伊丹市 棟からの雨漏り、棟を新しく防災仕様で積み替えます。


IMG_5073-1-simple-overlay



こんばんは!
街の屋根やさんの松本です!


本日の現場ブログは、
伊丹市 棟からの雨漏りをしているお客様のお家で、
既存の棟をすべて解体し、
新しく『防災棟』という工法で積み替える工事をご紹介いたします。
(強力棟とも言います。)

既存の棟は2段熨斗積みの、
釉薬瓦で葺かれた屋根です!
漆喰が詰められすぎています。

なぜ棟から雨水が入るのでしょう。

答えは、屋根の事をご存じない方には想像もつかない理由だと思います。

上の写真をご覧ください。

皆さんのよく知る形の写真下の青い地瓦

その上に白い漆喰

その上に青い四角い熨斗瓦、丸い冠瓦

が施工されていますが、

問題点は、
漆喰の詰められている量です。

漆喰が熨斗瓦と同じぐらいの出幅で詰められています。

ここまで詰めてしまうと、
水をせき止め、漆喰の奥の土を守る役割の漆喰が逆に、
水を棟の内側に呼び込んでしまうのです。

呼び込まれた水は、土を容赦なく濡らし、
棟の形を保っている土が崩れる原因となります。
冠瓦を捲っていきます、

崩れてしまった土は棟を積み直さないと
正常な状態には回復しないのです。

今回は既存の棟はすべて捨てて、
新しい防災仕様の棟で新しく作り直す工事を行います。

まず、上から順番に棟を解体していきます!!
棟の下地の土の様子
そうすると下地の土が顔を出します!

これだけ大量の土が棟の中には施工されているのです!

この棟の熨斗瓦、冠瓦、土はすべて廃材となります。
土が湿っているのがお分かりいただけますか?
この棟の土、湿っているのがお分かりいただけますか?

崩れた棟の隙間からは、
雨が降れば水が入り込みます。

このように水が入り込んでいた形跡が各所に見受けられました。
またこの部分の葺き土は水が通っていたため、土の形が完全に崩れていました。
この個所は、
水が常に入っていたのでしょう、
毎回の雨で入り込んだ雨水が通り道を作り、

葺き土がボロボロになっていました。

葺き土は最初はがちがちに積まれているものなのです。


棟の巴瓦、鬼瓦もめくっていきます!
棟の鬼瓦、巴瓦もめくっていきます。

今迄頑張ってくれた瓦を休ませる時が来ました。


既存の棟撤去完了!
棟の撤去が完了です。

この土を綺麗に清掃し、
次回のブログでは、
防災棟の施工に移っていきます!

雨漏りの原因となりやすい棟は
定期的なメンテナンスが必要です。

そのメンテナンスの一つが漆喰の詰め直し工事なのですが、
施工の仕方を一つ間違えると、
逆に棟の劣化を早めることになってしまいます。

屋根の事は、弊社ではなくても、
信頼のおける屋根やさんに見てもらってください。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

eba6453b1eb85c34ba2415b20cf9eef2
弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
屋根の雨漏りです。
何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?
インターネットの検索です。
弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに連絡しました。
何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
インターネットでの書き込みが良かったからです。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
屋根の構造の説明をしていただいたときに、自分達がいかに素人考えであったかが分かりました。説明も分かりやすくとても丁寧で、印象も良かったです。

お客様の声完工後

この工事の現場ブログ

IMG_1333

2017/07/11/ 伊丹市 防災棟の施工 棟を解体し、丈夫な棟を作ります。

こんばんは街の屋根やさんの松本です!本日の現場ブログは、伊丹市での防災棟の施工を行っていきます!防災棟とは、風や地震に強い、新しい工法で、従来の工法では、棟の下地は土で施工をされていましたが、今ではなんばんという土よりも丈夫なものを使い、か...........

街の屋根やさん 松本

2017/07/10/ 伊丹市 防災棟の施工 棟を新しくする工事です。

こんばんは街の屋根やさんの松本和也です。本日の現場ブログは前回ご紹介した、伊丹市 棟を防災棟にやり替える工事の続きをお届けいたします!

小屋裏の様子

2017/06/27/ 伊丹市 雨漏りの調査に急行し、原因を特定いたしました!

こんばんは。街の屋根やさんの本日の現場ブログは、伊丹市 激しい雨の日に雨漏りがひどく、原因の調査と、お見積りを依頼された、お客様のお住まいに調査に伺った際の様子を本日はご紹介したいと思います!お客様は、一度雨漏りをしている時に、屋根裏をご自...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万
施工事例

伊丹市 屋根塗装工事の施工事例です!

IMG_0398-1
IMG_4122
工事内容
屋根塗装
使用素材
スーパーシリコンルーフペイント(関西ペイント)
築年数
約30年
建坪
保証
施工完了日より5年間
工事費用
約78万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........