長田区のお住まいでの雨漏り調査の様子をお伝えいたします。


雨漏り箇所
長田区のお住まいでの雨漏り調査の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。
雨漏り個所の様子です。

先日の大雨の際に天井が濡れていることに気付いたお客様から、
お問い合わせ頂きました。

雨漏り個所の内壁からの距離を測り、
屋根へ上ります。
釉薬瓦葺きの寄棟屋根
屋根の様子です。
屋根形状は寄棟、
伝統的な日本瓦で葺かれた屋根でした。
こちらの釉薬瓦は耐用年数で大体50年前後です。
築30年の屋根瓦の状態は、
まだまだお住まいの屋根を守ってくれる
ポテンシャルがありました。
雨漏り個所直上の様子
雨漏り個所直上の様子です。
棟の真下で雨漏りが起こっていました。

こちらの本棟の鬼瓦廻りが距離的には
雨漏り個所の真上になります。
漆喰と瓦の取り合いなどがコーキングによりふさがれています。
以前屋根の修理業者にて、棟瓦のズレ止めを施工してもらったようです。
瓦間をつないでいる鼠色のポンドのようなもので瓦同士を接着しております。
これはコーキング材です。
震災が起こった時に、爆発的に普及した工法で、
ラバーロック工法と呼ばれています。

瓦同士をつなぐことで、すれにくくする工法ですが、
接着する場所を間違えると、
水の逃げ道がふさがり、
棟の中に水が回ってしまう原因になる工法でもあります。
棟瓦の隙間もすべてコーキング材で塞いであります。
鬼瓦の正面の写真です。
この鬼廻りだけすべての瓦の隙間がふさがれています。
しかし鬼廻りの漆喰部分は
コーキングが打たれていないため、
そこから棟の中に入り込んだ雨水が出てくる部分に
すべてラバーロックが施されています。
そうすると棟の土台の土に水が回り、
棟下へと水が落ちる原因になります。
棟と地瓦の隙間の漆喰の様子
また棟と平場の地瓦との間には漆喰が塗り付けてあります。
これは棟の土台の土を雨から守るためのものですが、
漆喰が剥がれているのがお分かりいただけると思います。
熨斗瓦の隙間から入り込んだ雨水により、中の土が濡れ、漆喰が剥離しています。
この現象も明確な原因があります。
もともと漆喰の上に新しい漆喰を塗り付け、
増し塗のメンテナンスを以前にしています。
漆喰が2層になっているのが分かると思います。
漆喰を上から塗ることによって、
漆喰は本来の場所よりも
表に出てきてしまいます。
そうすると棟瓦の継ぎ目から
中に入り込もうとした雨が、
漆喰の上に当たり、
中の土迄呼び込む状態になってしまします。
棟の葺き土にくっついている漆喰は、
土が濡れると剥がれ落ちてきます。
水から守る『漆喰』が水を呼び込む『漆喰』に
変わってしまうのです。
これではメンテナンスの意味がありません。
棟瓦のズレ
棟の土が濡れると棟の形も崩れてきます。
そうなると棟瓦の中の土を直すために、
棟を一度解体して、
土を新しく盛り、瓦を復旧する棟の取り直し工事が必要となってきます。
安易な工法が、屋根の寿命を縮めることになってしまうのです。

棟瓦の様子から、棟の全面改修の棟を耐久性の高い防災棟に変える提案をさせて頂きました。

この工事の現場ブログ

雨漏り箇所

2019/04/23/ 長田区のお住まいでの雨漏り調査の様子をお伝えいたします。

長田区のお住まいでの雨漏り調査の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。雨漏り個所の様子です。先日の大雨の際に天井が濡れていることに気付いたお客様から、お問い合わせ頂きました。雨漏り個所の内壁からの距離を測り、屋根へ上ります。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

2019/06/21/ 神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........

神戸市長田区 ベランダ防水工事 ウレタン防水通気緩衝工法 完成

2019/08/28/ 神戸市長田区 ベランダ防水工事を仕上げていきます。

神戸市長田区 ベランダ防水工事の仕上げの工程をご紹介します。本日は先日竣工いたしました工事の、ベランダ防水工事の通気緩衝工法のウレタン塗布から仕上げまでの工程のご紹介です。写真は防水仕上がりの様子です。塗膜防水の中でも、既存の下地から上がっ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735