オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

伊丹市 金属屋根の葺き替えと瓦屋根の葺き直し工事を行いました


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

本日は、伊丹市にお住まいの方から「庇の金属屋根を交換したいというご依頼があり、金属屋根の葺き直し工事屋根と、その庇と接していた瓦屋根の一部葺き直し工事をおこなった様子をご紹介いたします!

庇の金属屋根と瓦屋根の修繕を行いました

伊丹市 庇現状
今回ご依頼のあった屋根です。

お住まいの屋根全体は瓦で葺かれており、庇部分のみ一部金属屋根になっておりました。

金属屋根部分が一部瓦の下に差し込まれて設置されていたので、合流部分の瓦を一旦剥がす作業も必要でした。

屋根の葺き替えと葺き直しの違いとは?

そもそも屋根の「葺き替え」と「葺き直し」、似たような響きですが、どう違うのでしょうか。

屋根の「葺き替え」は、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に取り替える工事をさします。

今回の金属屋根のように、屋根材が傷んでいて屋根としての機能を果たせず、雨漏りや屋根材が剥がれてくる危険性がある場合は葺き替え工事を行います。

また、お住まいの外観を変えたい時、近年は特に耐震対策としてより軽くて耐震性の高い屋根材に交換したいなどの理由で葺き替え工事をされる方も増えてきています。

関連ページ

一方「葺き直し」は、既存の屋根材を再利用して行う工事をさします。

屋根の下地部分である防水シートや野地板が劣化している場合などは、一旦表面の屋根材を剥がして下地を新しいものに取り替え、再度既存の屋根材を葺き直します。

瓦など、耐用年数が長く劣化しにくい屋根材の場合は、この葺き直し工事をすることが多いです。

屋根材を買い替える費用を抑えられ、既存の屋根材を廃材にしなくてすむので環境負荷が低く、エコな工事ともいえます。

関連ページ

最初に合流部分の瓦を剥がします

瓦屋根の葺き土
まずは瓦屋根部分の軒先の瓦を2列分剥がしていきます。

軒先の瓦の下に今回葺き替えをする板金屋根が入り込んでいるため、先に瓦を撤去して板金を剥がせるようにします。

瓦の下にあるのは、下地の葺き土です。

現在では耐震性の問題もあり、瓦の下に葺き土を敷くことはなく、なんばん漆喰で接着するため、この葺き土も合わせて撤去・清掃していきます。
垂木とは
瓦とその下地の葺き土、そして庇である金属屋根部分の撤去が終わりました!

金属屋根部分には、下に野地板がありましたが、腐食していたのでこちらも合わせて撤去しました。

金属屋根を剥がした部分に残っているのは垂木です。

垂木とは、屋根の斜面に沿って取り付けられる木材のことで、これから施工する野地板や防水シート、表面の板金を固定する最も重要な部分です。

野地板と防水シートを設置して金属屋根を施工していきます

防水シート(ルーフィング)
まずは垂木の上に厚さ12mmの野地板を設置し、その上に防水シートを張り付けます。
防水シートは、防水紙・ルーフィングとも呼ばれている屋根からの雨漏りを防ぐ重要な下地材です。

普段は屋根の下に隠れているので目にすることはないのですが、屋根の2次防水としての機能があり、強い雨風の時などの横降りの雨が屋根内部に浸入してしまった時はこの防水シートが雨水の浸入を食い止め、屋根裏・室内への雨漏りを防止してくれています。

現在普及している防水シート(ルーフィング)は以下の2種類です。

アスファルトルーフィング
フェルトにアスファルトを染み込ませたもので、比較的安価であるため、新築時やリフォームなどの葺き替え時にもよく選ばれます。
耐用年数は約15年です。

改質アスファルトルーフィング
アスファルトのほかに合成ゴムや合成樹脂を加えたもので、アスファルトルーフィングと比較して耐久性が高いのが特徴で、耐用年数は約30年です。
夏場や冬場の気温変化にも強く、伸縮性が高いのでお勧めです。

関連ページ

ガルバリウム鋼板を設置し、頑丈な金属屋根に

ガルバリウム鋼板とは
今回、金属屋根の葺き替えに使用するのは厚さ0.35mmのガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板とは、鉄製の基材にアルミニウムと亜鉛とシリコンの合金をめっきしたものです。

鉄そのものはご存じのとおり錆びやすいのですが、そこに錆びにくいアルミや亜鉛をめっきすることで、表面が空気に触れなくなり、酸化しくくなって錆びを防ぎます。

水捌けもよく、軽量で頑丈なガルバリウム鋼板は耐震性も高いので、安心したお住まいづくりにお役立ちできるかと思います。

合流している瓦屋根との段差がほぼない平葺きの屋根なので、雨水の入り込む隙間が無く、しっかりと雨水を排出してくれることでしょう。

ガルバリウム鋼板は、近年住宅のいたるところに使用されています。

屋根材としてはもちろん、屋根の頂上接合部分の棟板金や雨樋、ベランダの笠木や雨戸、玄関ドアにも使用されているのです。

また生活のみじかなところでいうと、家の中では冷蔵庫や電子レンジの金属部分、外に出てみるとガードレールや自動販売機の金属部分などにもほとんどこのガルバリウム鋼板が使用されています。

関連ページ

剥がした瓦を葺き直します

なんばん漆喰とは
金属屋根の葺き直しが終わったら、一旦剥がしていた瓦を復旧させるため葺き直していきます。

前述のとおり、以前瓦を葺く時に下地として主流であった葺き土は現在では使用しません。

土葺きの屋根の場合、瓦は粘土が含まれた葺き土の粘りによってのみ接着されており、震災や台風などの風災に弱く、災害時に瓦が剥がれたり連続して崩れて落下したりするケースが多いのです。

現在では土台としてなんばん漆喰を施工し、その上に瓦を設置して1枚ずつ釘止めをして下地と緊結させる施工法が主流です。
昔から屋根や外壁に使用されている漆喰は、石灰を主成分とし、すさや海藻のりなどを加えて水で混ぜたものです。

その漆喰に粘土や油脂、特殊なシリコンなどの防水材を加えたものがなんばん漆喰です。

普通の漆喰と違って防水性が高く、耐久性も高いため、瓦同士の密着度が保たれ、瓦屋根の経年劣化を防ぎます。

関連ページ

金属屋根の葺き替えと瓦屋根の一部葺き直し工事完了しました

伊丹市 庇葺き替え工事完成
庇部分の金属屋根の葺き替えと合流部分の瓦屋根の葺き直しが終わり、工事完了です!

頑丈なガルバリウム鋼板製の屋根に生まれ変わり、合流部分の瓦も耐久性の高いなんばん漆喰で葺き直したことで美しく頑丈に仕上がりました。

強い雨風の時にも雨水の浸入を防ぎ、長くお住まいを守ってくれることでしょう!

およそ2日間かかり、綺麗に修繕出来ました。

関連ページ

屋根の点検や修理ご相談なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店代表
屋根の修理といっても、今回のような金属屋根の交換工事から、瓦やスレートなどの屋根材1枚の交換、屋根全体の葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事の現場ブログ

雨漏りによる天井の抜け落ち

2019/02/05/ 伊丹市で雨漏り発生、原因は板金屋根の劣化でした。

伊丹市で雨漏り発生、原因追及のための現場調査の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは、街の屋根やさん松本です。雨漏りは一瞬にしてこのように天井のボードを落としてしまう事があります。以前に一度雨漏りが発生し、その時は修理をした...........

伊丹市 庇現状

2019/09/17/ 伊丹市 金属屋根の葺き替えと瓦屋根の葺き直し工事を行いました

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、伊丹市にお住まいの方から「庇の金属屋根を交換したい」というご依頼があり、金属屋根の葺き直し工事屋根と、その庇と接していた瓦屋根の一部葺き直し工事をおこなった様子をご紹介いたします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万
施工事例

伊丹市 屋根塗装工事の施工事例です!

IMG_0398-1
IMG_4122
工事内容
屋根塗装
使用素材
スーパーシリコンルーフペイント(関西ペイント)
築年数
約30年
建坪
保証
施工完了日より5年間
工事費用
約78万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事 着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

※2020年8月4日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市中央区で屋根工事をおこないました。工事の内容は、「棟板金(むねばんきん)の交換」工事です。屋根頂上を守る棟板金が、台風による強風で飛散してしまっていました。今回、屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735