神戸市北区 下屋根の点検、棟と谷板金の点検を行います。


棟瓦と地瓦の間の面戸の漆喰の詰めすぎ
神戸市北区 下屋根の点検、棟と谷板金の点検を行なった様子を
本日の現場ブログではご紹介いたします!

こんにちは!街の屋根やさん神戸店、
松本 和也です。

本日ご紹介いたします現場ブログは、
屋根の調査の様子をお届けいたします。

いぶし瓦の立派な屋根で、
棟も5段積みのとても優雅な屋根です。

昔から、
棟の段数は富の象徴、
要は見栄えの為に高くするのです。

僕も高い棟が好きです。
やはりピシッと通った高棟はとてもカッコよく
見せてくれるからです。

しかし、
耐久力や雨の浸入に対しては、
3段の棟が一番持ちます。

近年は熨斗積みをせず。
大きめの丸瓦1発で収められる形が主流になりつつあります。


下屋根の棟と壁の取り合い
施工後20年は過ぎているとのこと、
しかし、瓦はまだまだ頑張ってくれる状態です。

屋根の状態も良く、
メンテナンス意識が高いお客様で、
漆喰のメンテナンスも依然されたとのことです。
IMG_6094-columns1-overlay
ただ、棟の現状は形が崩れてきています。

原因は以前の屋根のメンテナンス、
漆喰の工事が原因です。

棟の瓦、四角いのし瓦の出面が一直線ではありません。
最初は瓦を詰めて隙間をなくし、
しっかりと真っすぐにそろえ、
瓦同士の隙間をなくして施工されます。

ところが漆喰が詰められすぎているため、
棟の表面を流れた水が、
漆喰に当たり、
漆喰の上から棟の中に水が流れ込んでしまう状態になっています。

こうなると、棟の土台の土が濡らされ、
長年濡らされた土が崩れて来て、
棟の形をゆがめていくのです。

棟瓦のズレから棟内部に水が入り、棟下地の土を押し出している跡
棟の形が崩れると、
瓦の隙間が生まれてきます。
その隙間から、水はますます棟の中に入り込み、
棟の形を崩していきます。

写真は棟下地の土が、
棟内部の土を押し流し、
のし瓦の間から流れ出てきている跡です。

土が緩むと、
のし瓦の固定も弱まり、
ズレて、
このように瓦のラインが凸凹になっていくのです。

のし瓦の隙間土が見えています。
上からのし瓦を見ると、
下地の土が見えている状態です。
上から見て、
土が見える、
雨が降れば雨水が入ってしまう事は明白です。

下屋根の棟は、
棟を一度崩し、
新しく積み直す工事が必要な状態でした。

谷廻りの漆喰の詰めすぎの様子
屋根の流れの合流部の谷板金廻りにも漆喰が施工されているのですが、
そこも詰めすぎている状態です。
瓦よりも完全に漆喰が出てきており、
漆喰の裏側まで雨水が容易に入り込む状態です。

そのため、谷板金まわりの瓦下地の土が流れ落ち、
一階のお庭に落ちて来て、
お客様もお困りでした。
谷板金の傷み、穴が開きそうな状態です。
谷板金は経年劣化で、
瓦から雨が落ちる部分が削られ、
板金が薄くなって穴が開いてしまいやすい状態でした。

この谷廻りも漆喰を詰め直すため、
その際、
谷板金も入れ替えることとなりました。


間違ったメンテナンスは、
瓦屋根の寿命を縮めるばかりか、

もっと大きな工事が必要になる場合があります。
だからこそ、工事はしっかり、きっちり、
『雨』が入り込まないよう施工しなければいけません。

お客様のお住まいをしっかりと復活させていただきます。

この工事の現場ブログ

棟瓦と地瓦の間の面戸の漆喰の詰めすぎ

2018/05/31/ 神戸市北区 下屋根の点検、棟と谷板金の点検を行います。

神戸市北区 下屋根の点検、棟と谷板金の点検を行なった様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!こんにちは!街の屋根やさん神戸店、松本 和也です。本日ご紹介いたします現場ブログは、屋根の調査の様子をお届けいたします。いぶし瓦の立派な屋根で、...........

いぶし瓦葺きの屋根

2018/05/29/ 神戸市北区 いぶし瓦葺きの立派な屋根を調査に伺いました。

神戸市北区 いぶし瓦葺きの立派な屋根を調査に伺いました。こんばんは。街の屋根やさんの松本和也です。本日の現場ブログは屋根の調査の様子です。いぶし瓦という日本瓦で葺かれた屋根で、とても状態がよく、まだまだ屋根を守ってくれる状態でした。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換いたします。

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735