西宮市 棟包みの交換作業、既存の下地を撤去し新しい下地を入れていきます。


棟下地貫板
西宮市 棟包みの交換作業、既存の下地を撤去し新しい下地を入れていく様子を
本日の現場ブログではご紹介いたします。

こんばんは!街の屋根やさん神戸店の松本です。

現状、捲れてしまった板金を撤去しているところまで進んでおり、
本ブログでの工程は、下地の貫板を捲っていき、新しく板金を取り付ける貫板を入れ替えていきます。

貫板は現状風と共に吹き込んだ雨水で痩せが進行しており、
手で簡単に折れるほどの状態になっていました。

この貫板に新しいガルバリウム鋼板製の棟包み板金を留めつけても、
釘、ビスなどが効かないため、
貫板も一度撤去し、新しいものへと入れ替えます。
貫板の捲り

貫板の撤去

貫板は、屋根材を貫通して、屋根の地に釘を使い固定されています。

当時の施工では、鉄くぎを使い固定がされているため、
施工から30年もたつと、
錆びて最終的には折れてしまいます。

そうすると、
この貫板ごと捲れてしまう事があるため、
棟を交換する際は、貫板も新しく入れ替え固定した方が、
いいことが多いです。

バールを使い、貫板固定釘を取り外し、
貫板を撤去していきます。
鉄くぎのサビ
実際に撤去した釘です。

錆が進行して先が細く変形しています。

このような状態では屋根の地に貫板を固定する力は発揮できません。

これらの釘、板金、貫板は撤去後すべて廃材として捨てます。


貫下のゴミの様子
貫板の下には、風に運ばれてきた、
ほこりなどが堆積しています。

ほこりがたまってくると、
その誇りが雨水を吸い上げ、
また棟の下地の貫板を濡らします。
もっとひどい場合には、
屋根材の隙間まで水を呼び込んでしまう原因となります。
貫板撤去完了
貫板をすべて撤去しました。
ここから、新しく貫板を新設していきます。

このように流れの違う面どうしの屋根材には、
隙間が存在しています。

その部分を守っているのが、棟包み板金です。

この隙間を埋める工程へと入っていきいます。
新しい貫板はビスで復旧します。
新しい貫板を固定していきます。
固定は釘ではなく、ビスで復旧していきます。
釘よりも強固に下地に固定してくれて、
風にも強い施工となります。

屋根材ごと貫通して留めつけていきます。
貫下の割れている屋根材は、
コーキングで補修し、
その後貫板を施工します。

新しい貫板施工
新しい貫板を施工します。
これが新しい板金を固定してくれる部分となります。

また強く、板金を支えてくれることでしょう!

それぞれの部材が支え合って屋根は出来上がります。
建築とはとても手間と、知識が必要になってくるんです。

この工事の現場ブログ

棟下地貫板

2018/02/19/ 西宮市 棟包みの交換作業、既存の下地を撤去し新しい下地を入れていきます。

西宮市 棟包みの交換作業、既存の下地を撤去し新しい下地を入れていく様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは!街の屋根やさん神戸店の松本です。現状、捲れてしまった板金を撤去しているところまで進んでおり、本ブログでの工程は、下地の...........

貫板施工完了

2018/02/20/ 西宮市 ガルバリウム鋼板の棟包み板金を取り付けていきます。

西宮市 ガルバリウム鋼板の棟包み板金を取り付けていきます。棟の下地の貫板の施工まで完了しており、本ブログでの工程は、新たな棟を取付、屋根材の隙間を収めていき完成までをご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさんの松本です。下地の施工が完了し、...........

梯子で上ります。

2018/02/18/ 西宮市 屋根の役物、棟包みが落ちてきた。棟を新しくします。

西宮市 屋根の役物、棟包みが落ちてきたお住まいでの。棟を新しくする工事の様子をご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさん松本です。風の強い日に棟の板金が落ちてきたとのお問い合わせがあり、調査したところ大屋根の棟のほとんどが取れていた状態の...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 棟板金の飛散の現状

神戸市中央区 飛散した棟板金の修理を行いました。現状、板金材が飛んでしまってからかなりの歳月がたっている状態です。下地の貫板が変色して傷んでいる状態がお分かりいただけると思います。

以前ほかの業者が来た際に養生を行ったようです。

神戸市北区 屋根頂点を守る板金材の交換工事の様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします!着工までおそよ半年の時間が掛かりましたが、やっと工事に取り掛かれます。大変お待たせいたしました。こちらのお住まいは去年の台風時に、板金が飛んでしまい、...........

屋根の板金が飛散

神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました様子を現場ブログでご紹介しようと思います。現場は神戸市西区、とても閑静な住宅街を台風の猛威が襲いました。ご覧いただいているお写真が、被害の状況です。屋根頂点の部材が一部外れている...........