明石市にて三段熨斗瓦の大棟の崩れ調査させていただきました。


明石市のお宅より、三段熨斗瓦の大棟の崩れ調査の依頼がありましたのでご紹介します。

大棟の歪み、三段熨斗瓦のズレ、漆喰の悲惨、剥がれなどが見られました。

早速見ていきましょう。
熨斗瓦の剥がれ
漆喰の上に積まれているはずの三段熨斗瓦が、
なくなっていました。
瓦のズレ
こちらは本体(平部)です。
瓦棟
大棟ですが、本来ならまっすぐ並んでるはずなのですが、
歪んでいるのが分かりますね。
熨斗瓦ズレ
近くで見てみましょう。
大棟の下に積まれている三段熨斗瓦がガタガタになっています。


熨斗瓦のズレ
三段熨斗瓦の下に漆喰が詰められているはずなのですが・・・
なんばん漆喰剥がれ
こちらから見ての通り。

このままにしておくと、雨水が浸入し、
雨漏りの原因にも繋がります。
漆喰剥がれ
先程の漆喰はこの様に、割れて飛び出ていました。
熨斗瓦崩れ
こちら、三段熨斗瓦が崩れ落ちています。

このままじゃ、いつ落ちてきてもおかしくないですし、大変危険です。
この様に、ズレたり崩れたりしている棟瓦や、熨斗瓦のズレ、
漆喰が飛散していたりしていると、
葺き土(下地用の土)を伝い、
雨漏りの原因にも繋がります。
早急な判断でお客様のお宅がより快適に過ごせまように。

スッタフ一同誠心誠意努めてまいります。
屋根調査、屋根工事のご相談は、街の屋根やさんにお問い合わせくださいませ。


この工事の現場ブログ

木造2階建て住宅

2019/02/08/ 明石市にて雨漏箇所を特定するため散水試験をしました。

明石市より、雨漏り箇所を特定するため散水試験をしました。まずお問い合わせの際に、「雨漏りしている。」っとおっしゃられていた場所をお聞きし、散水試験をさせていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........