)がほどんどありません。

そのため、新しい瓦を差し込む際には上段の瓦の下にバールを差し込んで持ち上げるようにして、丁寧に設置していきます。
屋根修繕時に谷廻りのカットした瓦を差替え
谷部とよばれる屋根面が谷状になっている部分は、屋根に降ってきた雨水が集まって流れ落ちる部分であり、この谷部が劣化すると雨漏り発生しやすくなります。

谷の形状に合わせて瓦をカットし、防水機能を復活させました。
屋根修繕工事
ヒビ割れていた箇所の瓦差替えが完了しました!

神戸市北区にて屋根修繕④ 袖瓦の修繕

屋根修繕前袖瓦釘の浮き
屋根の端部分である袖の瓦は、真上から屋根下地に向かって釘を固定する脳天打ちでの施工で合わさっています。

この釘が経年劣化により錆びてゆるみ、開いた穴の隙間から雨が染み込んでいました。

雨水が下地の木を濡らし、更に釘の効きが悪くなって釘が浮いてくるという悪循環が起きています。

屋根修繕で屋根瓦の釘の浮き打ち込み
新しく釘を打ち込み、まずは袖瓦の固定力を上げます。
屋根修繕で釘頭シーリング打ち
雨水の浸入を防ぐため、シリコンコーキングを球付けして釘穴をふさいでいきます。

屋根修繕で玉付したコーキングを押さえて密着させる
シリコンコーキングを押さえて密着させることで、防水処理をおこないます。

袖瓦は台風などの強風時に捲れたりズレたりという被害が起きやすい場所なので、しっかりと固定させて防水処理をおこなうことが大切です。

神戸市北区にて屋根修繕完了しました

屋根修繕で袖瓦修繕完了
以上で今回のセメント瓦の屋根修繕が完了しました!

雨樋の交換工事をきっかけに屋根の経年劣化を早めに発見できたため、一部の瓦の差し替えと再固定で屋根の防水機能を復活させることが出来ました!

早めの発見により最小限の修繕で済み、お客様にも大変喜んでいただけました!

関連ブログ



神戸市北区で屋根修繕なら「街の屋根屋さん神戸店」へ

街の屋根やさん神戸店代表
「雨漏りで天井や壁に雨染みができてしまった・・」

「屋根材が一部捲れたり剥がれたりしているが、つい放置してしまっている・・」

このような場合、雨漏りによって屋根や屋根下地、天井裏まで傷んでいる可能性があります。

水分はお住まいにとって大敵で、雨漏りや災害時の被害を防ぐためにも屋根は早目の修繕やメンテナンスが必要です。

「街の屋根やさん神戸店」では、いつでも無料で雨漏り調査・修繕お見積りまでさせていただいております。

すぐに修繕や工事とお考えでなくても、どうかお気軽にわからないことやご不安な点をご相談くださいね!

 関連ページ 



この工事の現場ブログ

雨樋の脱落

2019/09/24/ 神戸市北区 雨どい修理のご依頼をいただきました【無料調査】

※2020年8月25日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市北区にお住まいの方から雨どいに関するお問い合わせをいただきました。「自宅の雨どいが脱落して外れてしまっている。修理できますか?」さっそく、街の屋根やさん神戸店が神戸...........

雨樋の脱落 工事前

2019/12/03/ 神戸市北区 雨樋交換!新しい鼻隠しと雨樋で快適なお住まいへ

※2020年8月9日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。神戸市北区で雨樋の交換と鼻隠しの新設工事をおこないました。きっかけは、お客様からのお問い合わせです。「自宅の雨樋が外れてしまった。修理してほしい。」すぐに駆けつけ無料おすまい点検...........

屋根修繕前のセメント瓦屋根

2020/11/06/ 神戸市北区 屋根修繕|劣化した瓦屋根を最小限で修繕する方法

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、セメント瓦葺き屋根の修繕工事をおこないました様子をご紹介いたします!ご依頼のきっかけは、もともとご依頼のあった雨樋の交換工事後に屋根の無料点検を行わせていただいたところ、屋根のセメント瓦に割れや...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換します!

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根修繕着工前

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、三田市にて雨漏りが発生した屋根を調査の上、一部のスレート葺き直しとなんばん漆喰補修を中心とした屋根修繕工事をおこない、雨漏りを解決しました様子をご紹介いたします!3年ほど前に屋根修繕で葺き替えを...........

庇工事着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

瓦屋根調査時の太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735