オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市須磨区で屋根工事!雨漏りを賢く解決する屋根カバー工事


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

今回は、神戸市須磨区にて点検と屋根工事を行いました様子をお届けしたいと思います。

2年前に屋根工事で塗装をしたのに雨漏りが発生してしまったそうです。

ところが施工した塗装業者に取り合ってもらえず困っているご様子で、弊社へ雨漏り調査と屋根工事のご依頼をいただきました。
 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根工事前点検をおこないました

屋根工事前点検に発見した雨染み
雨漏り診断と屋根工事のプロが現場に駆けつけ、まずは屋根工事前に雨漏りと屋根の状態を丁寧に点検していきます。

居室内の天井に数か所大きな雨染みがありました。

また、この居室だけでなく他の居室天井などお住まい全体的に同様の雨染みがあり、かなりの水分が屋根から落ちてきている様子がうかがえました。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根工事前点検① 瓦棒葺きの鋼板屋根

屋根工事前点検時の瓦棒葺き屋根
ではいよいよ、屋根工事前点検開始です。

こちらの屋根は、築30年の三晃式瓦棒葺き鋼板屋根でした。

瓦棒葺きとは、写真のような鋼板などの金属系の屋根材を屋根頂上の棟から軒先まで縦に葺いている屋根のことをいいます。

屋根の勾配はかなり緩い施工になっていました。

神戸市須磨区にて屋根工事前点検② 屋根上の隙間

屋根工事前点検で発見した瓦棒屋根の継ぎ目
こちらの瓦棒は、最終的に端の立上っている部分にキャップをはめて、そのキャップと立上り部分を圧着するという施工法でした。

この圧着作業は、現場での作業となるため高い技術力が必要です。

屋根立上り部分には数か所圧着しきれていない部分があり、隙間がいくつも出来ていました。

屋根材全体には隅々まで綺麗に塗装を行われていたため、雨漏りの原因はこの部位と考えられます。

ご存じのとおり、雨水などの液体は小さな隙間があればそこに浸入していきます。

塗料を隅々まで塗った当初は、塗料が毛細管現象で吸い上がり、この隙間が埋まっていた状態になっていたので雨漏りは発生しなかったかと思います。

それが周辺の車の通行や地震、台風などの外的振動により、板金結合部分の塗膜が切れて、更に狭い隙間となったために雨水を吸い上げ、屋根材の内部まで雨水が浸入する構造になってしまったと考えられます。

現在の鋼板屋根の状態では、再塗装などの補修をしたところで根本的な雨漏りの解決は出来ません。
毛細管現象とは
毛細管現象とは毛細管、つまり細い空間の中を雨水などの液体が浸透していく現象のことです。

グラスに入ったドリンクにストローを挿すと、ストロー内部の水面がグラスの水面よりも高くなるという現象が毛細管現象です。

ドリンクなら問題はありませんが、屋根の場合は水分が毛細管現象で吸いあがってしまうと屋根材の内部に水分が浸入してしまう事になります。

そういった現象が起こらないよう、実は屋根上には適切な隙間を設けてあげる必要があるのです。

神戸市須磨区にて雨漏りを解決する屋根工事をおこないます

屋根工事時に使用 スタイロ断熱材
現状の鋼板屋根を再塗装したり補修しても根本的な雨漏り原因の解決は出来ず、また短期間で雨漏りが再発してしまいます。

そのため、屋根工事として既存の鋼板屋根の上に新しい屋根材をかぶせる屋根カバー工法をおこなうことになりました。

屋根カバー工法は、既存の鋼板屋根などを解体・撤去する必要のない屋根工事のため、解体工事費や廃材処分費がかからず費用を節約できるメリットがあります。

鋼板屋根は暑さに弱いため、屋根工事の際にはスタイロフォーム(断熱材)を使って断熱能力をあげます。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根工事① 断熱材の敷設

屋根工事時にスタイロ断熱材敷き込み
既存の鋼板屋根の上に、厚さ30mmのスタイロフォーム(断熱材)を敷設して、まずは断熱層を作ります。

神戸市須磨区にて屋根工事② 野地板の施工

屋根工事時に使用 下地構造用合板12mm
さきほど敷設した断熱材の上に、新しい屋根材の下地として構造用合板12mmをのせます。

屋根の「野地板」といわれる部分です。

神戸市須磨区にて屋根工事③ 防水シートの敷設

屋根工事時に使用 ルーフィング(防水シート)
次に、この防水紙シートを敷設します。
屋根工事時にアスファルトルーフィング940敷き込み
屋根下地と表面の屋根材の間には、この防水シートが必要です。

屋根には、屋根材から浸入してきた雨水が内部に染み込まないように屋根材の下全面に防水層を設ける必要があるからです。

防水シートの耐久年数は約15~20年です。

普段雨水の浸入を防いでくれているこの防水シートが劣化して破れたりしてしまうと、たとえ屋根表面が綺麗で問題なくても雨漏りが発生してしまうケースもあります。

お住まい内部を安全に保ち、雨漏りを防ぐためにも防水シートの定期的な交換はお住まいにとって重要なメンテナンス作業です。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根工事④ 新しいガルバリウム鋼板屋根

屋根工事時に棟取付 立平屋根
いよいよ新しい屋根材をかぶせていきます。

今回新しい屋根材として選ばれたのは、ガルバリウム鋼板製の立平という屋根材です。

ガルバリウム鋼板とは、鉄を板状にしたものにアルミニウムと亜鉛とシリコンの合金をめっきしたものをいいます。

鉄はご存じのとおり本来錆びやすい金属ですが、そこに錆びにくいアルミや亜鉛でめっきしただけで、空気に直接触れることがなくなるため、酸化しにくく、錆びにくくなり、耐用年数が長くなるという屋根材としては頼もしい材質になります。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根工事⑤ 雨押えの新設

屋根工事時に壁際雨押え取付 立平屋根
屋根の端部分にあるパラペットと屋根面の接続部分には、雨押さえを新設します。

パラペットとは、今回のような勾配の緩い屋根や屋上などの陸屋根の外周に設けられた低い壁のことです。

勾配が緩い屋根は、一般的な屋根に比べて雨水が滞留する時間が長いため、このパラペットが防水上重要な役割を担っています。

逆に言うと、このパラペットが劣化したり防水機能が低いと雨漏りの原因となりやすいため、この部分には「雨押さえ」という雨水などの水分が建物内部に浸入しないように設ける部材を設置しておく必要があります。

 関連ページ 
壁板金巻
雨押えの立上り部分に板金を貼り付けました。

神戸市須磨区にて屋根工事⑥ 笠木の新設

屋根工事時 笠木固定
パラペットには笠木を新たにかぶせて、雨水を入れ込まない仕組みを作ります。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根工事⑦ コーキング

屋根工事後の立平葺き屋根 笠木取付
さらに笠木を固定するためのビスは、球状にコーキングして防水能力を上げておきます。

新設した板金の継ぎ目にも雨水が隙間から浸入しないように同様に防水処理を行います。

神戸市須磨区にて屋根工事完了です

屋根カバー工事後の立平葺き
神戸市須磨区にておこないました屋根工事、屋根カバー工事が完了いたしました!

セピアカラーの丈夫なガルバリウム鋼板屋根でスッキリとした綺麗な屋根に生まれ変わりました。

雨漏りも無事解決し、お客様に大変喜んでいただけてとても嬉しかったです。

一口に屋根工事といっても、このように新しい屋根を被せる屋根カバー工事、劣化した箇所のみを補修する部分改修工事、屋根全体を直す葺き替え・葺き直し工事といろいろな工事があります。

「街の屋根やさん神戸店」では、お客様のご希望や今後の居住プラン、ご予算など現状の状態に合わせた様々なご提案をおこない、常にお客様に本当に喜ばれる屋根工事をご提供させていただきます!

 関連ページ 




 神戸市須磨区の屋根工事関連ブログ 


この工事の現場ブログ

屋根工事前点検に発見した雨染み

2020/11/30/ 神戸市須磨区で屋根工事!雨漏りを賢く解決する屋根カバー工事

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、神戸市須磨区にて点検と屋根工事を行いました様子をお届けしたいと思います。2年前に屋根工事で塗装をしたのに雨漏りが発生してしまったそうです。ところが施工した塗装業者に取り合ってもらえず困っているご...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

神戸市長田区 下屋根瓦棒カバー工事と雨樋交換工事をご紹介します

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万
施工事例

須磨区 下屋根カバー工事立平葺きの施工事例です。

IMG_0110
IMG_1659
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平 JFE鋼板株式会社 極みMAX
築年数
約20年
建坪
保証
7年
工事費用
約33万
施工事例

神戸市須磨区 漆喰詰め直し工事の施工事例をご紹介します!

漆喰詰め直し工事
漆喰詰め直し工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰(シマダ物産)
築年数
30年
建坪
50坪
保証
1年
工事費用
約55万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り箇所

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。神戸市須磨区にて屋根カバー工事をおこないました。「1階居室天井からたびたび雨漏りが発生している」そうで、雨漏りの原因を調べてほしいと弊社にお問い合わせ頂き、まずはお住まいへ雨漏り点検に伺いました。今回の...........

雨漏り現場の他社養生

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、神戸市中央区にて雨漏りが発生した屋根に屋根カバー工法を用いた工事をおこない、雨漏りを解決しました様子をご紹介いたします!上写真は、「雨漏りしてきたためブルーシートで養生しているので見てほしい」と...........

屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735