オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市北区 雨漏り点検!プロが無料で雨漏り原因を突きとめます!


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

先日、神戸市北区にお住いのお客様から、

「雨が降るたびにテラスの波板屋根から雨漏りして困っている。」

というご相談をいただきました。

早速、屋根修理のプロ街の屋根屋さん神戸店スタッフがお客様がお住いの神戸市北区へ急行し、修理前に雨漏り点検を行いました!

雨漏りの原因は一体何なのでしょうか?

雨漏り(あまもり)とは?

雨漏り(あまもり)とは雨水が屋根や天井などから室内へ入り込んでくるトラブルのことをいいます。

雨水が建築物の内部へ意図しない場所から浸入することです。


雨漏りの症状

雨漏りというと「天井からポタポタと雨水が落ちてバケツで応急処置」というイメージが一番に湧くのではないでしょうか。

しかし、雨漏りと一言でいっても症状はさまざまです。

ここでは、よくある雨漏りの症状を4つご紹介いたします。

以下のような雨漏り症状がみられる場合は放置せず、なるべく早めにメンテナンスを行うことで被害を最小限に抑えることができます。


雨漏り症状①「天井や壁にシミができる」

雨漏り原因①天井や壁にシミができる
雨漏りの代表的な症状として天井や壁のシミがあります。

「シミが発生=水分を含んで高湿となっている」という状態です。

特に、屋根の真下の天井にシミが発生している場合は雨漏りの可能性が高くなります。

雨漏りによるシミは水分がじわっと広がっているような見た目です。

天井・壁のシミには雨漏り以外にもいくつかの原因があります。

例えば、屋根裏に入り込んだ動物(ネズミ・コウモリなど)の糞尿・屋根裏の結露・排水管や給水管の水漏れなどです。

薄く目立たないシミではありますが、放置し続けると「カビによるアレルギーやシックハウス症候群」「シロアリの発生」などの健康被害を引き起こすことがあります。

お客様ご自身でシミの原因を見極めることは非常に困難です。
そのような時には、屋根修理のプロによる点検のご利用をおすすめいたします。


雨漏り症状➁「床が水浸しになる」

雨漏り症状➁床が水浸しになる
天井から水が漏れていないのに床が濡れている…このような場合は原因を究明するのが非常に困難です。

なぜなら、一見すると何処から水が浸入しているのか不明なためです。

主な原因としては、外壁からの雨漏りです。
台風時の時のような横なぐりの雨の際に発生しやすくなります。

他にも、ベランダの排水溝が落ち葉やゴミで詰まり、窓の下部から室内へと雨水が浸入してくるというケースもあります。


雨漏り症状③「サッシの下から水が漏れてくる」

雨漏り症状③サッシの下から水が漏れてくる
サッシ(窓枠)に水が溜まって漏れてくるというのもよくある雨漏り症状です。

サッシからの雨漏りでよくある原因が、サッシまわりのコーキング材(サッシと外壁の取り合い部分に施工される防水性向上のための建材)の劣化です。

劣化したコーキング材は痩せて、ひび割れの症状が出てきます。
そのわずかな隙間から雨水が室内へと浸入してくるのです。

一見分からないような微細な隙間からでも雨水は浸入してきます。


雨漏り症状④「水がポタポタと落ちる音がする」

雨漏りしている屋根裏の様子
「雨が降ると天井から水がポタポタ落ちるような音が聞こえる‥」

もし、このような症状が現れている場合、雨漏りかもしれません。

天井や壁にシミが出ていなくても屋根裏が雨漏りしているとポタポタ音が聞こえてくることがあります。

天井からポタポタ音が聞こえてくる原因としては雨漏り以外にも「水道管からの漏水」「結露」などの可能性もあります。

いずれにしても、水分を多く含む高湿状態が続くと建物内部を傷めてしまうことにつながります。


雨漏り点検スタート

お客様宅がある神戸市北区へ到着いたしました。

まずは、雨漏りして困っている…というご自宅のテラスから点検させていただきます。


雨が降るたびに雨漏りする波板屋根

IMG_9390-columns1
お客様のお住まいは、家屋裏手にテラスの波板屋根が設置されていました。

テラスの壁にも波板を張り、居室のように改装されていてとても凝った作りとなっていました。

上写真は、波板で作られたテラス内の様子です。
波板自体は今年の3月に張替えを行っているとのことでした。

波板は張り替えたばかりにも関わらず、雨水が入ってきて雨漏りしてしまう…と大変お困りでした。

微細な隙間をお客様ご自身で全てコーキング材でふさいでいましたが、それでもなお、雨漏りしてしまう…ということです。

しかし、ひと目見た瞬間に雨漏りの原因が分かりました。


神戸市 コーキング材とは?
・コーキング材とは?…防水性・気密性を向上させるために施工される建築材料のことです。

シーリング材ともよばれています。

簡単そうに見えるコーキング施工ですが、豊富な経験と高い技術力が必要となります。

コーキング材を施工してからの耐用年数(寿命)は、一般的には7~8年程度といわれています。

コーキング材には、「シリコン系」(シリコン樹脂が原料)・「変性シリコン系」(ウレタン樹脂が原料)とがあり、用途によって使い分けられます。

 関連ページ 


テラス屋根の雨樋(あまどい)を点検します

神戸市 雨漏りするテラスの波板屋根
波板のテラス屋根には、軒先(屋根の先端部分)に排水の役割を果たす骨組みである雨樋(あまどい)が設置されています。

点検の結果、テラスの屋根材として使用されてる波板の欠陥・施工ミスではありませんでした。

原因は、テラス屋根の雨樋にありました。

テラス屋根の雨樋に汚れが詰まってしまっており、雨樋に溜まった雨水がオーバーフロー(液体が溢れ出すこと)して内側に落ちることにより、雨漏りしている状態でした。


雨樋とは?
・雨樋(あまどい)とは?…雨樋とは、屋根表面に溜まった雨水を集めて地上または下水へ導くための設備です。

「雨とい(あまとい)」「とゆ」「とよ」ともよばれます。

地味な存在ですが、雨樋は"雨水から外壁や土台を守る"という重要な役割を担っています。

近頃、多く見られるようになった「軒なし」の建物には雨樋がついていないことがほとんどです。

そのため、外壁と屋根のつなぎ目から雨漏りが起きやすい状態となります。


汚れが溜まり詰まった状態の雨樋

神戸市 雨漏りの原因は詰まった雨樋
ただ一つ、私として残念なのは新しくテラスの屋根材(波板)を張替える工事の際に、雨樋の清掃も一緒にやっておいて欲しかったということです。

上写真ではわかりにくいですが、雨樋の中に水が溜まってプール状(水槽のようになる)となってしまっています。

そして、上写真の水色の丸で囲んだ黒っぽい部位は、雨樋の一部である竪樋(たてどい)へと繋がる穴です。
汚れやゴミが詰まって雨水を排水できない状態となっています。

竪樋が詰まると雨水を下部(下水または地上)へ排水できず溢れ出します。
その結果、溢れた雨水は屋根周辺へこぼれだして雨漏りトラブルとなります。


雨樋の詰まりを除去します

IMG_9372-columns1
テラスの波板屋根の雨漏り原因となっていた、雨樋の水の落ち口(竪樋へと繋がる穴)に詰まった汚れを針金で突いて開通させました。

すると、すぐに勢いよく雨水が流れ出しました。

ほんの些細なことですが、テラスの波板屋根を交換する工事の際にこの雨樋を清掃しておけば、お客様も雨漏りで頭を悩ますことはなかったと思います。

 関連ページ 




テラス屋根の雨樋が開通しました

IMG_9373-columns1
雨樋が開通しました!

これでテラス内部に雨水が浸入し、雨漏りすることはほとんどないと思います。
お客様は大変お喜びになられました。

しかし、もう一つテラスの波板屋根が雨漏りする原因がありました…。


母屋の屋根を点検します

IMG_9362-columns1
もう一つの雨漏り原因とは一体なんでしょうか?

上写真はお客様ご邸宅・母屋の屋根です。
今年の3月にこちらの屋根もカバー工事(屋根リフォーム)を行っているとのことでした。

「スーパーガルテクト」という、とても性能の良い板金の屋根材を葺(ふ)かれています。

とても綺麗に葺けていますが、実は一つ問題がありました。

 関連ページ 


母屋の雨樋が雨水を受け止めきれていない

神戸市 雨漏りの原因は雨樋の位置にあり
上写真は、母屋の屋根の軒先(屋根の先端部分)です。

黒っぽいのが屋根先で、その下に設置してある白っぽいのが雨樋です。

雨樋は屋根から落ちてくる雨水を集めて地上(または下水)へ排水させる役割があります。

しかし、こちらの屋根の軒先は雨樋を超えてしまっています。

これでは、屋根から落ちてきた雨水は雨樋を飛び越えて下へ落ちてしまいます。

屋根面すべてこのような施工となっておりとても残念です。

最低限、既存の雨樋に合わせて施工するのですが、出来なかったのでしょう。

そのままで屋根カバー工事が終わってしまっていました。

雨樋を通り越した大量の雨水は、先ほどのテラスの波板屋根に直接落ちていました。

当然、テラスに設置されている雨樋の排水能力だけでは、またオーバーフローが起こり雨漏りしてしまいます。


雨漏り点検完了!

雨漏り点検が終了いたしました。

お客様に、点検時に撮影したお写真をご覧いただきながら点検結果をご説明差し上げます。

・テラスの波板屋根の雨樋がゴミや汚れで詰まり、水が漏れている状態でした。
雨樋の詰まりはその場で除去いたしました。

・根本的な雨漏り原因は母屋の雨樋にありました。
屋根の軒先(屋根の先端)が雨樋を超えてしまっており、雨水がほぼそのままテラス屋根へと降り注いでしまっている状態でした。

雨漏り修理として、母屋の屋根に設置された雨樋の交換工事をご提案させていただきました。

 関連ページ 




雨漏りを放置するとどうなるの?

「雨漏りで壁にシミができてしまった…でも、特に困っていないしとりあえずこのままで大丈夫かな…?」

この様にお考えの方も多いのではないでしょうか?

しかし、雨漏りを放置し続けると見た目以外にも以下のような二次被害を引き起こします。

二次被害を引き起こさないためにも、雨漏りトラブルは早目にプロに点検してもらい修理することが望まれます。

 関連ページ 




雨漏り放置によるトラブル①「建材の強度低下を招く」

雨漏りトラブルをそのまま放置した場合、水分を含んだ建築内部の木材(または鉄骨)は腐食が進みます。
このことにより、建材の強度低下を招く恐れがあります。


雨漏り放置によるトラブル②「シロアリ」

雨漏りした状態が続き湿度が増すと、シロアリが発生する可能性が高まります。
シロアリは腐食した木材を食べてしまうため建材を脆くします。


雨漏り放置によるトラブル③「健康被害」

雨漏りを放置して室内の高湿状態(湿度が高い状態)が続くと、カビやダニが増殖して健康被害(アレルギーや喘息など)を引き起こすことがあります。


雨漏り点検から修理・アフターサービスまでのステップ

537cbc826efb29ee778259ecdd1750b8-columns1
「雨漏り修理を依頼したいけど…初めて依頼する業者は不安…」

そんなお客様のために雨漏り点検から修理、さらにアフターサービスまでの過程をご紹介致します。

 関連ページ 


1.お問い合わせ

「雨が降る度に天井から水が落ちてくる」「壁紙に雨シミが現れている」

このようなお悩みをお持ちの方は、まずはお気軽にお問い合わせメールフォーム、またはお電話にてご相談ください。

無料雨漏り点検(現地調査)のご依頼を承ります。

その他、お住まいの屋根や外壁についてのお悩みをお持ちでしたら何でもお聞きくださいね。


2.雨漏り無料点検(現地調査)

雨漏りの状況、その他お住いに関するお悩みを徹底的にヒアリングさせていただきます。

この際に、お住いのお困りごとがございましたらご遠慮なくとことんおっしゃってください!

トラブルの原因を屋根修理のプロがしっかりと見極めていきます。

調査では写真・動画を撮らせていただき、現状について後ほどお客様にお伝えさせて頂きます。


3.雨漏り点検の結果と修理プランのご提案

雨漏り点検で撮影させていただいたお写真をもとに、調査報告書を作成し、お住いの現状のご報告を写真や動画で分かり易く丁寧にお伝えさせていただきます。

ご不明な点がございましたら、何でもお気軽にお聞きください。
何度でも丁寧にご説明させていただきます。

雨漏り点検の結果をもとに、適切な修理プランをご提案させていただきます。

ご提示するお見積り書は、数量・単価・小計額などを詳しく記載し複写式となります。

口頭のみでのお見積りは一切行いません。

お客様のご事情やご要望に応じて、数パターンのお見積書を作成することも可能です。


4.修理のご判断

修理プラン・お見積書がお客様のご希望に合っているか、お客様ご自身でご判断ください。

私どもに修理工事をご依頼頂く場合、ご契約書を作成いたします。
また、工事開始日をお客様との話し合いにより最大限調整させていただきます。

ここまで(雨漏り点検・お見積り書作成)までは無料です。

もし、ご依頼いただけなかった場合もここまでは一切費用はかかりません。どうかご安心ください!


5.ご契約

ご契約書には修理工事の内容・金額・工期・品質などの他、クーリングオフに関するすべての説明が詳しく記載しておりますので安心です。

曖昧な契約・口約束などは一切行っておりません。

ご契約時には、契約内容を丁寧にご説明します。
お客様が内容をしっかりとご理解されましたら押印をいただきます。


6.修理工事スタート~完了

修理工事開始日には必ずご挨拶にお伺いし、修理内容の詳細を再度ご説明させていただきます。

お客様がご不在の場合はご都合のいいお時間にご連絡させていただきます。


7.お引き渡し前の点検

修理工事完了後、お客様へお引渡しの前には必ず弊社の自社検査を行います。
修理・工事の不良箇所が無いかしっかりとチェックいたします。

自社検査完了後、お客様の目で施工部位をご確認いただきます。

お客様から見えにくい箇所は、お写真をご覧いただきながらしっかりとご説明差し上げます。


8.雨漏り修理完了のご報告

修理工事完了報告書に押印をいただき、保証書をお渡しいたします。

修理・工事内容に応じてアフターサービスの開始となります。


9.雨漏り修理後アフターサービス

修理工事完了後、1ヶ月を目安にお客様をご訪問します。
そして、施工箇所の状況チェック・調査を行います。

検査結果に基づくお住いのアドバイスもさせていただきます。

 関連ページ 




神戸市北区で雨漏り点検・修理なら街の屋根やさん神戸店

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
屋根は非常に高所です。

ご自身では見えない・見ることが難しい場所になります。

「雨漏りの原因はなんだろう…?自分で調べて修理できるかな?」

このようにお考えの方も多いのではないでしょうか?

たしかに、ご自身で修理してしまった方が材料費だけで済みますし、なにより安上がりです。

しかし、どうか屋根だけはご自身での修理はおやめいただきたいのです。

当然ですが、屋根は高所作業となります。大変危険です。

また、間違った修理により雨漏りが余計ひどくなってしまうということもあります。

屋根の雨漏り修理は水の流れを読んだ上で行う必要があります。
ただ単に「隙間を埋めれば雨漏りは止まる」というものではありません。

街の屋根やさん神戸店では、いつでも無料で雨漏り調査・お見積りまでさせていただいております。

もちろん、お見積りまででも構いません。

どうかご遠慮なく無料調査・無料お見積りをご利用ください。

そして、分からないことやご不安なことがございましたら、私ども「街の屋根やさん神戸店」に何でもご相談下さいね。

お客様がご納得いただけるまで、しっかりと丁寧にお答えさせていただきます!

 関連ページ 



この工事の現場ブログ

雨漏り原因①天井や壁にシミができる

2017/10/19/ 神戸市北区 雨漏り点検!プロが無料で雨漏り原因を突きとめます!

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市北区にお住いのお客様から、「雨が降るたびにテラスの波板屋根から雨漏りして困っている。」というご相談をいただきました。早速、屋根修理のプロ街の屋根屋さん神戸店スタッフがお客様がお住いの神戸市北...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換します!

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事 着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

※2020年8月4日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市中央区で屋根工事をおこないました。工事の内容は、「棟板金(むねばんきん)の交換」工事です。屋根頂上を守る棟板金が、台風による強風で飛散してしまっていました。今回、屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735