オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市北区 防水工事!ベランダにウレタン防水を施工いたします【前編】


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

雨漏りときくと、屋根を真っ先に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし、屋根以外にも雨漏りの原因となりやすいのが「外壁」「窓サッシ」そして、「ベランダ」「屋上」などの陸屋根(ろくやね・りくやね)です。

ベランダや屋上の床面には「防水層」という水の浸入を防ぐための防水施工がなされていますが、傾斜がほとんど無い構造のため、どうしても雨水が溜まりやすく雨漏りリスクが高くなります。

しかし、「防水層の定期的なメンテナンス」でベランダや屋上の雨漏りリスクを抑えることが可能です。

先日、神戸市北区にお住いのお客様から、

「雨のたびにベランダが雨漏りして困っている…」

というご相談をいただき無料雨漏り調査に駆けつけました。

調査の結果、ベランダの防水層(雨漏り防止のための塗装)にかなりの劣化が見られ、防水リフォームの必要がありました。

そこで、軽量で建物への負担が少なく複雑な形状のベランダ床面にも対応可能、さらに、継ぎ目のない完全な防水層が形成できる「ウレタン防水工事(通気工法)」をご提案し、工事をおまかせいただくこととなりました。

今回は、兵庫県神戸市北区のご邸宅にておこなった「ベランダ防水工事(通気工法によるウレタン防水工事)」の様子をくわしくご紹介いたします!

雨漏りの心配のないお住まいへしっかりと丁寧に防水リフォーム工事をさせていただきます!

ベランダ防水工事 ビフォーアフター

まずは、兵庫県神戸市北区にておこなったベランダ防水工事のビフォーアフターをご覧ください。
before1
神戸市北区のベランダ防水工事 ビフォー
雨漏りの原因となったベランダの床面(防水層)です。

経年劣化が進んで色あせ・ひび割れが目立っています。


horizontal
after1
DSC_0004-after
ベランダ防水工事の完了後です。

しっかりとした均等な厚みで施工された防水層は、雨水の浸入を防止してくれます。

防水工事とは?

神戸市 防水工事の様子です
防水工事とは、コンクリート建造物の雨水に晒される部分に防水層を形成する施工を行うことです。

主に、陸屋根である屋上・ベランダ・バルコニーなどからの漏水を防ぐための工事のことをいいます。

防水層の傷みは雨漏りに繋がるため定期的な点検・メンテナンスが必要です。

 関連ページ 


ベランダ防水工事における2つの工法とは?

ベランダ防水工事には「密着工法」と「通気工法(絶縁工法)」の2つがあります。
ベランダ防水工事における密着工法とは、雨水の浸入を防ぐための防水層を下地に密着させて施工する工事方法をいいます。

 メリット 
・下地にそのまま防水層を形成できるため、工事期間が比較的短く済ませることが可能

「通気工法(絶縁工法)」と比べ安価で工事を済ませられる

 デメリット 
・下地に含まれている水分の影響を受けやすいため、ひび割れ・膨張が現れやすい

・定期的な点検・メンテナンスが必要


防水工事における通気工法(絶縁工法)とは、防水層を下地に密着させず空間(空気層)を設けて”浮かす”工法です。

空間を設けるために通気緩衝シートを下地に設置し、その上に防水層を形成します。

 メリット 
防水層が下地に密着していないため、下地に含まれている水分の影響をほとんど受けずに長持ちする

・維持管理費用を抑えることが可能

 デメリット 
・密着工法と比べて工事費用が若干上がる

床面に空気層を設けているため、たくさんの人が行き来したり重い荷物を置くような環境にはあまり向かない

複雑な形状のベランダに最適「ウレタン防水工事」とは?

ウレタン塗膜防水完成
ウレタン防水(ウレタンゴム塗膜防水)とは、ウレタン樹脂を塗布することで弾力のある防水膜を形成する防水工事のことです。

液状のウレタン樹脂を塗りつけていく施工方法のため、複雑な形状の床面でも継ぎ目のない完全な防水膜を形成することが可能です。

 関連ページ 

 関連ブログ 

ベランダのウレタン防水工事 施工手順

それでは、兵庫県神戸市北区にておこなった「ベランダの防水工事」の模様をくわしくご紹介いたします。

ベランダのウレタン防水工事 手順①「ケレン~既存防水層の除去~」

ケレン作業開始
ウレタン防水工事における最初の工程「ケレン」(下地調整作業)を行います。

カッターやヘラを使用し、雨漏りの原因となったベランダ床面の古い防水層を剥がし除去していくという作業です。

雨漏りが起こったベランダ床面の古い防水層はかなり劣化が進んでおり、あちこちに剥がれが起きて防水塗膜が浮いている状態でした。

既存の古い防水層をケレンにより除去してから、ウレタン防水塗料を流し込み新しい防水層を形成していきます。
ケレンとは、塗料を塗りなおしする際に既存の古い塗料を除去する作業のことです。

既存の劣化した塗料(剥がれかかったりキズがついている状態)や錆びを除去する下地調整のための作業で、防水工事におけるケレンは防水層の仕上がりと耐久性に影響を与える非常に重要な工程となります。

劣化した部分の防水層を除去せずに新しい防水層を形成した場合、古い防水層の劣化部から再度剥がれを起こして水が入り込むことがあります。

また、新しく塗った防水層が膨らんで浮いてしまったり剥がれやすくもなるため、防水工事では防水層の形成前にしっかりとケレン作業を行い、既存の防水層の劣化部を除去する必要があります。


ベランダのウレタン防水工事 手順➁「ケレン~清掃~」

ケレン作業開始
ケレンで発生したベランダ床面上のゴミ・汚れをハケで綺麗に掃除し除去していきます。

ケレン後の清掃を丁寧に行うことでこの後に設置する建材がしっかりと密着してくれます。


ベランダのウレタン防水工事 手順③「ケレン~下地補修~」

ケレン作業開始
ベランダ床面の下地にクラック(ひび割れ)が入っている部分はコーキング材で補修を行います。

このように、ケレンは非常に手間のかかる作業ですが仕上がりとその後の耐久性向上のための大変重要な工程となります。
神戸市 コーキング材とは?
コーキング材とは、防水性・気密性を向上させるために施工される建築材料です。

シーリング材ともよばれています。

一見簡単そうに見えるコーキング施工ですが、正しい方法で見た目も美しく仕上げるには豊富な経験と確かな技術力が必要です。

 関連ページ 


ベランダのウレタン防水工事 手順④「ケレン~完了~」

ケレン作業開始
ケレンが完了いたしました。

ベランダ床面に施工されていた防水層の除去と、下地にできたクラック補修をおこないました。

床表面の凹凸が無くなったことにより、後ほど設置する通気緩衝シート(下地と防水層の空間を設けるための建材)がしっかりと密着してくれます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑤「外壁のコーキング~清掃~」

クラック部・溝部コーキング処理
ベランダまわりのモルタル外壁のクラックをコーキング材で埋めて補修していきます。

まずは、クラックをしっかりと掃除しコーキング材を充填する準備をします。

コーキング補修を行うことで、クラック部位の塗膜の厚みが増して防水層の耐久性を高めることができます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑥「外壁のコーキング~充填~」

クラック部・溝部コーキング処理
ベランダ床面にできたクラックの割れ目にしっかりとコーキング材を塗りこむように充填していきます。

粘着性が高くしっかり隙間を密閉してくれるのがコーキング材の役目です。

防水工事前のクラック補修作業を怠った場合、いくら上から綺麗に防水塗料を塗っても雨漏りに発展しやすくなってしまいます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑦「下地のコーキング~充填~」

クラック部・溝部コーキング処理
ベランダ床面・平場(平らな面)に元々ある溝をコーキング材で埋めていきます。

溝を埋めて凹凸を無くすことで、このあと上から設置する通気緩衝シートとの密着性を高めていきます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑧「下地のコーキング~完了~」

クラック部・溝部コーキング処理
コーキング施工により、ベランダ床面の溝がきれいに埋まってフラットな状態となりました。

これで新しいベランダ防水層を形成するための下地準備が整いました。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑨「ウレタンプライマー~準備~」

プライマー塗布
ウレタン防水工事に使用するプライマーは「ウレタンプライマー」とよばれています。

「プライマー」はベランダ・屋上などの防水工事や建築現場などで使用される下塗り塗料で、主に接着性を高めることを目的としています。


プライマー塗布。
ウレタン防水工事専用のプライマーを容器から出しベランダ床面に塗布する準備をしていきます。

ウレタンプライマーは非常に密着性の高い建材です。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑩「ウレタンプライマー~塗布~」

プライマー塗布
ベランダ床面にウレタンプライマーを塗布していきます。

このようにプライマーを塗布することで、ベランダ床面(下地)の穴を塞いで密着性を高め、ウレタン防水施工後の「防水層の膨れ」を防ぐことができます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑪「通気緩衝シート~準備~」

DSC_0211-1
プライマー塗布後のベランダ床面に防水塗料を流し込んでいく前に、通気性能をもつ「通気緩衝シート」を準備していきます。

通気緩衝シートを設置することにより、上部からの雨水をシャットアウトし、さらに、「防水層の膨れ」の原因となるベランダ床面からの湿気を逃がすことができます。

通気緩衝シートには、下地(ベランダ床面)と強力に接着させるための特殊な「アスファルト系粘着層」が施してあります。

通気緩衝シートの粘着性のない部分が「通気層(ベランダ床面と防水層の空間)」となり、そこから溜まった湿気を逃すことでベランダ防水層の膨れを防止するという仕組みです。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑫「通気緩衝シート~設置~」

通気緩衝シートを敷いていきます。
シワや空気が張り込まないように慎重に通気緩衝シートをベランダ床面に設置します。

その際、通気緩衝シート同士を重ね合わせることによりシートを一体化させて防水機能を高めていきます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑬「通気緩衝シート~ジョイントテープ貼付~」

防水テープを施工
通気緩衝シートの重なり部分にはジョイントテープを貼りつけていきます。

重なり部分は水が浸入しやすい箇所のため、継ぎ目のないよう慎重に丁寧にジョイントテープを貼付していきます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑭「通気緩衝シート~メッシュ留め~」

防水テープを施工
ベランダ防水層の端となる部位にウレタン防水塗料の密着をよくするための「補強メッシュシート」を施工します。

補強メッシュシートは「衝撃による防水層のひび割れ防止」「防水層の厚みの確保」のために必要な建築材料です。


防水テープを施工
ベランダ床面の「立ち上がり(ベランダ床面に対して垂直になっている部位)」にも補強メッシュシートを貼っていきます。

このように、しっかりとメッシュ留めすることで地震や衝撃に対しての耐久性を高めることができます。


ベランダのウレタン防水工事 手順⑮「通気緩衝シート~完了~」

通気緩衝シート施工完了
通気緩衝シートの設置が完了いたしました。

浸水リスクの高い通気緩衝シート同士のつなぎ目もしっかりと丁寧に雨仕舞(あまじまい)させていただきました。

次回は、いよいよベランダ床面に「ウレタン防水塗料」を流し込みウレタン防水層を形成していく工事工程に入ります!

 関連ページ 
「雨漏りをさせないために雨水を積極的に誘導し排水させる雨仕舞(あまじまい)」はこちら

 関連ブログ 

兵庫県神戸市北区でベランダ防水工事なら街の屋根やさん神戸店

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
神戸市北区でベランダ・屋上の防水工事をご検討中でしたら、私ども「街の屋根やさん神戸店」におまかせください。

ベランダ・屋上などの陸屋根はほとんど傾斜が無く、通常の強傾斜の屋根とは違って「水が溜まりやすい」つくりになっています。

そのため、どうしても雨漏りリスクが高くなります。

雨漏りトラブルを避けるためには「防水層の定期的なメンテナンス」が必要不可欠です。

「うちのベランダは大丈夫かな‥?」

「屋上の床面が色あせてひび割れてるけどメンテナンスした方がいいの?」

などという場合、ご遠慮なく私どもの「無料調査」をご利用ください。

いつでも無料で相談・調査・ご提案・お見積りまでさせていただいております。

もちろん、お見積りまででも構いません。

施工・修理を依頼するか否かはお客様自身でご判断いただいております。

私どもは「不要な工事」「強引な勧誘」などは一切おこないません。

どうか安心してご遠慮なく無料調査をご利用いただけたらと思います!

分からないことやご不安なことがございましたら、私ども「街の屋根やさん神戸店スタッフ」に何でもご相談下さいね。

お客様にご納得いただけるまで、しっかりと丁寧にお答えさせていただきます!
 関連ページ 



工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

森川様着工前アンケート
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
予算、業者をどこにするか。
屋根工事会社をどのように探しましたか?
インターネット
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
松本さんの対応がよかったから。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
好感が持て親身になった相談に乗ってくれる

お客様の声完工後

森川様竣工後アンケート
Qご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
A決めた業者がいないので信頼できるかどうか
Q街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
A対応の素早さ
Q初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
Aすぐに工事を依頼した
Q数ある会社の中から街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A丁寧な説明
Q工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A工事終了後でも相談できる関係や、定期的な点検があることで安心感が持てた

この工事の現場ブログ

屋根塗料ファインシリコンベスト

2018/04/10/ 神戸市北区 屋根塗装の様子。屋根の上塗り2回目の様子。

神戸市北区 屋根塗装の様子。屋根の上塗り2回目の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさんの松本和也です。本日は神戸市北区でのお住まいの改修工事の様子をお届けいたします。屋根の塗装は、高圧洗浄から始まり屋根板金のケ...........

手摺笠木の交換

2018/03/28/ 神戸市北区 ベランダ腰壁の笠木の交換工事、下地の傷みを補修いたします。

神戸市北区 ベランダ腰壁の笠木の交換工事の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。雨が降ると、翌日までベランダ下の軒天部分から水がぽたぽたと落ちてきていた状態とのこと、調査の結果、この笠木部分からの雨水の浸入している可能性がとても高かっ...........

笠木新設

2018/03/30/ 神戸市北区 ベランダの笠木を新しく交換いたします。

神戸市北区 ベランダの笠木を新しく交換いたします。こんばんは。街の屋根やさん松本です。本日ご紹介いたします現場ブログは水の回ってしまっているベランダの笠木板金の交換の様子です。下地の腐食も見られたため下地を入れて、本日は笠木の取付を行います...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換します!

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

街の屋根やさん神戸店の雨漏り調査

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。ある日突然、室内の天井から水がボタボタと落ちてきたら‥想像しただけでパニックになってしまうのではないでしょうか。「リビングの天井が下がってきている。雨のたびに雨漏りするようになってしまった。繰り返す雨漏...........

東灘区雨漏り調査 雨漏り箇所

神戸市東灘区 雨漏り調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!3階建ての鉄骨造のお住まいでした。築25年ほどのお住まいで現在はお客様は住んでおらず、先々、賃貸物件で活用していこうとお考えの物件でした。かなり以前から雨漏りが...........

神戸市北区テラスからの雨漏り

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。雨漏りというと、「天井からポタポタと水が落ちてくる」というイメージが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、雨漏りの症状は実にさまざまです。先日、兵庫県神戸市北区にご在住の方からお問い合わせをい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735