オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

芦屋市 屋根リフォーム|部分的なリフォームで雨漏り解決!


屋根リフォームお問い合わせのきっかけ

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!

本日は、芦屋にお住まいの方から雨漏りのご相談と屋根リフォームについてお問い合わせがあり、雨漏りの原因となっている部分を屋根リフォームしました様子をご紹介いたします。

2階建てのお住まいの1階で雨漏りが発生し、お客様がインターネットで屋根リフォーム会社を探して、弊社にお問い合わせをいただいたとの事でした。

以前から継続的に雨漏りが発生してようですが、「最近落ちてくる雨の量が増えた・・」とのことで台風前にご連絡を頂きました。

まずは雨漏り診断と屋根リフォームのプロが現状を把握するため、無料点検に向かいました。

 関連ページ 


雨漏り箇所
1階の天井はお客様がめくっている状態で、無料点検当日は雨が降っていた為、実際に水が滴っているところを確認出来ました。

2階壁の隅をつたって雨水が落ちてきている状態です。

屋根リフォーム前に丁寧に点検します

屋根リフォーム前のカラーベスト屋根
お客様は2階部分の屋根と壁との合流部が雨漏りの原因とお考えで、ご自身で養生シートを張っておられました。

しかし、そこに雨が入り込むような場所は無く、原因は大屋根にあると推測いたしました。

大屋根にのぼると、カラーベスト【コロニアル】という材料で葺かれた屋根でかなり綺麗な状態で2~3年以内に屋根リフォームを行っている形跡がありました。

原因は劣化した谷板金

谷板金の様子
屋根の中で水が集まる谷板金の状態を点検しました。

雨漏り発生箇所から考えると、この谷板金廻りから入り込んだ雨水は十分に件の箇所まで向かってしまう事が考えられます。

谷板金を見てビックリいたしました。

屋根は全体的に新しい屋根材へ屋根を替える屋根リフォーム(葺き替え)を行ってあったのですが、その際に谷板金は替えていなかったようです。

谷板金だけ新築当初から葺かれているだろう谷板金を利用して屋根が葺かれていました。
谷板金の穴あき
屋根の中でも雨水が最も集まる箇所のみ屋根リフォームが行われていない状態と同じことですので、築30年の谷板金が今も屋根を頑張って守ってくれている状態です。

この銅板の谷板金は30年よく頑張ってくれていたと思いますが、銅はかなり柔らかい金属の為、劣化や30年間の飛来物などでところどころ穴が開いている状態です。

谷板金養生
谷板金はそもそも雨水の通り道として施工されているので、この部位に穴が開いてしまうとかなりの水量が穴から入り込み、屋根下地を傷めて雨漏りに必ずつながります。

屋根全体は綺麗でも、この部分の屋根リフォーム工事が早急に必要な状態です。

以上の事をお客様にご説明させていただき、工事完了までの雨をしのぐために応急処置として防水テープで養生を行いました。

 関連ページ 

屋根リフォーム工事着工

今回ご提案させていただいた屋根リフォーム工事は、谷板金と隣接する屋根2面の部分葺き替え工事です。

 関連ページ 

足場の架設

着工 部分足場架け
工事範囲の軒先部分のみという最小の範囲で足場を架設させていただきました。

屋根リフォームを行う場合は、作業員の安全確保のため、また足場に設置するシートを使い廃材や屋根材の欠片などの飛散防止の役割で足場を設置して作業を行います。

足場が倒れてしまわないように工夫はいりますが、部分的に組むことが出来ます。

屋根リフォームをする部分の屋根材を捲り撤去

着工 既存カラーベスト捲り
次なる屋根リフォームの工程は、屋根材の捲り・撤去です。

穴が開いている谷板金は表面のカラーベストの下に入り込んでいるため、カラーベストの根を一度捲り、谷板金を設置後、また屋根材を葺き納めていきます。

撤去する過程で屋根材は割れますので、新しい屋根材を部分葺き替えという屋根リフォームが必要となります。

防水シートの増し張り

アスファルトルーフィング
屋根2面を捲り、その上に防水シートを新たに増し張りします。

アスファルトルーフィングという防水シートで、アスファルトを基材としたシートです。

屋根材を撤去する際カラーベストにくっついて破れてしまう事が多い為、新たに上に敷きこんで屋根の防水性能を保ちます。

屋根リフォームの際には必ず行わなければいけない工程です。

 関連ページ 

新しい谷板金の設置

谷板金施工
新たな谷板金を設置します。

新しいものはガルバリウム鋼板という金属を用いた谷板金を使い屋根リフォームを進めます。

今回屋根リフォームしたい部位は谷板金ですが、谷板金を新しくするためにこれだけの範囲の工事が必要になります。

必ず屋根を全体的に工事する場合はその部位と取り合っている場所は一緒にリフォームしなければいけないことがお分かりいただけると思います。

カラーベストの葺き替え

カラーベスト葺き始め
カラーベストの【コロニアルクァッド】を屋根を葺いていきます。

軒先から順番に上に重ねていき、屋根リフォームを進めていきます。
カラーベスト葺き
コロニアルが葺きあがりました。

屋根の形状に合わせて、コロニアルを加工をして納めていきます。

棟板金の設置

葺き替えたカラーベストと既存の屋根の頂点部棟
屋根リフォーム最後の工程です。

屋根の頂点部は屋根材の隙間が生まれるため、この隙間をふさぐ板金材を取り付けていきます。
棟下地貫板
下地に棟を固定するための貫板という木材を取り付けます。


カラーベスト棟下地貫板棟取付
貫板に棟板金を横からビスを使い固定します。

これで雨水の侵入口となる隙間のない、新しい屋根に生まれ変わりました!
before1
屋根リフォーム前のカラーベスト屋根
屋根リフォーム前
vertical
after1
芦屋市 屋根リフォーム完成
屋根リフォーム【屋根部分葺き替え】完成です。

谷板金も新しいものに入れ替えて雨漏りも無事止まりました!

屋根の状態にもよりますが、屋根を一新するリフォーム工事【葺き替え】は部分的にも行えます。

屋根リフォームや修理ご相談なら「街の屋根やさん神戸店」へ

街の屋根やさん神戸店 松本和也
屋根リフォームといっても、今回のような部分的な屋根リフォームから、瓦やスレートなどの屋根材1枚の交換、劣化した部分を補修するコーキング、屋根材ごと新しく葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見の外観だけで原因を判断するのは難しいものです。

何より、経験や専門知識もなく屋根にのぼるという行為は大変危険です。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然かと思います。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因が何だろう」
「どんな解決方法があるだろう」
「劣化のレベルはどれぐらいだろう」
「修理費用がどのくらいかかるかわからない・・」

といった屋根リフォームや修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるか、どんな屋根リフォーム方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事の現場ブログ

雨漏り箇所

2020/09/18/ 芦屋市 屋根リフォーム|部分的なリフォームで雨漏り解決!

屋根リフォームお問い合わせのきっかけ

雨漏り 1階天井裏の様子

2019/05/15/ 芦屋市 雨漏り点検のため屋根を調査しました

芦屋市 雨漏り調査に伺いました様子を、本日はお伝えしようと思います。現場に調査に伺った際の写真です!1階の脱衣所天井から台風の土砂降りの際、天井から雨漏りが発生したとのことで、点検口もあり、屋根裏の様子も到着し次第見させていただきました!雨...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

神戸市 屋根葺き替え工事 ビフォー
神戸市 屋根葺き替え工事アフター
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円
施工事例

神戸市兵庫区 屋根部分葺き替えの施工事例

IMG_2981
コロニアルへの葺き替え完成
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクァッド ケイミュー
築年数
建坪
約30坪
保証
工事費用
約40万

同じ地域の施工事例

施工事例

芦屋市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

棟板金の捲れ
棟板金復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板)、下地貫板
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約27万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏りにより天井を捲っている様子

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。本日は、三田市にて雨漏りが発生した瓦屋根の雨漏り調査と、その後ガルバリウム立平葺きへと葺き替え工事をおこなって雨漏りを解決しました様子をご紹介いたします! 関連ページ 「雨漏りでお困りの方おまかせくださ...........

庇工事着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市須磨区 葺き替え工事立平葺き 防水シート張り

神戸市須磨区 葺き替え工事立平葺きをご紹介いたします。ガルバリウム鋼板製の屋根材の中でも縦葺きの材料の立平。雨に最も強い屋根材の一つです。前回のブログで下地野地板の新設までが完了しておりますので、今回は屋根材の施工の様子をお届けいたします。...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735