神戸市長田区 屋根の棟包み板金をガルバリウム鋼板を使い納め直します。


棟撤去完了
神戸市長田区 屋根の棟包み板金をガルバリウム鋼板を使い納め直す様子を、
本日の現場ブログではご紹介いたします。
現在、既存の棟板金の撤去が終わり、新しく棟板金を収めていく工程に入っていきます。

屋根材はカラーベストという種類の薄型セメントの化粧スレートで葺かれており、
カラーベスト屋根の場合、
ほとんどすべてといっていいほど、
屋根の頂点は同じような板金製の棟が取り付けてあります。

屋根の頂点を雨水から、守ってくれる重要な部分なので、
捲れなどが無いか、
定期的に点検が必要となります。
新しい棟板金
新しい棟板金はガルバリウム鋼板製の棟包み板金です。
colorはモスグリーンでご用意しておりますので、
既存の棟の色と似ている物での復旧です。

また、棟を留めつける下地の貫板という木も入れ替えます。
貫板施工
屋根の上に手上げで搬入し、

貫板を施工していきます。

新しい貫板は綺麗ですね。

これが棟の板金を固定し、
風から強く棟板金の飛散を守ってくれます。
貫板施工 ビス復旧

貫板の固定方法は、
ビスで行います。

貫板の上から屋根面にビスで留めつけます。
屋根材を貫通して留めつけ、
屋根材の下の防水シートの下の
野地板に固定していきます。

ビス間隔は600ピッチ(60cm)ほどで
留めつけていきます。

隅棟の剣先取付、ジョイント部コーキング捨て打ち
貫板の固定が終われば棟板金の施工に入ります。

棟にも種類があり、
こちらのお住まいでは
本棟、隅棟
という種類の棟があります。

本棟は地面と平行の流れの部分に施工されている棟で、

隅棟とは、寄棟という形状の3股に立っている部分、
要は傾斜が付いている屋根材の頂点部分を収めている棟です。

この隅棟の先は剣先という、
既成の加工されているものを今回は使わせていtだきました。

棟板金は横から、貫板の横に釘で固定していきます。

板金はどうしても一枚ものですべてを収めることが出来ませんので、
継いでいかなくてはいけません。
そのジョイント部には、
シリコンコーキングを打ち、
板金を重ねていきます。
棟板金を横から貫板に取り付け
シリコンコーキングを板金のジョイント部で挟んでやることを、
コーキングの捨て打ちといい、
板金のジョイント部の隙間からの水の回り込みを防ぐ役割があります。

捨て打ち、はすべての棟板金のジョイント部分で行います。

板金現場加工
一部現場での加工を行いながら納めていく工程です。

板金ばさみというはさみで、
板金をカットして継いでいきます。

現場での加工は技術が必要ですが
サクサクと作業は進んでいきます。

さすが職人さんです。
隅棟部完成
隅棟部分が完成いたしました。

以上の工程を繰り返し、屋根を収めていきます。

新しい板金はとてもきれいな状態です。
屋根をこれからも守り続けていってくれることでしょう。

この工事の現場ブログ

既存棟板金のサビ

2018/02/17/ 神戸市長田区 棟板金交換工事 屋根の頂点を収め直します。

神戸市長田区 棟板金交換工事 屋根の頂点を収め直した様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状このように錆びて朽ちかけている棟板金の状態を懸念されたお客様からお問い合わせ頂き、実際に棟の板金を交換する工程のご紹介です。屋根の頂点の屋根...........

屋根塗装前の高圧洗浄

2018/01/26/ 神戸市長田区 屋根塗装現場、屋根材の古い塗膜や苔を高圧洗浄で洗い流します。

神戸市長田区 屋根塗装現場、屋根材の古い塗膜や苔を高圧洗浄で洗い流す工程を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状屋根材の防水塗膜は劣化によりはがれ、湿気をためやすくなった屋根材に苔が生えている状態です。屋根材の防水性を復活させる屋根塗装...........

棟巴現場成型

2018/02/19/ 神戸市長田区 棟板金交換工事完成 割れていたスレート等をコーキング補修

神戸市長田区 棟板金交換工事完成 割れていたスレート等をコーキング補修した様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。棟板金はガルバリウム鋼板製のものを使い新たに屋根の頂点を収め直し、スレート屋根の割れなどを補修いたしました。棟板金は隅棟の...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 棟板金の飛散の現状

神戸市中央区 飛散した棟板金の修理を行いました。現状、板金材が飛んでしまってからかなりの歳月がたっている状態です。下地の貫板が変色して傷んでいる状態がお分かりいただけると思います。

以前ほかの業者が来た際に養生を行ったようです。

神戸市北区 屋根頂点を守る板金材の交換工事の様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします!着工までおそよ半年の時間が掛かりましたが、やっと工事に取り掛かれます。大変お待たせいたしました。こちらのお住まいは去年の台風時に、板金が飛んでしまい、...........

屋根の板金が飛散

神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました様子を現場ブログでご紹介しようと思います。現場は神戸市西区、とても閑静な住宅街を台風の猛威が襲いました。ご覧いただいているお写真が、被害の状況です。屋根頂点の部材が一部外れている...........