神戸市長田区 片面粘着ルーフィングの施工。下葺き材の敷き込みです。


片面粘着ルーフィング
神戸市長田区 片面粘着ルーフィングの施工。下葺き材の敷き込みの様子を
本日の現場ブログではご紹介いたします。

こんばんは街の屋根やさんの松本です。

本日は長田区で着工中の現場の屋根工事スタートの日です。
屋根の洗浄後の工程で、
本日から板金の職人が入ります。

今日は片面粘着ルーフィング、
いわゆる防水シートを新しい屋根を施工する前に張り付ける工程です。

片面が粘着層で出来ているため、
カバー工事などによく使われるルーフィングです。
防水シートの施工
防水シートは下葺き材と呼ばれ、
近年の屋根工事では、
必ず屋根材の下に敷きこまれているものです。
屋根材の隙間から入り込んだ雨水の浸入を守り、
屋根材を固定する際の釘や、ビス穴を止水する役割もあり、
屋根工事に欠かせない大切な工程です。

それでは敷き込みを開始いたします。

まずは屋根に職人がロール状の
防水シートを持って上がります。

剥離紙を外しながら、ルーフィングを屋根に敷きこんでいきます。
裏面の剥離紙をはがし、
粘着層と、既存の屋根材をくっつけながら、
防水シートを施工していきます。

防水シートは、屋根の勾配の下から上に施工します。
これは、必ずそうしなければいけない理由があります。
ルーフィングは流れ方向に10cmづつ上に重ねながら敷き込みます。
理由は単純で、下に施工した防水シートの上に重ねて次の段の防水シートを敷きこむためです。

屋根材の下に入り込んだ水は、高い場所から低い場所へ落ちようと動いていきます。
その過程で、上から下へ重ねていくと、
滑り落ちてきた水を防水シートのジョイント部で受けるような形となります。
それでは水が容易に入り込んでしまうため、
必ず防水シートは下から上に重ね、
その重ね幅も10cmと決まっています。


防水シートで覆います。
下から見るとこんな感じです。

上から流れてきた水をせき止めることなく、
屋根の外に排出する状態です。

防水シートは、16m~20mほどのロールですので、
どうしても縦にジョイント部が
出来てしまう事もありますが、

そうした場合は20cmきちんとシートどうしを重ね、
水が回らないよう施工基準として定められています。

単純ですがとても大事な工程です。

流れの下から、上まで重ねながら貼りこみ、頂点も上からふさぎます。
こちらのお住まいは切妻という、
屋根面が2面で頂点でその面が交流しているような形の形状です。

それぞれの面を下から上にシートを貼り収めていき、
頂点までシートを到達させてから、
最後に左右の流れにかぶさるように頂点にシートを貼り、
水の侵入口を塞ぎます。

この状態で、水はもう入り込まない屋根が出来ています。

谷廻りもしっかりと敷き込み、止水を行います。
流れの違う屋根どうしが屋根ぶつかる
谷廻りも、屋根どうしに掛かるよう、
防水シートで覆います。
これで下葺き材の施工の完了です。

新しい屋根を作っていく、
下地処理が出来ました!

この工事の現場ブログ

ベランダ現状

2018/05/01/ 神戸市長田区 ベランダの防水を新しく施工しなおします。

神戸市長田区 ベランダの防水を新しく施工しなおす様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさん、松本和也です。築40年ほどのお住まいでのベランダ改修の様子です。現状の防水層は、お住まいになられていたおばあさまの手によ...........

スレート屋根の現状

2018/04/23/ 神戸市長田区 屋根カバー工事前の屋根面洗浄の様子をお伝えいたします。

神戸市長田区 屋根カバー工事前の屋根面洗浄の様子をお伝えいたします。屋根の状態を心配されたお客様からの依頼で、屋根工事着工前の高圧洗浄の様子をお伝えいたします。カラーベスト、スレートというセメント基材の屋根材です。屋根材表面の塗装の膜が剥が...........

カバー工事前の高圧洗浄完了

2018/04/24/ 神戸市長田区 屋根カバー工事。新しい屋根の下地を作っていきます。

神戸市長田区 屋根カバー工事。新しい屋根の下地を作っていく様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします。現状屋根の苔などの汚れを洗浄で取り除いたところまで、ここから、この屋根の上に屋根を作るうえでの必要な下地を作り上げていきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天雨漏り 雨漏り調査

神戸市垂水区 板金屋根からの雨漏り雨漏りを止めるために調査を行います。こんばんは。街の屋根やさん神戸店松本和也です。本日は先日雨漏り調査に伺った際の調査の様子をお伝えいたします。雨漏りは以前から発生していたとのことですが、そのたびにお父様が...........

瓦棒屋根現状

神戸市長田区 錆びてしまったトタン屋根、改修・修繕方法をお伝えします。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日ご紹介する現場は、トタン板金葺きの瓦棒という屋根の形状のお住まいでの、修繕の様子です。写真は瓦棒のお写真です。表面の塗装の層が...........

多面屋根の屋根形状

神戸市灘区 勾配天井のお住まい、夏の暑さを軽減したいとお問い合わせがありました。お客様のお住まいを調査に伺った様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさん神戸店の松本 和也です。段々と夏の日差しに近づいてきて、とて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735