神戸市西区のオシャレな玄関口に『風見鶏』をとりつけました。


今回のご依頼は『風見鶏(かざみどり)の取付け工事』です。

風見鶏とはニワトリをかたどった風向計。主にヨーロッパの教会堂や住宅の屋根の上に取り付けられているそうで、風向計としてよりも魔除けとして取り付けられることが多いそうです。

今回は、神戸市西区のとてもおしゃれな玄関口の上に風見鶏を取り付けたいとのご希望でした。

よく、「その通りだね~」「分かるよ~」「僕もそう思うよ~」等すべての人にいい顔をしないと気が済まない人の事を『風見鶏タイプ』といいますが、この、風によって向きを変える事からつけられています。


DSC_0008-1-columns2-overlay
こちらが今回の現場です。とてもおしゃれな玄関口です。ここに『風見鶏(かざみどり)』を取り付ければさらにオシャレになる事は間違いなしです。
DSC_0002-2-columns2-overlay
こちらが、お客様が購入された今回取り付ける『風見鶏(かざみどり)』です。下の取付け部分が稼働式で三角の棟に取付けやすい風見鶏もあるのですが、今回は下が水平タイプです。
DSC_0018-columns2-overlay
このままでは取付け用がないので、下の取付け部分をまず加工していきます。
DSC_0019-1-columns2-overlay
DSC_0032-columns2-overlay
取付け部分の周りに木を入れていきます。
DSC_0038-columns2-overlay
次に加工した棟板金を取付けていきます。
DSC_0058-1-columns2-overlay
隙間はコーキングで埋めていきます。指で入念に塗りこんでいきます。
DSC_0059-columns2-overlay
これで施工完了です。まるで最初からついていた既製品かの様に取り付けられました。

完成

DSC_0067-columns2-overlay
これで完成!!!とてもおしゃれになりました。
DSC_0066-2-columns2-overlay
風が吹く度『クルクルッと』廻ります。とても可愛らしいのですが、

・・・こういう男にはならない様心がけて生きていきます。

本日のブログは以上です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市兵庫区 屋上改修工事、塩ビシート機械的固定工法の施工事例です。

屋上ビフォー
屋上アフター
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
ビュートップU15※田島ルーフィング
築年数
約50年
建坪
約40坪
保証
7年
工事費用
90万円
施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市西区 屋上バルコニー塩ビシート防水工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0041
IMG_0879
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップU20(田島ルーフィング)
築年数
約10年
建坪
約30坪
保証
7年間
工事費用
約50万
施工事例

神戸市西区|外壁塗装・屋根塗装の施工事例

屋根塗装 屋根点検
屋根塗装 塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
下塗り アンダーサーフDS 中・上塗り ラジカル塗料パーフェクトトップ
築年数
約15年
建坪
保証
5年
工事費用
約170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市垂水区 トタン波板葺き屋根

神戸市垂水区 錆びたトタン波板の調査に伺いました様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします。現状トタンという鉄に亜鉛のメッキが施されている板金材で作られた波板で屋根を作ってあり、その大部分にサビが回り、穴が開いているとお問い合わせを頂きま...........

神戸市北区笠木の養生

神戸市北区 飛散した笠木を修理する様子をお伝えいたします。こちらは屋根上にパラペットがあり、その天端の笠木が台風により飛散したお住まいです。以前調査に伺った際に、ルーフィングを使い養生を行っておりました。この度お待たせいたしましたが、やっと...........

棟の崩れにより養生をしています 神戸市北区

神戸市北区 棟瓦の崩れ、瓦のズレを調査いたしました。現状、昨年の台風により、瓦屋根の棟瓦の一部が崩れて、そこから養生を行い、まだ業者が見つからないというお客様のもとへ伺いました。 屋根に上らせていただくと、捲れかけた養生が目に入りました。よ...........