オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市北区 雨漏り調査!プロが無料で雨漏りの原因を究明いたします


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

雨漏りというと、「天井からポタポタと水が落ちてくる」というイメージが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

しかし、雨漏りの症状は実にさまざまです。

先日、兵庫県神戸市北区にご在住の方からお問い合わせをいただきました。

「雨が降るたびにテラスの屋根から雨がしたたり落ちて雨漏りしている…」

室内ではなく「テラスの屋根から水がしたたり落ちてくる」とは、一体どのような状況なのでしょうか?

また、テラス屋根からの雨漏りの原因は何なのでしょうか?

早速、街の屋根やさん神戸店スタッフが兵庫県神戸市北区へ向かい無料雨漏り調査をさせていただきました!

 関連ページ 


神戸市北区にて無料雨漏り調査をおこないます

兵庫県神戸市北区に到着いたしました!

雨漏りトラブルの原因を徹底的に調査させていただきます。

無料雨漏り調査①「ウッドデッキ」

神戸市北区テラスからの雨漏り
お客様がお住いの兵庫県神戸市北区に到着いたしました。

ご挨拶をさせていただき、早速、無料雨漏り調査を実施させていただきます。

とても大きなテラスでお住まいの間口いっぱいに施工してあります。

テラスにはウッドデッキがあり、せっかく取り付けたテラス屋根から発生した雨漏りによって、ウッドデッキ全体が雨で濡れている状態でした。

このままでは、ウッドデッキが雨水により傷んでしまいます。


無料雨漏り調査②「テラス屋根」

テラス屋根のつなぎ目部分です
雨漏りしているというテラスの屋根を調査していきましょう。

ポリカ(ポリカーボネート)パネルタイプのテラス屋根です。

2つのテラス屋根を中間で結合させ、ひとつの大きなテラス屋根にしてあります。

上写真の真ん中あたりの屋根周辺が少し白っぽくなっているあたりが、屋根と屋根のつなぎ目となります。


ポリカーボネート板
ポリカーボネート(ポリカ)とは、強化プラスチックともよばれる、非常に衝撃に強いことが特徴のプラスチック素材です。

そのため、ポリカーボネートは防弾材料としても使用されています。

他にも、ヘルメット・スーツケース・飛行機の内窓などにも使用されています。

衝撃に強い上、ガラスと同等の透明性をもつポリカーボネートはテラスの屋根材としても定番化しています。

ポリカは、紫外線をほぼ完全に防ぐ効果も持ち合わせているため、テラスの屋根材としてはもちろん、カーポートの屋根としても大変人気が高いです。

紫外線を防ぐことにより、自動車の塗装の色あせを防止してくれるメリットもあります。

 関連ページ 


無料雨漏り調査③「外壁とテラス屋根の継ぎ目」

テラス屋根の雨漏りするあたり
外壁が少し突出している部分のテラス屋根辺りから、雨が降るたびに水が漏れ落ちて雨漏りするということです。

テラス屋根の下にはウッドデッキが設置されており、水浸しの状態が続くと木材が腐食して劣化を早めることになります。


無料雨漏り調査④「屋根板同士の継ぎ目~コーキング~」

神戸市北区テラスからの雨漏り テラスを連結している場所
上写真は、2つのテラス屋根の接合部です。

そのため、防水性・気密性向上のためのコーキング材が施工されていました。

コーキング材は経年劣化(時間とともに品質が低くなること)以外にも、紫外線や温度の変化・雨風などによって傷んでいきます。

劣化したコーキング材は、「ひび割れ」「肉痩せ(厚みが減る)」「剥がれ」などの症状が出てきます。

今回調査したところ、この部分のコーキング材に雨漏りの原因となる雨水の浸入口(ひび割れや剥がれなど)は見つかりませんでした。
コーキング材(防水材)を施工しています
コーキング材とは防水性・気密性を向上させるための建築材料です。
シーリング材ともよばれます。

「コーキング」には"隙間を埋める"や"詰め物をする"という意味があります。

コーキング材の耐用年数(寿命)は一般的には7~8年程度といわれています。

コーキング材には、「シリコン系」(シリコン樹脂が原料)・「変性シリコン系」(ウレタン樹脂が原料)とがあり用途によって使い分けられます。

 関連ページ 


無料雨漏り調査⑤「外壁とテラス屋根の継ぎ目~コーキング~」

防水性・気密性向上のためのコーキング施工
外壁とテラス屋根の躯体(くたい)の隙間には、雨漏り防止のためのコーキング材(防水材)が施工されています。

テラス屋根のコーキング施工部周辺にうっすらと見える白いものは、コーキング材の可塑剤(柔らかさを保つためのもの)が流れ出して、白っぽく色がついたものが付着したものです。


神戸市北区テラスからの雨漏り 壁際の納め
上写真は、壁際の納まり(外壁とテラス屋根のつなぎ目)のコーキングの施工箇所です。

防水性の高いコーキング材がしっかりと充填されており十分な厚みも取れています。

雨漏りの原因となっている雨水の浸入口はどこなのでしょうか?

さらに至近距離で調査を進めていきましょう。


無料雨漏り調査⑥「雨水の浸入口の発見」

雨漏り原因は窓際の防水塗装のヒビからでした
さらに至近距離で調査をしたところ、雨漏りの原因となっている「雨水の浸入口」が見つかりました!

雨漏りの原因となる「雨水の浸入口」は、外壁とテラス屋根のつなぎ目のコーキング材の切れ目でした。

目視してもほとんど分からない程に微細な隙間が、コーキング材の乳白色の部分と少し黒みがかった部分の間に生まれています。

この微細な隙間(切れ目)から、雨水が少しづつ吸い込まれて雨漏りへと繋がっていました。

狭い隙間であればあるほど雨水は表面張力により入り込んでいきます。(これを毛細管現象といいます)

雨水が浸入した場合、まわりはコーキング材により防水されており雨水が抜けなくなります。

そして、長い時間溜まった雨水によりコーキング材も少しづつ剥がれてしまうのです。

そして、雨漏りとなって真下のウッドデッキに雨水が落ちてきます。


毛細管現象(もうさいかんげんしょう)とは、液体が微細な隙間へ上下左右(重力)に関係なく浸透していく現象のことです。

例えば、ジュースが入ったコップにストローをさします。

すると、ジュースの水面よりもストロー内の水面の方が高くなります。
これが、毛細管現象です。

また、細く狭い空間ほど中の液体は上昇(浸透)します。

 雨漏りと毛細管現象の関係 
毛細管現象が屋根周辺で起こった場合、雨漏りへつながる可能性が高くなります。

屋根に雨漏りが発生し、屋根材に目立つような破損・割れなどの原因が見つからない場合、どこかに毛細管現象が起こっている可能性があります。

目視できない程に細く狭く微細な切れ目に起こるのが「毛細管現象」なのです。


無料雨漏り調査 結果と修理のご提案

神戸市北区テラスからの雨漏り 壁際のシール材の切れ目
今回の雨漏り調査の結果、テラス屋根からの雨漏り原因は、テラス屋根と外壁の結合部に施工されたコーキング材の切れ目と判明しました。

本来、防水性を高めるために施工されるコーキング材ですが、劣化により微細な切れ目ができ、そこから雨水が浸入して雨漏りへとつながっていたのです。

雨漏り調査の際に撮影したお写真をお客様にご覧いただきながら、現状をしっかりとご説明差し上げました。

雨漏り修理として、防水性・気密性向上のための新しいコーキング材を増し打ちしすることをご提案させていただきました。

 関連ページ 


神戸市北区で雨漏り調査なら「街の屋根やさん神戸店」へ

街の屋根やさん神戸店 代表・杉本匡志
「ベランダの屋根から雨水が漏れてくる…」

「サッシまわりの防水塗装(コーキング材)が剥がれてきた…」

「室内の壁に雨シミができている…」

このようなお悩みをお持ちでしたらぜひ、私ども「街の屋根やさん神戸店」におまかせください。

私どもはお客様から「ありがとう!」と言われる会社を目指しています。

今、お客様が抱えている不安やお悩みを僕の力で「ハッピー」に変えるのが一番の目標です!

いつでも無料で雨漏り調査・お見積りまでさせていただきます。

どうかお気軽にご相談下さいね!

この工事の現場ブログ

神戸市北区テラスからの雨漏り

2019/07/18/ 神戸市北区 雨漏り調査!プロが無料で雨漏りの原因を究明いたします

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。雨漏りというと、「天井からポタポタと水が落ちてくる」というイメージが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、雨漏りの症状は実にさまざまです。先日、兵庫県神戸市北区にご在住の方からお問い合わせをい...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換します!

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

庇工事着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

※2020年8月4日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市中央区で屋根工事をおこないました。工事の内容は、「棟板金(むねばんきん)の交換」工事です。屋根頂上を守る棟板金が、台風による強風で飛散してしまっていました。今回、屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735