オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川西市 屋上防水工事とは?雨漏り防止のためのウレタン防水工事


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

本日は、川西市にお住まいの方からご依頼で屋上の防水工事を行った様子をご紹介いたします。

「防水工事」とは、水分や雨水の浸入が大敵である建物を守るために、屋上などの陸屋根やベランダ・バルコニーなどから漏水・雨漏りしないように防水対策を施す工事のことです。

雨漏りや、建物の腐食、劣化による美観の損失などを防ぐための大切な工事で、お住まいの建築時はもちろんのこと、築後も定期的な点検とメンテナンスが大切です。

関連ページ

今回は、「屋上の塗膜の経年劣化が原因で雨漏りが発生してしまった」との事で、ウレタン塗布の様子とともに、ウレタン防水について解説をさせていただきます。

屋上防水工事の仕上げ!ウレタン塗布を行いました

そもそもウレタン防水とは?

雨漏りを防ぐウレタン防水
ウレタン(正式名称:ポリウレタン)とは、2種類の主原料を混合し、反応させて生成されるプラスチックの一種です。

ウレタン防水工事とは、液体状のウレタン樹脂を塗布して防水層を形成し、雨水の浸入を防ぐ工事のことで、陸屋根などの屋上やベランダの防水処理として多く採用されている工事法です。

特徴その① つなぎ目が出来ず密封性の高い防水処理ができる
材質が液体状のため、どんな下地の形状にもなじんで塗布しやすく、凸凹など複雑な形状の下地でもつなぎ目のない防水層を形成することができます。
ウレタン樹脂は乾燥するとゴム状に固まるため、密封性の高い防水処理が出来ます。


特徴その②費用対効果が高い
軽量であるため、建物への負担も少なく、また安価で耐久性が高いというお住まいの防水工事としては嬉しいメリットがあります。

特徴その③既存の下地を選ばない
屋上やベランダのリフォーム時に多く選ばれる最大のメリットは、既存の下地がどんな素材であっても上から重ね塗りが出来ることです。

下地に傷みがなければ、下地をすべて剥がして工事をする必要がなく、その分工事費を安価におさえることが可能です。

特徴その④職人の技術と経験が必須!
費用対効果が高く、メリットの多いウレタン防水ですが、広い屋上などで塗料を3mm程度の厚みで均一に塗布して仕上げるウレタン防水工事は、施工する職人の腕次第でその仕上がりや耐久性が大きく変わります。

塗布前に2種類の主剤と硬化剤を撹拌させるにもコツがあり、実は難易度の高い防水工法なのです。

街の屋根やさん神戸店は、技術と経験を重ねた屋根のプロがお客様のお住まいを守るため、自信をもって、かつ丁寧にこの防水工事を行います。

関連ページ


通気緩衝(絶縁)工法で防水工事を行いました

ウレタン防水に使用する通気緩衝シート
今回ご依頼いただいたお住まいは築年数が経っており、かつ広い屋上であったため、下地の防水層が下から上がってきた湿気を多く含んでいる可能性がありました。

そんな状態の既存下地にそのままウレタン樹脂を塗布してしまうと、下地に含まれていた水分が蒸発して、新しく塗布する表面のウレタン防水塗膜に浮きや膨らみが出てしまいます。

そのため、ウレタン防水塗膜を塗布する前に無数の穴が開いた通気緩衝シートとよばれる絶縁シートを張り、塗膜と下地が密着しない状態にします。

前回のブログでは、その湿気の通り道となる通気緩衝シートを敷きこむところまでご紹介しました。

関連ページ



防水塗膜の浮きを防ぐ脱気筒を設置します

湿気や水分を排出させる脱気筒
建物にとって大敵である湿気は、下から上にのぼってきます。

上がってくる湿気を外へ排出させるため、この脱気筒を必ず設置します。

防水層内部に含まれた湿気や水分は、この通気緩衝シート部分で一時的に溜まります。

溜まった水分をこの脱気筒から排出させることで、これから塗布するウレタン防水への蒸発を防ぎ、表面の塗膜の浮きや膨れを防ぎます。

もし下地が劣化して傷んできた場合でも、塗膜に影響が出にくく、屋上全体の劣化を防ぐことが出来る大切なパーツです。

もちろん、上からの湿気は通さず、下からの湿気を排出する仕組みとなっています。

ウレタン防水の塗膜剤をつくります

ウレタン防水の主剤

ウレタン防水の硬化剤

ウレタン防水塗膜剤は、主剤1に対して硬化剤2を混ぜて撹拌して作ります。

この配合を行うことで、塗布したウレタン防水層が硬化されます。

配合のバランスを間違えると硬化不良を起こし、また撹拌をする際に缶の隅から隅までじゅうぶんに撹拌をしておかないと、ムラが出来て塗布後の仕上がりが凸凹になってしまうので注意が必要です。

ウレタン防水塗膜剤の塗布をします

塗膜剤を作り終えたら、いよいよウレタン防水塗膜剤の塗布です。
ウレタン防水塗布工程
まず最初に、通気緩衝シートのジョイント部や隅、屋上の立上り部分など、細かい塗布が必要な箇所から塗っていきます。

ウレタン防水は3mmほどの厚みを保って、塗り残しがないように丁寧に均一に仕上げていきます。
ウレタンを流し込んでいきます!
細かな作業が必要な場所が終わりましたら、土間部に一気に塗膜剤を塗っていきます。
ウレタン塗布完了
これで塗膜剤の塗布完了ですが、まだ防水工事の完了ではありません。

ここから、十分に乾燥時間を置き、ウレタンが乾くまで待ちます。

トップコートを上塗りします

ウレタン防水はトップコートで表面を保護します
ウレタンが乾いたら、ウレタン防水層を守るトップコートを上塗りしていきます。

ウレタン防水剤の塗布が完了した時点で表面にツヤもあり、施工完了にも見えますが、ウレタン防水剤は紫外線や熱に弱い性質があり、このままでは10年ももちません。

トップコートでウレタン防水層の表面を保護することにより、防水性能の劣化を防ぎます。

また、トップコートは色のバリエーションも豊富なので、建物のデザインに合わせたご希望の色に仕上げることができます。

ウレタン防水工事完了です

ウレタン防水工事(通気緩衝法)完了した屋上
トップコートを塗り終えましたら、ウレタン防水工事(通気緩衝工法)の完成です。

ムラや表面の凸凹もなく、綺麗に仕上がりました!

雨漏りの心配なく、安心できるお住まいづくりに少しでもお役立ち出来れば幸いです!

屋根・屋上の点検や修理ご相談なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
屋根や屋上の修理といっても、今回のような陸屋根の屋上防水工事から、瓦やスレートなどの屋根材1枚の交換、屋根全体の葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事の現場ブログ

樹脂モルタルカチオンフィラー

2017/05/22/ 川西市 ウレタン防水工事 通気緩衝工法下地調整の続きをご紹介いたします。

こんばんは!街の屋根やさんの松本和也です!川西市で先日着工いたしました、ウレタン防水工事 通気緩衝工法の続きの工程をご紹介いたします。前回は現状で浮きが確認できた既存の防水層をケレン作業をして浮いている防水塗膜の撤去の様子をお伝えいたしまし...........

バルコニークラックの補修

2017/05/15/ 川西市 クラックを見つけたので、簡易的ではありますが補修を行いました。

こんにちは!街の屋根やさんの松本和也です!本日の現場ブログは、川西市のお客様のお住まいで、屋上の防水工事を監督させていただいた際に、構造クラックを見つけたので、簡易的ではありますが、補修を行いました。構造クラックとは、クラックの幅が0.3m...........

樹脂モルタルカチオンペースト完了

2017/05/23/ 川西市 ウレタン防水工事通気緩衝シートを敷きこむ準備を行います!

こんばんは。街の屋根やさん、神戸灘店の松本和也です。本日の現場ブログでお伝えいたしますのは、川西市、ルーフバルコニーの防水工事の様子をお伝えいたします!前回の工程では、既存の下地の状態を整える樹脂モルタルを、施工面に塗布し。状態を整える工程...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市兵庫区 屋上改修工事、塩ビシート機械的固定工法の施工事例です。

屋上ビフォー
屋上アフター
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
ビュートップU15※田島ルーフィング
築年数
約50年
建坪
約40坪
保証
7年
工事費用
90万円
施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市長田区 ベランダ防水工事 ウレタン防水通気緩衝工法 完成

神戸市長田区 ベランダ防水工事の仕上げの工程をご紹介します。本日は先日竣工いたしました工事の、ベランダ防水工事の通気緩衝工法のウレタン塗布から仕上げまでの工程のご紹介です。写真は防水仕上がりの様子です。塗膜防水の中でも、既存の下地から上がっ...........

神戸市長田区 ベランダ防水工事 下地調整 ベランダ現状

神戸市長田区 ベランダ防水工事を着工致しました様子を、本日のブログではご紹介しようと思います。一言にベランダ防水と言っても、材質はいろんな種類があります。既存の防水はアスファルト防水の上に押さえコンクリートの新築施工の上に、一度以前のメンテ...........

神戸市北区テラスからの雨漏り

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。雨漏りというと、「天井からポタポタと水が落ちてくる」というイメージが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、雨漏りの症状は実にさまざまです。先日、兵庫県神戸市北区にご在住の方からお問い合わせをい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735