芦屋市 棟の漆喰が剥がれているとお問い合わせ頂きました。


漆喰詰め直し後瓦屋根
芦屋市 棟の漆喰が剥がれているとお問い合わせ頂き、
急遽現場に急行させていただき、
調査を行った様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。

こんばんは。街の屋根やさん松本です。
漆喰といえば、瓦屋根には欠かせないもので、
主に棟と瓦の間に施工されている一般的に白く見える部分の事です。

この場所を横からの雨の叩きこみを防ぐため、
漆喰を使い、屋根やさんが棟の下に入っている土を雨から守るために、
土の上に塗りつけて防水をしているものです。

この漆喰、は永年もつ物ではなく、
定期的なメンテナンスが必要になる部位です。

この『漆喰が剥がれている』、
とお問い合わせを受けました。

現場に到着

S瓦葺きの屋根
お客様のお住まいへ伺い、
屋根の上を点検させていただいたときの様子です。

S瓦という1枚の瓦の中で、
もり上がっている部分とへこんでいる部分の差が
大きい種類の瓦形状でスパニッシュ瓦、等と
呼ばれることもあります。

洋瓦も、和瓦も、
基本的には施工方法は同じです。

この棟瓦の下にも土が入っています。
棟の下地葺き土の露出
お客様が漆喰の剥離に気付いたのは、
雨樋を交換しに来た業者が教えてくれて、
現状を把握できたとのことです。

棟下の隙間『面戸』と呼ばれるスペースの漆喰が黒ずんで見えます。
その中に黄色に見える部分があります。
棟下地土が見えている様子
これは棟を形作っている土が露出している状態です。

表面を守っていた漆喰が剥がれ落ちているようです。
雨水により土が濡れた形跡があります。
このように土が見えている状態です。
また土の中に混ぜ込んである骨材が露出しています。
これは、
雨水により細かな土が流され、
大きな骨材が浮き出ているためです。

雨水により棟の下地が濡らされている状態です。
棟の歪み
土が濡れ続けると何が起こるかというと、
棟を形作っている土に水が染みると
段々形が崩れてきてしまいます。
土台の形が変わってくると、
その上に固定してある瓦も土の形に合わせズレます。
そうすると棟の通りが曲がって見えてきます。
棟瓦がズレ隙間が空いています。
そうして瓦同士の隙間が大きくなり、
雨が吹きこむ可能性が上がっていきます。

雨が吹き込めばさらに土は崩れ、
棟の歪みも加速してしまいます。
棟尻の漆喰も剥離しています。
では最初に土を濡らした原因は一体何なのでしょう。
そもそも隙間を漆喰が埋めてくれているのだから、
水は土に当たらないはずです。

実は原因は、その漆喰にあったのです。
漆喰が剥がれている
瓦の端部ギリギリ迄、漆喰が詰められていたことにより、
漆喰の上で水を受け止めるような状態になっていました。
そうなると瓦と漆喰の隙間から水が染み、
逆に水を呼び込むような施工になっていたのです。

瓦の奥で漆喰を塗り表面付近には漆喰が出てこないように施工することが必要なのです。

早期に発見でき、棟の形が通っている状態ならば、
漆喰を一度撤去し、漆喰を詰め直すメンテナンスで対応できますが、
棟の形が崩れてくると、
今度は棟を積み直さなくてはいけません。

しっかりと屋根を本来の水を排出する造りにしてあげることが必要な時期です。

急勾配の屋根
8.5寸、かなり屋根の傾斜がきついですが、
しっかりと工事を行っていきます!

この工事の現場ブログ

漆喰詰め直し後瓦屋根

2018/05/15/ 芦屋市 棟の漆喰が剥がれているとお問い合わせ頂きました。

芦屋市 棟の漆喰が剥がれているとお問い合わせ頂き、急遽現場に急行させていただき、調査を行った様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは。街の屋根やさん松本です。漆喰といえば、瓦屋根には欠かせないもので、主に棟と瓦の間に施工されて...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

芦屋市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

棟板金の捲れ
棟板金復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板)、下地貫板
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約27万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........