神戸市北区 朝に屋根材が落ちてきたと、調査のご依頼がありました!


IMG_0176-1-columns1-overlay
神戸市北区 朝に屋根材が落ちてきたと、調査のご依頼がありました!
急を要するため、現場に伺い調査をさせていただきました。

メンテナンスも定期的にされている、大きなお住まいで、
屋根に上り現状を調査させていただきました。

本日の現場ブログでは、そのお住まいの調査の様子をお伝えいたします。


落ちてきた屋根材
まずは、現場に到着し、
落ちてきた屋根材を見させていただきました。

カラーベストのかけらがありました。

屋根に上り、どの場所が、
どれだけ捲れているか調査いたします。
IMG_0185-columns2-overlay
抜け落ちた屋根材部分を確認いたしました。
もう一枚抜け落ち、屋根に引っかかっている
屋根材がありました。
屋根はフルベスト24という屋根材で葺かれており、
現行のカラーベストより働き寸法が長いのが特徴です。


IMG_0188-columns2-overlay
このまま放っておけば、
また風が吹いたときに滑り落ちる可能性があり、
それが人や車などに当たると大変ですので、
撤去しておきます。

簡単に一枚もので撤去が出来ました。
通常ではありえないことです。

屋根材は簡単に外れないよう釘で
固定されているものだからです。

本来であればこのようにきれいな形で
脱落することはありません。
脱落する場合は釘穴部分などから割れて落ちる
以外ありません。


IMG_0189-columns1-overlay
考えられる原因は一つです。

やはり、屋根材の下にコーキングが打ってありました。

どういうことかといいますと、
この部分は屋根の補修で割れたスレートを
新しいものへ差し替えた場所だという事です。

カラーベストの屋根材は、勾配の低いほうから屋根材を固定していきます。
屋根材の固定釘を打つ場所は決まっており、
その釘穴部分は、上の段の屋根材が上からかぶさり、釘穴を隠してくれるようになっています。

そのため、割れたスレートを部分だけ交換する場合は、
ボンドを使い留めつけます。

その際絶対にやってはいけないボンドの打ち方がこの打ち方です。

横に何本もボンドを打ち屋根材をくっつけようとしています。
カラーベストは屋根材の内側に水が入っても
屋根材の隙間から水が出るよう設計してあります。

このようにコーキングを打つと、
水の抜け口がなくなり、
屋根材と屋根材の間に水が溜まります。

そうすると、屋根材の傷みが早くなったり、
濡れている時間が長いため防水シートの釘穴から水が回り込みやすくなったり、
コーキングが剥がれて、屋根材が脱落したり、
と不具合が発生してきます。

水が流れるよう、何カ所かに分けて点で留めるのが正解です。
IMG_0171-1-simple-overlay
屋根材はチョーキングという、
屋根の塗料に含まれる顔料が、
表面に粉状に浮いてくる現象が起こっていました。

屋根表面に粉が乗っている状態の為、
滑りやすく危険です。
屋根のプロ以外は屋根に上らない方がいい状態です。

このチョーキングは塗装の膜の防水性能が
落ちている状態です。
カラーベストは基材がセメントになり、
その表面に塗装を施し、
防水性を持たせている仕組みになっています。

屋根の塗装のメンテナンスはおよそ10年~13年周期で
屋根材の防水性能を復活させる必要があります。


IMG_0206-columns1-overlay
屋根にはもう一箇所不具合がありました。
屋根の頂点に施工されている棟という場所です。
カラーベスト屋根は、一般的に棟部は板金を用いて頂点を雨から守ります。
昔では、0.27mmの厚みのものが一般的に使用されていましたが、
近年は、0.35mmのガルバリウム鋼板製の棟が一般的に使われています。

この棟板金部に浮きが見られました。
IMG_0204-simple-overlay
屋根材と、棟の隙間の写真です。
棟板金は、屋根材の上に施工されている貫板という木に
釘止めされているものになります。
棟板金が止まっている貫板ごと、
風で持ち上げられ、浮いている状態です。

雨の吹きこむリスクが高くなっている状態です。
今日発見できてよかったです。
IMG_0215-2-e1520333573751-columns1-overlay
抜け落ちた二枚の屋根材部分は、
屋根の下葺き材が見えている状態でしたので、
雨が入り込むのを防ぐため、
防水シートを使い、
養生をさせていただきました。
これで、直近の雨には耐えれると思います。

今回提案させていただいたのは、
棟板金の交換、もちろん下地の貫板もその際入れ替えます。
と抜け落ちたスレートの差替えです。

そして屋根材を長く持たすための屋根の塗装もメンテナンスの時期が来ているため、
しっかりとした工法で屋根を修理させていただく提案です。

本日のブログは以上となります!

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

森川様着工前アンケート
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
予算、業者をどこにするか。
屋根工事会社をどのように探しましたか?
インターネット
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
松本さんの対応がよかったから。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
好感が持て親身になった相談に乗ってくれる

お客様の声完工後

森川様竣工後アンケート
Qご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
A決めた業者がいないので信頼できるかどうか
Q街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
A対応の素早さ
Q初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
Aすぐに工事を依頼した
Q数ある会社の中から街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A丁寧な説明
Q工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A工事終了後でも相談できる関係や、定期的な点検があることで安心感が持てた

この工事の現場ブログ

屋根下塗り材、日本ペイント 1液ベストシーラ

2018/04/06/ 神戸市北区 屋根塗装前の下塗りプライマー、中塗りファインシリコンベストを塗っていきます。

神戸市北区 屋根塗装前の下塗りプライマー、中塗りファインシリコンベストを塗っていきます。こんばんは。街の屋根やさん神戸店の松本和也です。本日ご紹介する工程は、屋根高圧洗浄後の、屋根の下塗り、プライマーやシーラーと呼ばれる材料を塗装する様子を...........

笠木新設

2018/03/30/ 神戸市北区 ベランダの笠木を新しく交換いたします。

神戸市北区 ベランダの笠木を新しく交換いたします。こんばんは。街の屋根やさん松本です。本日ご紹介いたします現場ブログは水の回ってしまっているベランダの笠木板金の交換の様子です。下地の腐食も見られたため下地を入れて、本日は笠木の取付を行います...........

屋根の塗膜の剥がれ

2018/04/04/ 神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。

神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。街の屋根やさん松本です!本日の現場ブログでは、この屋根材表面をを覆う塗装面が、長年の雨水によりはがれてきている状態でしたので、屋根を塗装し、屋根材の防水性能を復活させる屋根塗装...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換いたします。

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

伊丹市 庇現状

伊丹市 庇屋根葺き替え工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!瓦屋根と板金屋根が合流している屋根で、2業種の工事が必要となります。板金屋根を作り直す板金の職人、瓦を葺き直す瓦の職人の仕事となります。まずは撤去作業から始め...........

神戸市北区屋根補修工事 急勾配の為部分的に屋根足場を架設します。

神戸市北区 屋根補修工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。先日足場を架設しました、神戸市北区の屋根補修の様子です。屋根頂点部の屋根材が捲れている状態で、急勾配の為足場の架設が必要でした。部分的に屋根足場を組み、屋根での...........

神戸市北区 コロニアル差替え 足場架設

神戸市北区 カラーベストコロニアルの差替えを行いました。こんばんは。街の屋根やさんの松本です。本日は神戸市北区でのカラーベストコロニアルの屋根材を差し替える工事を現場ブログでご紹介させていただきます。屋根材一枚が脱落している状態で、屋根の勾...........