オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市東灘区 瓦交換!無料点検から瓦交換工事の様子をご紹介します


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

今回は神戸市東灘区にお住いの方からご自宅の瓦屋根に関するお悩みをいただきました。

「屋根の端の瓦が一枚無くなってしまっている‥瓦一枚からでも交換・設置してもらえるの?」

もちろん、街の屋根やさん神戸店では瓦一枚からでも喜んで交換・設置させていただいております。

今回の街の屋根やさん神戸店・現場ブログは、神戸市東灘区で行った「瓦屋根の無料点検」と「瓦交換工事」のご紹介です。

 関連ページ 



瓦屋根の無料点検

瓦屋根の現状

神戸市東灘区 瓦交換前の無料点検
お客様がお住まいの神戸市東灘区にて、瓦屋根の無料点検を行いました。

実際に瓦屋根にのぼり確認したところ、無くなってしまったという瓦は一枚だけではありませんでした。

屋根のケラバ部分の「袖瓦(そでがわら)」(上写真)と「角瓦(かどがわら)」の数枚が無くなっていました。

ケラバ部分の瓦は通常、釘打ちして落ちにくく施工されています。

しかし、こちらのケラバ部分の瓦は釘打ちがなされていない状態でした。

釘打ちが無い代わりに、瓦同士をコーキング材(防水性向上のための建材)が繋げています。

そのため、端の耐力(その建材が耐えることができる力のこと)を得ているような状態で、ケラバ部分の瓦はすべて不安定な状態でした。

瓦だけ交換し新しく設置したとしても、他のケラバ部分の瓦がいつ落ちるか分かりません。

また、瓦が落下して人に当たると非常に危険です。

 現状 
・ケラバ部分の瓦がビスで固定されていない状態のため落下しやすくなっている

 関連ページ 


ケラバとは
ケラバとは、切妻屋根や片流れ屋根の斜めになっている側の外壁から突出した部位のことをいいます。

 関連ページ 


袖瓦とは、切妻屋根や片流れ屋根の妻側(三角部分)の造形に使用される瓦のことです。


ご提案

瓦屋根の現状から最適な修理プランをご提案させていただきました。

最初にご提案させていただいた内容は、「ケラバ部分の瓦をすべて捲り(めくり)新しい下地「なんばん漆喰」を入れてしっかりと瓦を釘打ちし固定する」という修理プランでした。

しかしお客様と話し合ったところ、上記の修理プランだとご予算的に難しいということでした。

そこで、無くなっている瓦のみ交換・設置し、部分的になんばん漆喰を入れて瓦を釘打ちし固定する」という修理プランをご提案させていただきました。

その結果、直近の雨漏りを防ぐための瓦補修という「応急処置としての瓦屋根工事」をおまかせいただくということとなりました。

 ご提案 
・落下した瓦の下地である古い葺き土を撤去し、新しい下地としてんばん漆喰を施工する
その後、新しい瓦を釘打ちしてしっかりと固定させる


瓦交換工事の施工手順~袖瓦~

袖瓦の葺き土の除去

神戸市東灘区 瓦交換修理・葺き土の除去
1.まずは、袖瓦の下地である「葺き土(ふきど)」を取れるだけ取り除いていきます。

古くなった葺き土(ふきつち・ふきど)は新しい瓦を交換・設置する際に邪魔となりますので、可能な限り取り除きます。


葺き土(ふきつち・ふきど)とは、土の重量を利用して瓦を葺いていく屋根工事法(土葺き工法)で使用される下地の土のことをいいます。

土葺き(つちぶき・どぶき)工法は、現在では耐震性の影響から行われていません。

以下の関連ページは、土葺きの瓦屋根の葺き替え・葺き直し工事の様子です。

 関連ページ 



砂状になった葺き土
2.通常、葺き土は塊になっていますが、こちらの葺き土は”土の結束”が崩れて砂のようになっていました。

かなり前から袖瓦が無くなってしまっていたと考えられます。


なんばん漆喰を施工

東灘区 なんばん漆喰を施工中
3.現在では、葺き土の代わりに「なんばん漆喰」という下地を入れて瓦の土台を作ります。

特殊なシリコンや防水材を含んでいるなんばん漆喰は、葺き土に比べて雨水が浸透しにくく非常に防水性が高い素材です。

 関連ページ 


東灘区 なんばん漆喰の量を調整中
4.なんばん漆喰を瓦交換・設置箇所に盛るように置いていきます。

瓦を上から押し当てて、既存の瓦と新しい瓦の高さ・傾斜を合わせるためになんばん漆喰の量を調整します。


袖瓦を固定

東灘区 袖瓦の交換・設置が完了
5.瓦の高さを合わせこの復旧した瓦に関して所定の場所では釘止めが出来ないため、瓦の上からパッキン付きのビスを施工し瓦を固定いたします。

これで、この袖瓦は落ちにくく設置することができました。


瓦交換工事の施工手順~角瓦~

角瓦の葺き土の撤去

東灘区 角瓦の葺き土を除去
1.瓦屋根の一番出隅の部分に設置されていた角瓦も交換・設置していきましょう。

まずは、袖瓦の交換工事と同様に葺き土をしっかりと可能な限り撤去していきます。


なんばん漆喰の施工

東灘区 角瓦設置のためになんばん漆喰を施工
2.清掃後なんばん漆喰を施工いたします。

二枚目の瓦は新しい角瓦の交換・設置のために捲(めく)らせていただきました。


角瓦を固定

東灘区 角瓦の交換・設置の完了
3.先程、捲らせていただいた瓦を元の位置に戻し上から釘打ちして角瓦の交換・設置の完了です。

これで雨の入り込みを防ぐことができました。

 関連ページ 




瓦が飛ばされた屋根を放置するべきではない理由

「瓦が何枚か飛ばされてしまった‥でも、急いで修理しなくても大丈夫だよね?」

このように思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

雨漏りしているわけでは無いし特にトラブルは無い、瓦の飛散は見た目だけの問題‥と考えて、瓦の飛散や落下をそのままにしておくと、部分的な瓦交換・設置のような比較的小規模な修理では済まなくなる場合があります。

屋根瓦が飛ばされて無くなったりズレたりしている場合、雨漏りトラブルが起きていなかったとしても早目の修理が必要です!

ここでは、その理由についてご説明いたします。

 関連ページ 


瓦が飛ばされた屋根を放置するべきではない理由①「防水シートの劣化を早める」

東灘区 破れた防水シート周辺には雨漏りの形跡あり
瓦がズレたり無い状態が続くと、屋根下地である防水シート(ルーフィング)が剥き出しとなります。

剥き出しになった防水シートは、常に日差し・雨風に晒されることになります。

強い紫外線や雨水に直接当たり続けると防水シートの劣化が進み、破れたり穴があいたりします。

すると、防水シートが雨水を通してしまい室内への雨漏りへと繋がります。

その場合、瓦交換・設置だけではなく防水シートの修理も必要となります。

 関連ページ 


瓦が飛ばされた屋根を放置するべきではない理由②「木材を腐食させる」

防水シートのしたの木材は腐食し傷みが激しい
劣化した防水シートが雨水を通してしまった場合、次はさらに下の木材にまで浸水します。

水分を多く含んだ木材は腐食して傷んでいきます。

ここまでの状態になると、瓦交換のような部分修理では済みません。

瓦屋根を長持ちさせるためには、瓦の飛散・落下・ズレなどのトラブルを見つけた場合、なるべく早目に「瓦交換工事」「瓦の並び直し工事」などの比較的小規模な屋根修理を行うことが必要です。


瓦一枚からでも交換いたします!瓦修理・リフォームは街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店で無料点検
普段、屋根の状態なんて気にしたことが無い方がほとんどではないでしょうか?

屋根は見えにくい・見ることが困難な場所です。

だからこそ、屋根修理を依頼する業者に対しても不安を感じやすいと思います。

「ちゃんと修理してくれたのかな?」

「費用は適正な価格なの?」

「本当に必要な修理なのだろうか?」

「街の屋根やさん神戸店」では、点検時・施工前・施工中・施工後も安心してお過ごしいただけるよう5つの取り組みを行っています。

神戸市東灘区で瓦屋根の修理・リフォームをお考えでしたら「街の屋根屋さん神戸店」にお気軽にご相談ください。

強引な勧誘や不要な工事の強要などは一切行っておりません!

瓦一枚からでも心をこめて丁寧に交換・設置させていただきます。

他にも、お住まいのことで分からないこと・お悩みごとがございましたら、私どもに何でもご相談くださいね!

 関連ページ 


 関連動画 


この工事の現場ブログ

釉薬瓦葺き

2018/02/21/ 神戸市東灘区 ケラバ袖瓦の飛散、現場に急行し調査を行いました!

神戸市東灘区 ケラバ袖瓦の飛散、現場に急行し調査を行った様子を本日はご紹介いさせていただきます。お客様からお問い合わせ頂いた内容は瓦が飛んで無くなっているという内容でした。築40年~50年ほどとお客様からお聞きして、とても頑張ってくれている...........

青緑袖瓦

2018/03/05/ 神戸市東灘区 ケラバ袖瓦・角瓦を新しく収め直します。

神戸市東灘区 ケラバ袖瓦・角瓦を新しく収め直す様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさん、神戸店の松本 和也です。お客様のお住まいは、青緑という瓦の色で、釉薬瓦という表面がガラスコーティングされているタイプの瓦で...........

神戸市東灘区 瓦交換前の無料点検

2018/02/28/ 神戸市東灘区 瓦交換!無料点検から瓦交換工事の様子をご紹介します

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は神戸市東灘区にお住いの方からご自宅の瓦屋根に関するお悩みをいただきました。「屋根の端の瓦が一枚無くなってしまっている‥瓦一枚からでも交換・設置してもらえるの?」もちろん、街の屋根やさん神戸店では瓦...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事 着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

神戸市中央区 棟板金の交換工事の様子をお伝えいたします。本日は台風被害による棟板金の吹き飛びを修理する交換工事のご紹介です。お施主様のお住まいの屋根は7寸勾配はあるとても急な屋根でしたので、前日に作業用足場を架設して作業を行いました。棟板金...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735