神戸市西区より棟包板金交換の模様をご紹介します。


神戸市西区より既存スレート屋根の棟包(棟板金)の交換の模様をご紹介させていただきます。

既存スレート屋根は特に問題ありませんが台風の強風により棟板金が飛散しました。

屋根勾配も5寸くらいありましたので安全第一を心がけ工事をすすめていきます。

貫板設置
既存棟板金と貫板を撤去し新しい貫板を60センチ間隔で65ミリのビスで固定していきます。

そのままビスをもむと既存のスレートを割ってしまう恐れがありますので、予め下穴をドリルでもんでから木ビスで固定していきます。
貫板ビス固定
下穴にインパクトドリルでビスを打ち込み貫板を固定していきます。
棟板金設置
巴包から設置していく様子です。

棟板金の設置時に注意したいのが、ビスの留める位置です。
貫板を留める際は真上から留めていきますが、
棟板金を設置する際は、必ず横方向からビスで固定していきます。何故なら、真上から留めてしまうと雨水が滲んで入る可能性が高くなるからです。
棟板金コーキング
このような板金と板金の繋ぎ目にはコーキングを施し、雨水が入り込まないように、していきます。


棟板金釘止め
しっかりと棟板金を被せて横から釘で貫板を狙って打ち付けていきます。
釘止
少しでも打ち込む角度や、高さを間違えれば、貫板に聞かなくなり、釘が抜けやすくなります。
釘止完成
しっかりと釘で打ち付けていきます。
棟板金設置完成
これで完成です。
棟包板金工事は無事に終了しました。

昨年の台風、地震の被害でたくさんのお宅が被害を受けておられます。

一日も速く皆様のお宅に伺えるようスッタフ一同頑張ります。

この工事の現場ブログ

屋根の板金が飛散

2019/03/13/ 神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました。

神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました様子を現場ブログでご紹介しようと思います。現場は神戸市西区、とても閑静な住宅街を台風の猛威が襲いました。ご覧いただいているお写真が、被害の状況です。屋根頂点の部材が一部外れている...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市西区 屋上バルコニー塩ビシート防水工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0041
IMG_0879
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップU20(田島ルーフィング)
築年数
約10年
建坪
約30坪
保証
7年間
工事費用
約50万
施工事例

神戸市西区|外壁塗装・屋根塗装の施工事例

屋根塗装 屋根点検
屋根塗装 塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
下塗り アンダーサーフDS 中・上塗り ラジカル塗料パーフェクトトップ
築年数
約15年
建坪
保証
5年
工事費用
約170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 棟板金の飛散の現状

神戸市中央区 飛散した棟板金の修理を行いました。現状、板金材が飛んでしまってからかなりの歳月がたっている状態です。下地の貫板が変色して傷んでいる状態がお分かりいただけると思います。

以前ほかの業者が来た際に養生を行ったようです。

神戸市北区 屋根頂点を守る板金材の交換工事の様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします!着工までおそよ半年の時間が掛かりましたが、やっと工事に取り掛かれます。大変お待たせいたしました。こちらのお住まいは去年の台風時に、板金が飛んでしまい、...........

屋根の板金が飛散

神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました様子を現場ブログでご紹介しようと思います。現場は神戸市西区、とても閑静な住宅街を台風の猛威が襲いました。ご覧いただいているお写真が、被害の状況です。屋根頂点の部材が一部外れている...........