オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市須磨区で屋根カバー工事|頑丈なガルバリウムで安心修理!


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事をおこないました。

「1階居室天井からたびたび雨漏りが発生している」そうで、雨漏りの原因を調べてほしいと弊社にお問い合わせ頂き、まずはお住まいへ雨漏り点検に伺いました。

今回のブログでは、神戸市須磨区での雨漏り点検から屋根カバー工事をおこないました現場の様子を写真とともに解説・ご紹介していきたいと思います!

 関連ページ 

神戸市須磨区にて点検をおこないました

今回はこちらのお住まいで屋根カバー工事をおこなったのですが、「街の屋根やさん神戸店」では実際に工事をするかしないか、屋根リフォームを行うとすればどんな方法があるかなど、お客様にとって最適なご提案ができるようにまずは雨漏り診断・屋根工事のプロによる無料点検をおこなっております。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて雨漏り点検① 雨漏り箇所

雨漏り箇所


上写真は、お問い合わせのきっかけとなった雨漏り箇所である1階居室のシーリングライト周りです。

雨漏りが発生した天井には、家主の方がジプトーンという天井材を使ってご自身で張り替えている状態でした。

神戸市須磨区にて雨漏り点検② 屋根裏

屋根カバー工事前に発見 雨漏り箇所天井裏
雨漏りしている居室の真上は下屋根になっており屋根裏がありましたので、屋根裏内部も点検させていただきました。

前日雨が降っていたこともあり、まだ屋根裏内には乾く前の状態の雨水がたまっている状態です。

梁、天井下地の野縁にも雨染みが付いており、長期的な雨漏りが続いていることがわかりました。

神戸市須磨区にて雨漏り点検③ スレート屋根

屋根調査時カラーベスト屋根
では実際に屋根に上り、雨漏りの原因調査を行います。

屋根材はカラーベストという薄型化粧スレートで葺かれた屋根でした。

全体的に一度塗装のメンテナンスが施しており、表面塗膜の状態から1,2年前に塗られていると推測します。

 関連ページ 
根カバー工事前に発見 カラーベストの縁切りが行なわれていない
こちらのカラーベスト屋根は、塗装の際に屋根材の隙間の大部分をふさいでいる状態でした。

お話を聞くと塗装を行う前にも雨漏りが発生したそうで、ご主人ご自身で屋根を塗ってメンテナンスを行ったとのことでした。

その再塗装の際に埋まり切らなかった、目視では確認できないレベルの隙間などから雨水が吸い込まれ、屋根材の裏に溜まり、屋根材下の防水シートの層まで雨水が浸入して、雨漏りが発生している状態です。

神戸市須磨区にておこなった雨漏り点検結果

雨漏り点検の結果、雨漏りの原因は以下のとおりです。

雨漏りの原因
●スレート屋根の劣化
スレート劣化を補うための再塗装時に埋まりきらなかった微細な隙間から雨水が浸入
スレートの下に敷設してある防水シート(屋根下地)が劣化し、屋根裏まで水分が浸透している

雨漏りを解決する屋根工事工法としては、以下の方法があります。

屋根の葺き替え
これまでのスレート屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替える工法
屋根カバー工事
現在のスレート屋根をほぼそのまま残し、上に新しい屋根を載せて覆う工法

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根カバー工事をおこないました

家主の方と屋根工事についてお話した結果、今回は屋根カバー工事に着手する運びとなりました。

今のスレート屋根を残し、上から新しい屋根材を載せて覆う工法です。

屋根カバー工事には以下のようなメリットがあり、選ばれるお客様が多いです!

屋根カバー工事のメリットその① 解体工事が不要
既存のスレート屋根を解体せずに済むので、解体工事費用や廃材処理費用が節約できます。

屋根カバー工事のメリットその② 工期を短縮できる
解体しない分、工期も短くて済みます。
工事の期間中は足場やメッシュシートを架設しておこないますので、普段と違って落ち着かないかもしれません。工期が短く済むのは大きなメリットというお客様は少なくありません。

屋根カバー工事のメリットその③ 環境に優しい
サステナブル、SDGsといった用語も一般化してきた昨今では、普段から地球環境問題について意識されるお客様もたくさんいらっしゃいます。
廃材が少なくなり、また廃材を運搬する回数も減らせる屋根カバー工事は、環境負荷が少なく、エコな屋根リフォーム方法といえます。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事① 屋根材の搬入

屋根カバー工事着工、部材搬入
屋根カバー工事着工初日は、屋根材の搬入からスタートいたします。

今回はガルバリウム鋼板製の立平という材料を使い屋根をカバーしていきます。

ガルバリウム鋼板は、鉄を板状にしたものにアルミニウムと亜鉛とシリコンの合金をめっきしたものです。

本来は錆びやすい鉄に錆びにくいアルミや亜鉛でめっきしただけで、鉄が空気に直接触れることがなくなるので、酸化しにくく、錆びにくくなり、耐用年数が長く頑丈な屋根材になります。

 関連ページ 

神戸市須磨区にて屋根カバー工事② 防水シートの敷設

片面粘着ルーフィング設置
屋根材を張る前に防水シート(2次防水層)を新しく作っていきます。

屋根は、表面を守る1次防水層(カラーベストや瓦など表面の屋根材)と内側の2次防水層(屋根はアスファルトルーフィング、壁は透湿防水紙、アスファルトフェルト)に分かれています。

表面の屋根材は、どうしても太陽光による劣化から起こる破損、暴風雨などの吹き込みにより雨水の浸入を許してしまう事があります。

そういった際、入ってきた雨水からお住まいを守る防水層が施してあります。

屋根カバー工事を行う際も同様に2次防水層を作成します。

カバー工事の際は硬いセメントの屋根材の上に施工するので改質アスファルトルーフィングのグレードが必要となります。

今回は防水シート裏面に粘着層が付いているカスタムライトを使用して屋根に固定を行います。

ルーフィング取付完了
屋根全体をカスタムライトを使い覆います。

これで2次防水層の作成の完了です。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事③ 箱樋の設置

軒先の箱樋取付
こちらの屋根は、軒先、ケラバ部分がパラペット(立上り壁)になっているため軒先は箱樋となっています。

ガルバリウム鋼板の平板を現場で折り曲げて加工して、箱樋を折り軒先に設置しカバーしていきます。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事④ 屋根材の設置

立平施工開始
いよいよ、表面の屋根材となるガルバリウム鋼板を設置していきます。
立平敷き込み完了
並べて設置していき、しっかりと固定してきます。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事⑤ 雨押え板金の取付け

屋根カバー工事時に立平葺きの壁際雨押え取付
壁と屋根の接続部分には隙間が出来るため、雨水が浸入しないように雨押え板金とよばれる板金を取り付けます。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事⑥ コーキング

屋根カバー工事時に雨押えと壁の取り合いのコーキング打ち
さらに、雨押え板金と壁の接続部分はコーキングでわずかな隙間を埋め、防水処理を行います。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事⑦ 内壁の防水処理

屋根カバー工事時に立平葺きのパラペット壁へ板金を貼ります。
パラペットの内壁は雨水が浸入しやすい箇所のため、ガルバリウム鋼板を貼ってカバーをしておきます。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事⑧ 窓枠の防水処理

屋根カバー工事時のトップライト(天窓)のガラス取り合い部のコーキング
こちらのお住まいにはトップライトがありましたので、窓枠とガラスの接続部分をコーキングしておき、防水処理をおこないました。

神戸市須磨区にて屋根カバー工事完了

神戸市須磨区で屋根カバー工事なら「街の屋根やさん神戸店」へ

街の屋根やさん神戸店 松本和也
一口に屋根工事といっても、このように新しい屋根を被せる屋根カバー工事、劣化した箇所のみを補修する部分改修工事、屋根全体を直す葺き替え・葺き直し工事といろいろな工事があります。

「街の屋根やさん神戸店」では、お客様のご希望や今後の居住プラン、ご予算など現状の状態に合わせた様々なご提案をおこない、常にお客様に本当に喜ばれる屋根工事をご提供させていただきます!

関連ページ



この工事の現場ブログ

雨漏り箇所

2020/12/04/ 神戸市須磨区で屋根カバー工事|頑丈なガルバリウムで安心修理!

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。神戸市須磨区にて屋根カバー工事をおこないました。「1階居室天井からたびたび雨漏りが発生している」そうで、雨漏りの原因を調べてほしいと弊社にお問い合わせ頂き、まずはお住まいへ雨漏り点検に伺いました。今回の...........

IMG_8089

2017/01/10/ 神戸市 築二十年の増築部分にて、天井に水漏れが発生

本日の現場ブログは、神戸市 増築部分の下屋根から、居室天井に雨漏りが発生しているとのことで、無料現場調査を行ってきた様子をお伝えします。増築部分は築20年ほど。現場の様子をお伝えします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

神戸市長田区 下屋根瓦棒カバー工事と雨樋交換工事をご紹介します

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万
施工事例

須磨区 下屋根カバー工事立平葺きの施工事例です。

IMG_0110
IMG_1659
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平 JFE鋼板株式会社 極みMAX
築年数
約20年
建坪
保証
7年
工事費用
約33万
施工事例

神戸市須磨区 漆喰詰め直し工事の施工事例をご紹介します!

漆喰詰め直し工事
漆喰詰め直し工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰(シマダ物産)
築年数
30年
建坪
50坪
保証
1年
工事費用
約55万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事前点検に発見した雨染み

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、神戸市須磨区にて点検と屋根工事を行いました様子をお届けしたいと思います。2年前に屋根工事で塗装をしたのに雨漏りが発生してしまったそうです。ところが施工した塗装業者に取り合ってもらえず困っているご...........

雨漏り現場の他社養生

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、神戸市中央区にて雨漏りが発生した屋根に屋根カバー工法を用いた工事をおこない、雨漏りを解決しました様子をご紹介いたします!上写真は、「雨漏りしてきたためブルーシートで養生しているので見てほしい」と...........

屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735