神戸市長田区 いぶし瓦を使った屋根、下地土の崩れにより瓦のズレ


下屋根 壁際熨斗瓦のズレ落ち
神戸市長田区 いぶし瓦を使った屋根、下地土の崩れにより瓦のズレを確認いたしました。

こんにちは。街の屋根やさん、
神戸店の松本 和也です。
本日の現場ブログは先日調査に急行いたしました。
お客様のお住まいでの調査の様子です。

お問い合わせの内容としては、
お問い合わせ頂いたお客様のお隣の方から、
屋根の下地土や瓦が落ちてきている、
とお客様が教えていただいて、
弊社をホームページで探し、
ご相談いただいた次第です。

築70年ほどの日本家屋なのですが、とても頑張ってくれているお住まいでした。
現状、屋根はいぶし瓦という味のある瓦で葺かれている状態でした。
いぶし瓦屋根調査
現場に到着後、お客様にご了承を得て、
屋根に上らせていただきました。

下屋根の様子です。
このいぶし瓦は土葺きで、
瓦の下に、土台となる粘土を置き、
その粘土で瓦の高さを合わせ、
瓦の隙間を埋めている工法で、

古来からある、日本独自の工法です。
壁際の熨斗瓦の調査、漆喰の詰めすぎ

この土葺きの工法、
昔の瓦屋根のほとんどが、この工法で施工されています。

こちらは外壁と屋根との合流部です。
こういった合流部を我々専門家は、
『取り合い』
と呼びます。
お住まいの外装ではこういった取り合い部は
特別な仕舞いを行います。

瓦屋根の場合は、熨斗瓦という四角い瓦を使い、
壁内部へ雨が入り込まないよう処理が施されています。
壁際熨斗瓦のズレ落ち
瓦は簡単に言うと屋根から水が入らないための防水材です。

壁と屋根の境目は壁と瓦の隙間が生まれます。
その隙間の上に四角い瓦を積み、
上から隙間に入り込もうとする雨を受け止め、
瓦の上に流す道を作ってくれます。

こののし瓦の下にも土が入っており、
土が経年劣化で崩れてくると、
瓦の固定力が弱まり、
このようにずれて落ちてしまう事があります。
瓦のズレが生じ、より雨が入りやすくなっています。
そうすると、家の外に流してくれる役割をしてくれるものがなくなった状態です。
サッカーでいうと、
ゴールキーパーのいないゴールのようなものです。

雨がかかれば、瓦の下に回り込んでしまう状態です。

下屋根の一番傾斜が高い場所に水の侵入口があるため、
そこから入った水は、
瓦の下に入り瓦の下の土を濡らして土を崩し、

土台が崩れた瓦はズレが生じてくるのです。

瓦の隙間が増え、下地の土が濡れやすくなっています。
瓦がひとたびズレ始めると、
ズレた瓦同士で、隙間が大きくなります。

そうするとその隙間から雨が入り込みやすくなり、
また土が濡れて土台が崩れる。
そうなるとより隙間が空く、
そうするとまた...と、雨が入り込むリスクがどんどん高くなって、
最終的に雨漏りを引き起こします。

横から見た瓦のラインが湾曲している状態です。
これだけ、
瓦の位置がそろっていない状態です。

しかし、瓦は懸命に雨を排出しようと頑張ってくれていますが、
本来の能力が発揮できない状態です。


外壁、焼き板の捲れ
外壁の焼き板も欠片が落ちてきていたようです。
こちらは日本家屋に多い、
焼き板という、
杉の板を、防蝕性を高めるため、
表面を焼いて炭状にして壁に貼り付けてある外壁です。
長年雨水から守ってくれていた為、
少し触れるだけで、穴が開いてしまうほどの状態でした。
とても頑張ってくれていたんだな
というのが正直な感想です。


現状の状態をお客様にお話しさせていただき、
部分的に傷みが激しい下屋根と、外壁を新しく収め直し、
お住まいを守っていく決断をしていただきました。

この思い出の詰まったお住まいをしっかりと守らせていただきます。

この工事の現場ブログ

下屋根 壁際熨斗瓦のズレ落ち

2018/02/26/ 神戸市長田区 いぶし瓦を使った屋根、下地土の崩れにより瓦のズレ

神戸市長田区 いぶし瓦を使った屋根、下地土の崩れにより瓦のズレを確認いたしました。こんにちは。街の屋根やさん、神戸店の松本 和也です。本日の現場ブログは先日調査に急行いたしました。お客様のお住まいでの調査の様子です。お問い合わせの内容として...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

DSC_0039
IMG_0178-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円
施工事例

神戸市兵庫区 屋根部分葺き替えの施工事例

IMG_2981
コロニアルへの葺き替え完成
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクァッド ケイミュー
築年数
建坪
約30坪
保証
工事費用
約40万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市須磨区雨漏り箇所

神戸市須磨区 雨漏り箇所を特定に伺いました。現場は阪神高速の乗り口からほど近い、お住まいでした。去年の台風の時に大量に雨漏りが起こり、天井に染みが出来てしまったとのこと、大変驚かれたことと思います。そこから気を付けて天井を見ていたとのことで...........

かわらU葺きの屋根

神戸市西区 かわらU葺きの屋根、どうやら雨漏りしているとお問い合わせ頂き調査に伺いました。屋根はこれまで一度全面改修を行っており、大体20年ぐらい経過しているとお聞きしました。このセキスイかわらUという材料は、軽量屋根材の先駆けともいえる材...........

軒天雨漏り 雨漏り調査

神戸市垂水区 板金屋根からの雨漏り雨漏りを止めるために調査を行います。こんばんは。街の屋根やさん神戸店松本和也です。本日は先日雨漏り調査に伺った際の調査の様子をお伝えいたします。雨漏りは以前から発生していたとのことですが、そのたびにお父様が...........