オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市東灘区 雨漏り調査!繰り返す雨漏りの原因を調査します


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

ある日突然、室内の天井から水がボタボタと落ちてきたら‥想像しただけでパニックになってしまうのではないでしょうか。

「リビングの天井が下がってきている。雨のたびに雨漏りするようになってしまった。繰り返す雨漏りの原因と必要な修理を知りたい。」

先日、兵庫県神戸市東灘区にお住まい方からこのようなご相談をいただきました。

雨が降るたびに繰り返すというリビング天井からの雨漏り。

そして、膨らんで下がってきているという天井。

雨漏りの原因とは一体何なのでしょうか?

今回の街の屋根やさん神戸店・現場ブログでは、神戸市東灘区にて実施した無料雨漏り調査と散水試験の様子をくわしくご紹介いたします。

また、後半では「雨漏り調査を検討するべきお住まいの症状」についてもご紹介いたします。

 関連ページ 


雨漏り調査とは?

伊丹市 雨漏り調査 街の屋根やさん神戸店
雨漏り調査とは雨漏りの原因を探し出し特定するための点検作業のことです。

雨漏りの原因は一つとは限りません。

お住まい全体を調査しあらゆる角度から雨漏り原因となる「雨水の浸入口」を見つけ出すことが必要です。

雨漏り調査をおざなりに済ませてしまうと、修理も見当違いのものになります。

その結果、雨漏りの再発につながります。

そのため、街の屋根屋さん神戸店では雨漏り調査に十分な時間をかけます。

最低30分~60分程お時間をいただき、無料といえども徹底的に原因調査をいたします。

調査時は写真や動画で記録させていただき、普段お客様がご自身で確認することが困難な箇所を調査完了後にお写真・動画と合わせてお伝えいたします。

現状を踏まえて最適な修理内容をご提案いたします。

被害を拡大させないためにも雨漏りには早目の対応が必要です。

特に、お住まいに「天井のシミ」「壁紙の剥がれ・雨染み」「木材の変色」などの症状が現われている場合は要注意です。

街の屋根やさん神戸店では、いつでも無料で雨漏り調査・お見積りまでさせていただいております。

 関連ページ 

雨漏り調査をおこないます

それでは、兵庫県神戸市東灘区でおこなった雨漏り調査の様子をくわしくご紹介いたします。

雨漏り調査 ステップ①「雨漏り箇所の確認」

東灘区 雨漏りした天井を調査中
まずは、雨漏りが発生した場所を確認させていただきます。

上写真は下がっているというリビング天井です。

先日の雨の際にこの天井から雨水が落ちてきたということです。
天井はかなり下がってきています。

天井が落ちてきそうで怖かったらしく、お客様ご自身で天井補強のテープを貼り養生されていました。

半年ほど前からこちらの天井が膨らみ始めたということです。

雨漏りが発生し水を含んだ天井裏の木材が腐食・膨張していると考えられます。

このままでは安心して過ごすことができません。

原因をしっかりと突き止めます!


雨漏り調査 ステップ➁「屋根の調査」

東灘区で雨漏り調査(屋根)
雨漏りした一階リビングの天井の真上に当たる部分の屋根まわりを調査していきます。

上写真左側の屋根面が黄色っぽく変色しているのがお分かりいただけますか?

こちらは雨がかかって水が流れる通り道となっているため、錆びてこのように変色しています。

反対に、上写真右側の屋根面は元々の板金の色(黒っぽい色)が濃く残っています。

こちらの屋根面は雨がかかりにくいため、室外機の影響もあり左側のように変色していません。

調査の結果、板金で作られたこちらの屋根は比較的綺麗な状態で、雨漏り原因となるようなトラブルは確認されませんでした。


雨漏り調査 ステップ③「室外機周辺の調査」

東灘区で雨漏り調査(屋根上の室外機下部)
上写真は室外機の下部にある屋根面です。

この部位は雨がかかりにくいため、堆積した塵や土ぼこりなどが流れず苔が繁殖しています。

また、かかった雨水が乾きにくく高湿状態が続く場所となるため苔の増殖に繋がっています。

調査したところ、苔は屋根の板金材の継ぎ目部分に繁殖していました。

「この苔が水を吸い上げ屋根の継ぎ目から水が入り込み雨漏りを引き起こしている」という仮説が立てられます。

しかし、室内の雨漏り位置から少し離れるためここが雨漏り原因とは言い切れません。

雨漏り原因として疑わしい箇所といえます。

さらに調査を進めていきましょう。

 関連ページ 


雨漏り調査 ステップ④「外壁の調査」

東灘区 外壁の雨漏り調査
雨漏り箇所の真上に、外壁サイディングの加工跡の防水シール材が切れてる部分を見つけました。

また、お客様のお住まいは屋根と壁の取り合い部分をシール材で埋めてしまっており、外壁サイディングのシール材の切れ目から浸入した雨水が外に出られなくなっていました。

こちらは、雨漏り原因の可能性が非常に高い場所といえます。
シーリング材とは建築物において気密性・防水性を向上するための建築材料のことです。

コーキング材ともよばれています。

シーリング材には、「シリコン系」(シリコン樹脂が原料)・「変性シリコン系」(ウレタン樹脂が原料)があり用途により使い分けます。

シーリング材を施工してからの耐用年数(寿命)は一般的に10年程度となります。

 関連ページ 


雨漏り調査 ステップ⑤「調査の結果」

雨漏り調査の結果、雨漏り原因となりうる箇所を数ヶ所確認いたしました。

複数の原因が重なり合って雨漏りとなっている場合、一ヶ所だけを修理しても残念ながら雨漏りはほぼ再発します。

雨漏り原因となる「雨水の浸入口」を確実に特定するためには散水試験が必要です。

雨漏り調査・お見積りまでは無料です散水試験は有料となります。

そのため、雨漏り調査の結果を撮影した現場のお写真とともにお客様へくわしくご報告し、「確実な雨漏り原因の特定のための散水試験」をさせていただきたいということをお伝えいたしました。

 雨漏り原因 
・仮説①「屋根の継ぎ目が雨水の浸入口となり雨漏りへつながっている」
・仮説➁「外壁に施工されたシーリング材の切れ目が雨水の浸入口となり雨漏りに発展している」

 ご提案 
・確実な原因特定のために有料ではあるが「散水試験」をさせていただきたい


散水試験とは?

街の屋根やさん神戸店の散水試験
散水試験とは、ホースやバケツを使用して降雨状態を再現することで、雨漏り原因となる雨水の浸入口を確実に特定するための調査です。

雨漏り調査で確実な確証が得られなかった場合に実施します。

散水試験は有料となりますが、最良な工事のためにご検討いただくことは決して損ではありません。

「散水」といっても、ただ闇雲に水をかけ続けるというわけではありません。

事前の雨漏り調査を元に考えられるいくつかの仮設を立て、その箇所に散水することで雨水の浸入口か否かをしっかりと確認することができます。

水をかける順番・かける時間・かける量なども考慮して散水します。

ホースやバケツで散水することもあればスポイトで少量の散水を行う場合もあります。

散水試験で確実に雨漏り箇所を特定することで、不必要な修理・工事を省き最適な雨漏り修理を行うことが可能です。

 関連ページ 

 関連ブログ 


散水試験をおこないます

お客様にしっかりと現状をご理解いただき「散水試験」の許可をいただきました。

確実に雨漏りを止めるため、雨水の浸入口となっている可能性の高い箇所に散水していきます。

散水試験 ステップ①「散水準備」

東灘区 散水試験の準備
お客様に水道をお借りして散水試験をおこなう準備をしていきます。

この散水試験により「雨漏りを再現」していきます。

もしかしたら、「雨漏り調査」に続き「散水試験」‥と少し面倒に感じられるかもしれません。

しかし、この「原因調査」の工程をおざなりにすると施工(雨漏り修理)した後に雨漏りが再発する可能性が非常に高くなります。

事前にお客様にお聞きしていた「雨漏りが起こった際の状況」を念頭に置き、なるべくそれに近い「水の量」「水圧」「散水する方向」「散水時間」で散水していきます。

この調整が非常に難しく、まさにプロの「経験と勘」が必要となります。


散水試験 ステップ➁「屋根と外壁に散水」

東灘区 屋根の取り合い部に散水中
勾配(傾斜)が低いほうから部分的に散水していきます。

上写真は、調査時に雨漏り原因と疑わしかった屋根板金の継ぎ目に散水しているところです。

屋根周りにいくら散水しても雨漏りは再現できませんでした。

次に、先程の外壁サイディングのシール部分の切れ目への散水を実施しました。

すると、すぐに雨漏りが引き起こされました。


散水試験 ステップ③「調査の結果」

東灘区 雨漏り原因は外壁のシール切れ目でした
雨漏り調査後に実施した散水試験の結果、「室内の雨漏り原因は外壁に施工されたシーリング材の切れ目から」と特定いたしました。

他にも今後、雨漏りの原因となりそうな外壁シーリング材の切れ目も数ヶ所確認できました。

直接、雨漏り原因となった箇所以外にも、外壁のシール材の切れ目が散見されたため、現状をご説明させていただき、雨漏り修理として「外壁のシール材打ち工事」をご提案をさせていただきました。

なにより、雨漏りの原因が判明しお客様はホッとされたご様子でした。

 雨漏り原因 
・室内への雨漏りの原因は外壁に施工されたシーリング材の切れ目(隙間)からの浸水

・今後、「雨水の浸入口」となりそうな状態の傷んだシール施工部を外壁に数ヶ所確認

 修理 
・外壁のシーリング打ち直し

他箇所にも散見されたシーリング材の切れ目も同時にシール打ちすることが望ましい


雨漏り調査を検討するべきお住いの症状3つ

雨漏りすると真っ先に今回ご紹介したお宅のような「天井からの水漏れ」が思い浮かぶと思います。

しかし、雨漏りは天井からポタポタと水が落ちてくる症状だけではありません。

雨漏りの症状は天井以外にもさまざまな場所で起こりえます。

以下では、「雨漏り調査を検討するべきお住まいの症状を3つ」ご紹介いたします。

雨漏り調査を検討するべきお住まいの症状①「かび臭い」

「部屋の中がかび臭い‥」という場合、考えられる原因のひとつが外壁からの雨漏りです。

屋根とは違い外壁からの雨漏りの場合は被害がなかなか表面化せず、長期間気づきにくいのが特徴です。

外壁から雨漏りする理由として「サッシ(窓枠)廻りのシーリング材の劣化」「外壁に施工されたシーリング材の劣化」「外壁のクラック(ひび割れ)」などがあげられます。

特に、サッシまわりや外壁に施工されたシーリング材は施工後約10年で劣化が顕著に表れます。

劣化したシーリング材は「剥がれ」「ひび割れ」「肉痩せ(厚みが薄くなることで隙間ができる)」などが起こり、それらにより発生した”目で確認できない程わずかな隙間”から雨水が浸入します。

このような場合には今回のように「シーリング材の打ち直し」が必要となります。

他にも、「家の中の湿気が高いまま‥」という場合も雨漏りの可能性があるため、プロによる雨漏り調査を検討するべきでしょう

 関連ブログ 



雨漏り調査を検討するべきお住まいの症状②「壁紙・天井の雨シミ」

雨漏りの代表的な症状として壁紙・天井の雨シミがあります。

雨シミは水分を含んで高湿となっているという証拠です。

特に、屋根の真下の天井にシミが発生している場合は雨漏りの可能性が高くなります。

天井・壁のシミには雨漏り以外にも「結露」「水道管からの漏水」などの原因が考えられます。

薄く目立たないシミであっても放置し続けると、「カビによるアレルギーやシックハウス症候群」「シロアリによる建材の食害」などの被害を引き起こすこともあります。

お客様ご自身でシミの原因を見極めることは困難です。

そのような時にはプロによる雨漏り調査ご利用をおすすめいたします。

雨漏り調査を検討するべきお住まいの症状③「サッシから水が漏れる」

「サッシ(窓枠)から水が漏れてくる」というのもよくある雨漏り症状のひとつです。

サッシからの雨漏りは「コーキングの劣化」が原因になることが非常に多いです。

コーキング材は経年劣化により痩せ、徐々にひび割れの症状が出てきます。

一見分からないような微細な隙間からでも雨水は浸入してきます。

窓まわりの壁紙が剥がれていたり、まわりの木材・クロスが変色するほどの水漏れ症状がある場合は雨漏りの可能性があります。

このような場合にもプロによる雨漏り調査を検討するべきでしょう。

兵庫県神戸市東灘区で雨漏り調査なら街の屋根やさん神戸店へ!

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
大切なお住まいに雨漏りトラブルが起きた場合、雨漏り調査・修理を依頼する業者を探すこととなります。

当然ですが、雨漏りを修理する前に雨漏りが起こった「原因」を確実に突き止めなければなりません。

雨の浸出口(雨漏りが起こった場所)は明らかですが、雨の浸入口を見つけ出すには豊富な経験と知識が必要となります。

もし、雨漏り原因となる雨の浸入口を正確に解明しないまま不十分な修理を行った場合、雨漏りトラブルを繰り返すことになります。

「しっかり雨漏りの原因を突き止めてもらえるかな?」
「とりあえず修理内容と費用を教えてもらいたい!」

そんな時は、私どもにおまかせください!

「街の屋根やさん神戸店」では、点検・調査時・施工前・施工中・施工後も安心してお過ごしいただけるよう5つの取り組みを行っています。

神戸市東灘区で雨漏りトラブルにお悩みでしたら、ぜひ私ども「街の屋根屋さん神戸店」の無料雨漏り点検・調査&お見積りをご利用ください。

強引な勧誘や不要な工事は一切行っておりません。

私どもは、お客様に「ありがとう」と言っていただける会社であることを何よりも一番に目指しています。

もちろん、お見積りまででも構いません。

お住まいのことで分からないこと・ご不安なことがございましたら、私どもに何でもお気軽にご相談くださいね。
 関連ページ 



この工事の現場ブログ

伊丹市 雨漏り調査 街の屋根やさん神戸店

2020/01/30/ 神戸市東灘区 雨漏り調査!繰り返す雨漏りの原因を調査します

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。ある日突然、室内の天井から水がボタボタと落ちてきたら‥想像しただけでパニックになってしまうのではないでしょうか。「リビングの天井が下がってきている。雨のたびに雨漏りするようになってしまった。繰り返す雨漏...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

東灘区雨漏り調査 雨漏り箇所

神戸市東灘区 雨漏り調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!3階建ての鉄骨造のお住まいでした。築25年ほどのお住まいで現在はお客様は住んでおらず、先々、賃貸物件で活用していこうとお考えの物件でした。かなり以前から雨漏りが...........

神戸市北区テラスからの雨漏り

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。雨漏りというと、「天井からポタポタと水が落ちてくる」というイメージが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、雨漏りの症状は実にさまざまです。先日、兵庫県神戸市北区にご在住の方からお問い合わせをい...........

雨漏り 1階天井裏の様子

芦屋市 雨漏り調査に伺いました様子を、本日はお伝えしようと思います。現場に調査に伺った際の写真です!1階の脱衣所天井から台風の土砂降りの際、天井から雨漏りが発生したとのことで、点検口もあり、屋根裏の様子も到着し次第見させていただきました!雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735