オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

芦屋市 【瓦差し替え】台風で崩壊した瓦屋根の修理をおこないました


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

本日は、芦屋市にお住まいの方からご依頼があり、台風によって崩壊した瓦屋根の修理を行いました様子をご紹介いたします。

台風によって棟が崩壊し、剥がれて飛散した瓦が屋根全体にぶつかったため、何十枚もの瓦が割れてしまったとの事でした。

台風や地震などの災害があると、お住まいの中でも影響を受けやすい屋根部分が被災している光景をよく見かけます。

悲しくも残念ながら、災害を阻止することは出来ません。

私たちにできることは、「できるだけ被害を小さくする」ことと「被災後に適切な処置をする」の2つに尽きます。

被災後にご自身で屋根にのぼって被害を確認したり、修理を試みようとするのは大変危険です。

屋根のプロによる無料の屋根点検を利用して、安全に適切に被害を確認し、メンテナンスを検討されることをオススメいたします。

関連ページ


台風被害にあった瓦屋根の修理をおこないました

それでは、台風によって瓦が剥がれて崩壊した棟の修理と、壁際の面戸瓦、平部(屋根の斜面部分)瓦の差し替えをおこなった様子をご紹介していきます。

瓦屋根の棟とは?

瓦屋根の棟
そもそも屋根の棟(むね)とは、屋根面どうしが山型に交差する部分をさします。

瓦屋根の棟の場合は、屋根面どうしの交差部分を雨風から守るため、半円型の冠瓦や短冊型ののし瓦を積んで仕上げてあるのが一般的です。

棟は屋根の頂上に位置しているため、常日頃から雨風の影響を受けやすく、瓦を接着している漆喰が経年劣化しやすい場所です。

そのため定期的なメンテナンスが必要な部分であり、メンテナンスが行き渡っていないと台風や地震などの災害時に一気に崩壊する可能性があります。

また、目に見えた崩壊がなくても、漆喰の経年劣化や瓦のズレによって出来る隙間から雨水が浸入し、雨漏りが発生しやすい部分でもあります。

関連ページ

既存の棟を解体します

葺き土の経年劣化
まずは、崩壊した棟部分の残っている瓦を一旦剥がし、下地の葺き土も撤去・清掃していきます。

葺き土とは、土に粘土や砂利を練り合わせたもので、ひと昔前までは瓦屋根の瓦の下地に使用されていました。(土葺き工法といいます)

屋根の下地板である野地板の上に木の皮などの下葺き材を敷き、その上に葺き土をのせて、粘土を含む葺き土の接着力で瓦を固定していく工法です。

瓦屋根の修理に行かせていただくと、まだまだこの土葺きの屋根を見かけますが、葺き土は土なので、経年劣化することにより痩せてパサパサになります。

当然瓦を接着している力もなくなるので、瓦がズレたり剥がれやすくなるのです。

近年頻発するような台風などの風災や震災に対する耐久性がなく、防災対策に注力される現在ではこの土葺き工法は採用されていません。

葺き土が舞ってご近所の方に迷惑がかからないよう、手作業で丁寧に清掃していきます。

なんばん漆喰を施工します

棟に施工するなんばん漆喰
葺き土を撤去後、なんばん漆喰という下地材を積んでいきます。

なんばん漆喰とは、元来の消石灰が主成分である漆喰に特殊なシリコンなどの防水材を練り加えたものです。

雨水に強いので劣化しにくく粘着力もあるため、現在では葺き土の代わりにこのなんばん漆喰を瓦の下地として施工します。

棟瓦を積み直します

棟の積み直し作業
1段、2段と棟を重ねていき、棟の形を整えます。

なんばん漆喰が固まる前に瓦を置いて高さと角度を調節して積み直していきます。
積み直し完了した棟
最後に棟の頂上に冠瓦を固定して、棟の積み直し完了です!

防水性の高いなんばん漆喰でまっすぐに仕上がった棟は頑丈で、見ていて気持ちがいいですね。

このなんばん漆喰も毎日雨風や紫外線の影響を受けて劣化するため、15年に1度は点検、メンテナンスをしておくことをオススメいたします。

平部の瓦を差し替えます

台風被害で割れた瓦
台風の際に崩壊した棟の瓦が斜面部分である平部の瓦にぶつかってしまい、あちこちで割れていました。

割れてしまった瓦部分からは下地の葺き土がむき出しになっており、雨が降れば葺き土に浸透してその下の野地板や屋根裏への雨漏りに繋がる状態です。

1枚1枚点検して割れた瓦を撤去していきます。
芦屋市 地瓦の差替え
撤去した部分を新しいいぶし瓦に差し替えました!

また再び雨風などさまざまな天候の影響からお住まいを守ってくれることでしょう。

面戸瓦の復旧

ズレた面戸瓦
屋根と壁の合流部を「取り合い」といいます。

瓦屋根の場合は、この取り合い部分に出来る隙間を埋めるため、短冊型ののし瓦を積んだり、このように取り合い部分の土台の形状に合わせた面戸(めんど)瓦が施工されます。

こちらの面戸瓦が一部ズレていました。

取り合い部分は雨風が吹き込みやすい部分であり、屋根下地や壁の内部に雨漏りが発生しやすい部分であるため、点検時には必ずチェックします。
芦屋市 面戸瓦の補修完了
ズレていた面戸瓦は、シリコンシーラントで元の場所に接着して復旧いたしました。

シリコンシーラントとは、シリコン主成分の接着剤です。

耐久性や防水性にすぐれており、接着力も強力なので屋内外の様々な部材の補修に使用されます。

関連ページ


以上で、台風被害にあった瓦屋根の修理完了です!

どんな屋根材でも点検・メンテナンスを心がけましょう

今回のような被災後の修理はもちろんですが災害後の被害を最小限に抑えたり、雨漏りを防いだりお住まい全体の劣化・腐食を防ぐためにも定期的な点検やメンテナンスがたいせつです。

どんな屋根材でも、メンテナンス・修理が必要な所が築年数とともに必ず出てきます。

たとえば瓦屋根の場合は、以下のような症状です。

①棟瓦の歪み
②瓦の割れや欠損
③瓦のズレ・剥がれ
④漆喰の黒ずみ・剥がれ
⑤瓦を固定する銅線の緩み

これらの症状は劣化のサインです。

こういった症状があるとすぐに雨漏りが発生するという事ではありませんが、「大したことはない」と長く放置すれば、その分傷みが拡大していき、修理する範囲も増え大がかりな工事になります。

大きなリフォーム工事にならないように、瓦の差し替えや漆喰の詰め直しなどを定期的にしておくことが、費用をかけずに長く安心できるお住まいづくりのポイントです。

関連ページ



屋根の点検や修理ご相談なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店代表
屋根の修理といっても、今回のような棟の修理工事から、瓦やスレートなどの屋根材1枚の交換、コーキング、屋根全体の葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

何より、経験や専門知識もなく屋根にのぼるという行為は大変危険です。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然かと思います。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

関連ページ



必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事の現場ブログ

瓦屋根の棟

2019/06/21/ 芦屋市 【瓦差し替え】台風で崩壊した瓦屋根の修理をおこないました

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、芦屋市にお住まいの方からご依頼があり、台風によって崩壊した瓦屋根の修理を行いました様子をご紹介いたします。台風によって棟が崩壊し、剥がれて飛散した瓦が屋根全体にぶつかったため、何十枚もの瓦が割れ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

芦屋市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

棟板金の捲れ
棟板金復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板)、下地貫板
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約27万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

庇工事着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

※2020年8月4日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市中央区で屋根工事をおこないました。工事の内容は、「棟板金(むねばんきん)の交換」工事です。屋根頂上を守る棟板金が、台風による強風で飛散してしまっていました。今回、屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735