神戸市長田区 ケラバの補修工事。下地を新しく組み補修します!


屋根下地補修
神戸市長田区 ケラバの補修工事。
下地を新しく組み補修し補修を行う様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。

こんばんは、街の屋根やさんの松本です!

現状、瓦の下地が雨水の浸食により、腐食しなくなっている状態です。
このままでは、瓦を復旧する下地が無いので新しく軸組を入れ直し補修工事を行います!
before1
ケラバの状態

瓦を捲った状態、
軸組、軒の下地のバラ板等腐食して

無くなってしまっているところです。
vertical
after1
下地軸組補修
このように生まれ変わりました。

しっかりと生きている垂木の部分から、
新しい垂木を抱かせ、連結します。

きっちりとした寸法取り、
がこの綺麗な下地を作ります。

下地補腐食していない木と連結致します。

色々な幅の木を組み合わせ、
それぞれを緊結しながら、

樹を組んでいきます。

しっかりと、下軸組が復活しました。


軒先も木を入れ軒樋の固定場所を作ります。
軒先の下地は垂木の先に金具で緊結いたします。

この木軒樋の金具を取り付け、
雨樋の勾配を復活させます。
垂木に野地板を新設します。
しっかりとした下地あっての、

しっかりとした屋根です。

これで、瓦を復旧する潤費が整いました。

先ほどの垂木に、
野地板(屋根の地面)を留めつけます。

ケラバには、
新しいケラバ瓦の下地用の垂木を打ち

下地処理が完了です。


破風下地を作ります。電線の引き込みのアンカーを縁直すため、しっかりとした下地を組み直します。
ケラバには、

電線の引き込みのアンカーを復旧しなければいけないため、
もともとの状態より厚く丈夫な下地を形成しました。

後々、ここにアンカーを復旧していきます。
防水シート、桟木を敷き直し、瓦を復旧する準備を行います。
防水シートを敷き直し、
雨仕舞をより確実なものへとしていきます。
モニエル瓦の弱点であったケラバは、
ルーフィング(防水シート)をプラスで敷き込み、
葺きこんだ水もしっかりと屋根外へ排出するよう調整いたしました。

ケラバは、ルーフィングで覆い、雨水の浸入を極力防ぎます。
横から見ると、
このような感じ、
ケラバの瓦の掛かりまで、
しっかりと覆い隠し、
雨に塗らされないように気を付けます!
しっかりとした下地が丈夫な屋根を作ります。

また、リフォームの場合、
既存の形に合わせて施工が必要な為、

確かな技術と経験が必要となってきます。

本日の現場ブログは以上です。

この工事の現場ブログ

屋根下地補修

2018/01/22/ 神戸市長田区 ケラバの補修工事。下地を新しく組み補修します!

神戸市長田区 ケラバの補修工事。下地を新しく組み補修し補修を行う様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは、街の屋根やさんの松本です!現状、瓦の下地が雨水の浸食により、腐食しなくなっている状態です。このままでは、瓦を復旧する下地...........

ケラバ破風の捲れ

2018/01/17/ 神戸市長田区 瓦の下地釘が抜けズレているとお問い合わせがありました。

神戸市長田区 瓦の下地釘が抜けズレているとお問い合わせがあり、現場に伺い、現状の調査をさせていただいた様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは、街の屋根やさんの松本です。本日は台風通過後、お問い合わせ頂いたお客様の調査の様子を...........

屋根修理

2018/01/19/ 神戸市長田区 ケラバの屋根下地補修工事 モニエル瓦を葺きなおします。

神戸市長田区 ケラバの屋根下地補修工事 モニエル瓦を葺きなおす工程を本日の現場ブログではご紹介いたします。お問い合わせの内容は屋根の下地の腐食により、袖瓦がはずれ落ちかけている状態です。瓦をしっかり復旧させていただくために下地を補修いたしま...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市兵庫区 板金屋根

神戸市兵庫区 倉庫の屋根塗装を考えられているお客様宅へ現状の調査に伺いました。こちらは板金製の屋根『瓦棒』という屋根です。2種類のコの字の板金を組み合わせた、雨漏りにとても強い屋根材です。

神戸市垂水区シャッターbox

神戸市垂水区 シャッターboxの捲れが発生いたしました。6月15日の強風の時にお問い合わせ頂き、現場に急行し現状の調査を行いました。写真のガレージ入り口のシャッターが収納されている、シャッターboxに不具合が生じているとのことです。

神戸市須磨区雨漏り箇所

神戸市須磨区 雨漏り箇所を特定に伺いました。現場は阪神高速の乗り口からほど近い、お住まいでした。去年の台風の時に大量に雨漏りが起こり、天井に染みが出来てしまったとのこと、大変驚かれたことと思います。そこから気を付けて天井を見ていたとのことで...........