オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市長田区 雨漏り調査!雨漏り原因特定のための屋根点検


※2020年9月30日更新

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

今回は、神戸市長田区にお住まいの方から『雨漏りの原因がわからないので雨漏り調査してほしい!』とのご依頼があり、屋根の無料調査に伺いました様子をご紹介いたします。

居室内の天井に雨染みが出来たり、ポタポタと雨漏りしてきたら、真上の天井裏や家の躯体は一体どうなっているんだろうと不安になりますよね。

そのまま放置すれば確実に家の内部の腐食や傷みを進行させてしまいますので、雨漏りに気がついたら早めに屋根点検などの雨漏り調査を依頼して適正な修理をし、最小限の処置で済むようにしましょう。

関連ページ

確実な漏水箇所の特定のための雨漏り調査・散水検査

雨漏りの原因とは?屋根裏と屋根を雨漏り調査しました

神戸市長田区 雨漏りにより落ちてきていた場所
到着後、まずは雨漏りが発生している場所を点検し雨漏り調査をさせていただきました。

上の写真は雨漏りが発生したため、お客様ご自身が屋根裏を見て原因を突き止めようと天井をめくられた部分です。

雨漏りが発生した天井は、築20年のお住まいとその後に増築した築10年のお住まいのちょうど境目の辺りだとの事でした。

まずはこちらから、屋根裏の様子を見させていただきます。

関連ページ

屋根裏の雨漏り箇所は増築部との合流地点

雨漏り発生した屋根裏
写真の縦に黒い棒部分を境に、右側が築20年のお住まいの屋根裏、左側が築10年の増築部分の屋根裏です。

写真の黒い棒部分の真上は、もともとの築20年の屋根の軒端である鼻隠しの部分です。

関連ページ

確かにこの増築部との境目あたりで黒くくすんだ雨染みが広がっており、雨漏りが起こっているのがわかります。

屋根の雨漏り調査を開始いたします

屋根の合流部
こちらが屋根の全体像です。

写真手前側のカラーベスト部分がもともとの築20年の屋根、奥のつるっとした見た目の板金屋根が増築部分の屋根です。

もともとの屋根は切妻屋根(一般的にいわれる三角屋根)で、そこに増築時に片流れ屋根という形状の屋根を合体させて施工されています。

関連ページ

もともとの切妻屋根の先端と片流れ屋根の先端に水が流れ落ちる形状になっているため、ここには雨水の排出ルートが必要になります。

屋根の先端どうしの合流地点を雨漏り調査

屋根面の排水経路である箱樋
屋根の合流地点には、ステンレス板を使用した箱樋(はこどい)を設置して、屋根から落ちてくる雨水を受け止める水路を形成してありました。

箱樋に落ちた水は両側にあけた穴を通り、お住まいの外へ排出される仕組みです。

箱樋を雨漏り調査

神戸市長田区 谷板金の様子
箱樋全体を雨漏り調査しましたが、錆びや腐食、穴あきなどの劣化は見当たらず、適正に機能している状態でした。


雨漏り調査結果:原因はカラーベスト屋根部分

神戸市長田区 雨漏り箇所直上
この箱樋は2つの屋根を流れてきた雨水が集まるため、屋根全体の中でもで一番多く水量を受ける箇所です。

この重要な役割のある箱樋が劣化して穴が開いていたりすれば必ず雨漏りが発生しますが、雨漏り調査したところこの箱樋にそういった劣化はありませんでした。

屋根裏から見た雨染み部分もこの箱樋の下にはなかったので、今回の雨漏りの原因はこの箱樋ではありません。

雨染み部分から見ても、このもともとあっ築20年のカラーベスト屋根部分に雨漏りの原因があるようです。

カラーベスト屋根の軒先

腐食した軒裏の構造用合板
箱樋の下にカメラを入れ、カラーベスト屋根の軒先を裏から撮影した写真です。

カラーベスト屋根を支える下地の構造用合板が雨漏りにより朽ちてしまっています。

構造用合板は、このような屋根下地や壁下地、床下地に使用される耐久性の高い合板です。

通常は雨を受ける屋根面の裏側にある構造用合板がここまで傷むことは少ないのですが、こちらの合板は腐食し、朽ちてバラバラになっています。

ここまで傷んだ原因としては、カラーベスト屋根が受け止めた雨水がカラーベストの隙間から屋根下地である2次防水層のルーフィング(防水シート)の層まで到達していたことです。

ルーフィングが経年劣化し、破れたところから雨水が染み込み、その下の構造用合板を継続的に濡らしたことで腐食がすすみ、朽ちさせて雨漏りが起こっている状態でした。

関連ページ

雨漏り調査の結果と修理のご提案

雨漏り調査の結果、発生箇所と原因は以下のとおりでした。

雨漏りの発生箇所
➡築20年のカラーベスト屋根軒先部分

雨漏りの原因
➡カラーベストの隙間から浸入した雨水が防水シートを濡らしたことにより、劣化した防水シートに浸入した雨水が軒先の構造用合板を腐食させ、雨漏り発生

こういった防水シートの劣化による雨漏りの場合は、屋根表面の屋根材をはがして屋根材と防水シートを交換する『葺き替え工事』、もしくは防水シートのみを交換して既存の屋根材を再度葺き直す『葺き直し工事』が必要です。

関連ページ


しかし、カラーベスト屋根の場合は、既存の屋根材を撤去せずに、その上に新しく屋根を新設する工事を選択できるため、お客様に以下のご提案させていただきました。

修理ご提案
➡屋根カバー工法

屋根カバー工法とは?

屋根カバー工法とは、文字のとおり現在の屋根を新しい屋根でカバーする工法です。

屋根を二重に重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。

カバー工法には以下のようなメリットがあります。

メリット①
既存の屋根の解体工事がほぼ不要になるため、解体工事費や廃材処理費を節約することができます

メリット②
解体工事がない分、工期が短くなり、作業員の人件費も節約できます

メリット③
廃材が少なくなるため、環境にやさしくエコです

一般的な瓦屋根などには向きませんが、カラーベストは軽量で重ね葺き可能なため、こちらのカバー工法がオススメです。

関連ページ

雨漏り調査や屋根修理ご相談なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
屋根の修理といっても、今回ご提案させていただいたカバー工事から、瓦やスレートなどの屋根材1枚の交換、コーキング、屋根全体の葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

何より、経験や専門知識もなく屋根にのぼるという行為は大変危険です。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然かと思います。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。
関連ページ







関連動画


この工事の現場ブログ

神戸市長田区 雨漏りにより落ちてきていた場所

2020/03/10/ 神戸市長田区 雨漏り調査!雨漏り原因特定のための屋根点検

※2020年9月30日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、神戸市長田区にお住まいの方から『雨漏りの原因がわからないので雨漏り調査してほしい!』とのご依頼があり、屋根の無料調査に伺いました様子をご紹介いたします。居室内の天井に雨...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

神戸市長田区 下屋根瓦棒カバー工事と雨樋交換工事をご紹介します

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

神戸市長田区 下屋根瓦棒カバー工事と雨樋交換工事をご紹介します

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

2a83655a7106f66587acef13a771d655

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、神戸市須磨区にて点検と屋根工事を行いました様子をお届けしたいと思います。2年前に屋根工事で塗装をしたのに雨漏りが発生してしまったそうです。ところが施工した塗装業者に取り合ってもらえず困っているご...........

雨漏り現場の他社養生

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、神戸市中央区にて雨漏りが発生した屋根に屋根カバー工法を用いた工事をおこない、雨漏りを解決しました様子をご紹介いたします!上写真は、「雨漏りしてきたためブルーシートで養生しているので見てほしい」と...........

屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735