神戸市長田区 瓦修理、棟の積み替えの様子


瓦修理のための足場工事着
神戸市長田区 瓦修理、棟の積み替えの様子を本日はお伝えしていきます。
棟瓦からの雨漏りを直す修理工事です。
まずは屋根への上り下り、転落防止のために足場を全面架けます。

そこからまずは棟の解体工事からスタートです。
棟瓦の修理 棟の解体
棟瓦を捲っています。まずは現状屋根に施工してある瓦を捲り、棟を修理する前の解体工事です。
これらの棟瓦、下地の土は不要なものとなるので、
すべて廃棄となります。
修理箇所雨漏り発生部位
この部位が一番瓦の修理が必要な箇所です。
本棟と隅棟の合流する場所です。
この部位の周りは瓦の隙間がすべてコーキング材で塞がれていた為、
瓦の中に水が入り込む可能性がありました。
瓦を捲ると、下地の土が見えますが、
写真のように湿っている状態でした。
棟修理 下地の葺き土の隙間
また、瓦の葺き土には水の流れによりできた隙間がありました。
この部位から水が侵入していることは間違いありません。
早急な棟の修理が必要です。
棟修理箇所棟木の濡れの様子
土の更に下の屋根の下地部分は雨により棟木が濡れているのを確認いたしました。
黒く下地の木が変色しているのがお分かりいただけると思います。
長い年月をかけ少しづづ濡らされ続けていた状態と推測します。
しっかりと修理させていただきます。
棟修理 棟の解体の完了
今回棟はすべて積み替えによる修理を行いますので、
全ての棟を捲りました。
IMG_2415-columns1-overlay
そして棟の施工まで雨が入り込まないよう、
ブルーシートで養生を行い本日の工程は終了です。
次はいよいよ棟を修理する工程です!

この工事の現場ブログ

雨漏り箇所

2019/04/23/ 長田区のお住まいでの雨漏り調査の様子をお伝えいたします。

長田区のお住まいでの雨漏り調査の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。雨漏り個所の様子です。先日の大雨の際に天井が濡れていることに気付いたお客様から、お問い合わせ頂きました。雨漏り個所の内壁からの距離を測り、屋根へ上ります。

神戸市長田区 ベランダ防水工事 ウレタン防水通気緩衝工法 完成

2019/08/28/ 神戸市長田区 ベランダ防水工事を仕上げていきます。

神戸市長田区 ベランダ防水工事の仕上げの工程をご紹介します。本日は先日竣工いたしました工事の、ベランダ防水工事の通気緩衝工法のウレタン塗布から仕上げまでの工程のご紹介です。写真は防水仕上がりの様子です。塗膜防水の中でも、既存の下地から上がっ...........

神戸市長田区 ベランダ防水工事 下地調整 ベランダ現状

2019/08/21/ 神戸市長田区 ベランダ防水工事を着工致しました!

神戸市長田区 ベランダ防水工事を着工致しました様子を、本日のブログではご紹介しようと思います。一言にベランダ防水と言っても、材質はいろんな種類があります。既存の防水はアスファルト防水の上に押さえコンクリートの新築施工の上に、一度以前のメンテ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........