伊丹市 棟からの雨漏り、棟を新しく防災仕様で積み替えます。


IMG_5073-1-simple



こんばんは!
街の屋根やさんの松本です!


本日の現場ブログは、
伊丹市 棟からの雨漏りをしているお客様のお家で、
既存の棟をすべて解体し、
新しく『防災棟』という工法で積み替える工事をご紹介いたします。
(強力棟とも言います。)

既存の棟は2段熨斗積みの、
釉薬瓦で葺かれた屋根です!
漆喰が詰められすぎています。

なぜ棟から雨水が入るのでしょう。

答えは、屋根の事をご存じない方には想像もつかない理由だと思います。

上の写真をご覧ください。

皆さんのよく知る形の写真下の青い地瓦

その上に白い漆喰

その上に青い四角い熨斗瓦、丸い冠瓦

が施工されていますが、

問題点は、
漆喰の詰められている量です。

漆喰が熨斗瓦と同じぐらいの出幅で詰められています。

ここまで詰めてしまうと、
水をせき止め、漆喰の奥の土を守る役割の漆喰が逆に、
水を棟の内側に呼び込んでしまうのです。

呼び込まれた水は、土を容赦なく濡らし、
棟の形を保っている土が崩れる原因となります。
冠瓦を捲っていきます、

崩れてしまった土は棟を積み直さないと
正常な状態には回復しないのです。

今回は既存の棟はすべて捨てて、
新しい防災仕様の棟で新しく作り直す工事を行います。

まず、上から順番に棟を解体していきます!!
棟の下地の土の様子
そうすると下地の土が顔を出します!

これだけ大量の土が棟の中には施工されているのです!

この棟の熨斗瓦、冠瓦、土はすべて廃材となります。
土が湿っているのがお分かりいただけますか?
この棟の土、湿っているのがお分かりいただけますか?

崩れた棟の隙間からは、
雨が降れば水が入り込みます。

このように水が入り込んでいた形跡が各所に見受けられました。
またこの部分の葺き土は水が通っていたため、土の形が完全に崩れていました。
この個所は、
水が常に入っていたのでしょう、
毎回の雨で入り込んだ雨水が通り道を作り、

葺き土がボロボロになっていました。

葺き土は最初はがちがちに積まれているものなのです。


棟の巴瓦、鬼瓦もめくっていきます!
棟の鬼瓦、巴瓦もめくっていきます。

今迄頑張ってくれた瓦を休ませる時が来ました。


既存の棟撤去完了!
棟の撤去が完了です。

この土を綺麗に清掃し、
次回のブログでは、
防災棟の施工に移っていきます!

雨漏りの原因となりやすい棟は
定期的なメンテナンスが必要です。

そのメンテナンスの一つが漆喰の詰め直し工事なのですが、
施工の仕方を一つ間違えると、
逆に棟の劣化を早めることになってしまいます。

屋根の事は、弊社ではなくても、
信頼のおける屋根やさんに見てもらってください。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

お客様の声完工後

33f165cff7234c80a6197ce3d7b45b7f-1
Q施工業者を決められる際に前にどんなことで悩んでいましたか?
A雨漏りについて
Q何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?また何故弊社にお問い合わせをしようと思われたのですか?
Aインターネットで見て決めました。
Q弊社への発注をすぐにご決断頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことがご不安になりましたか?
A決断しました。
Q数ある会社の中から、弊社へ工事を発注して頂いた一番の決め手は何でしたか?
Aインターネットでとても評判が良かったからです。
Q工事が終わってみていかがですか。忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A屋根を直接見ることがないので、写真で見せていただけて、状態がよくわかりました。 説明もとてもわかりやすくて、良かったです。

この工事の現場ブログ

防災棟・強力棟

2017/08/02/ 伊丹市 棟の積み替え工事 防災棟の施工中、状態のよくない瓦の差替え。

街の屋根やさん 松本

2017/07/10/ 伊丹市 防災棟の施工 棟を新しくする工事です。

こんばんは街の屋根やさんの松本和也です。本日の現場ブログは前回ご紹介した、伊丹市 棟を防災棟にやり替える工事の続きをお届けいたします!

IMG_1333

2017/07/11/ 伊丹市 防災棟の施工 棟を解体し、丈夫な棟を作ります。

こんばんは街の屋根やさんの松本です!本日の現場ブログは、伊丹市での防災棟の施工を行っていきます!防災棟とは、風や地震に強い、新しい工法で、従来の工法では、棟の下地は土で施工をされていましたが、今ではなんばんという土よりも丈夫なものを使い、か...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万
施工事例

伊丹市 屋根塗装工事の施工事例です!

IMG_0398-1
IMG_4122
工事内容
屋根塗装
使用素材
スーパーシリコンルーフペイント(関西ペイント)
築年数
約30年
建坪
保証
施工完了日より5年間
工事費用
約78万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市北区 瓦屋根点検

神戸市北区のお住まいに瓦屋根の点検に伺った様子を現場ブログでご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさん松本和也です。本日は台風により飛散してしまった瓦の点検の為、神戸市北区のお住まいに伺っております。瓦が飛んでから、ご主人様が自ら屋根に上り...........

瓦屋根の棟(むね)

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。ご自宅の屋根が瓦屋根の場合、震災や台風などの風災には弱いのではとご不安な思いをされていませんか?一昨年(2018年)の大阪北部地震では、兵庫県内でも震度5弱を観測し、多くの住宅被害がありました。ご自宅の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735