オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市西区 棟板金交換工事の様子をご紹介!


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

今回は神戸市西区にお住まいの方から「スレート屋根の棟板金が台風で飛んでいってしまった!」とのお問い合わせがあり、棟板金交換取り付け工事をおこなった様子をご紹介させていただきます。

既存のスレート屋根は、全体的には特に問題ありませんでしたが、台風の際に棟板金のみが飛散してしまっていました。

棟板金の交換取り付け工事を行いました

そもそも屋根の棟(むね)とは?

スレート屋根の棟板金
「棟板金」といわれても、そもそも棟とはどこのことかご存じない方もいらっしゃるかと思います。

屋根の棟とは、2つの屋根面が山型に合わさっている部分のことです。

上写真のように屋根の頂上に位置していることがほとんどで、雨風などの天候の影響を最も受けやすく、どうしても劣化が比較的早く起きやすい部分でもあります。

スレート屋根の場合は、棟にかぶせるようにして「棟板金」とよばれる金属の板を設置します。

屋根面どうしが合わさっている部分にかぶせることで、屋根内部への雨水侵入を防ぎ、屋根材を固定してくれている重要な部材です。
どんな屋根材の場合でも、棟部分は日々天候の影響を受けやすく、また日ごろ目にする機会のない部分で劣化に気づきにくい部分です。

今回のようなスレート屋根の場合、日々風に晒されながらも屋根を守ってくれている棟板金は、経年劣化により剥がれ・変形・釘の浮きといった症状が出てきます。

そういった劣化に気づかないまま、台風や突風、強風などにあうと、棟板金がまるごと剥がれてしまったり飛散したりします。

強風で棟板金が剥がれて落下すると、ご近所の方に怪我をさせてしまったり物を破損させてしまったりということもあります。

およそ2.5kgの金属の板が屋根の高さから落下するという危険性を考え、屋根の棟は定期的に点検をしておきましょう。

関連ページ


貫板(ぬきいた)を設置します

スレート屋根の貫板
棟板金を設置するために、まず貫板を設置します。

貫板とは、棟板金をビスで留めるための下地材で、芯木ともよばれています。

そのままビスを屋根材であるスレートに打ち込むと、既存のスレートを割ってしまう恐れがあるため、あらかじめ貫板にドリルで下穴を開けてから固定するのです。
貫板のビス留め
新しい貫板を60センチ間隔で65ミリのビスを使って固定していきます。

あらかじめ開けておいた下穴にインパクトドリルで釘を打ち込み、貫板を固定していきます。

棟板金を横から釘で留めていきます

スレート屋根の棟板金と貫板

棟板金の釘留め

貫板の設置が終わったら、さっそく棟板金の設置開始です。

棟板金の設置時に注意したいのが、釘を留める位置です。

貫板を留める際には釘は真上から留めていきますが、棟板金の場合は、必ず横方向から固定していきます。

棟板金を真上から釘で留めてしまうと、釘穴から雨水が滲んで浸入する可能性が高くなるためです。
釘止
少しでも打ち込む角度や高さを間違えれば、貫板にしっかりと固定されずに釘が抜けやすくなります。

施工時に釘の角度や高さがズレている場合はもちろんですが、正しく施工している場合でも棟板金の剥がれや飛散は起きる可能性があります。

原因は、時間とともに起こる釘の浮きです。
原因その①気温による棟板金の伸縮

棟板金は金属のため、熱を受けると膨張する性質があります。

昼間は日に当たることで太陽熱の影響を受けて膨張し、夜になり気温が下がると収縮するのです。

昼間棟板金の膨張に釘も引っ張られますが、夜気温が下がった時には棟板金だけが収縮し、残された釘は少しずつ浮いてきます。

夏場や冬場はこの気温差が激しいため、棟板金の伸縮も著しくなり釘が浮きやすくなりますし、日当たりのいい家だとさらに釘が浮いて抜けるスピードが速くなるのです。

原因その②強風などの風圧

棟板金はお住まいの最も高い位置に設置されているため、最も風の影響を受けやすい部分です。

台風や突風、立地的に強風を受けやすいお住まいの場合は特に、風圧によって釘の浮きが加速します。

原因その③貫板の腐食

棟板金の伸縮や風圧によって釘の浮きが起こると、浮いたわずかな隙間から棟板金の内部に雨水が浸入します。

前述のとおり、棟板金の内部には木製の貫板があるため、雨水が染み込んだ貫板はどんどん腐食していくのです。

腐食した貫板はもろくなり、釘の浮きを加速させ完全に抜けてしまって少しの風で棟板金が落下することもあります。

原因その③釘自体の腐食

現在はステンレス製の釘などがありますが、築年数が経っている屋根の場合は鉄釘が使用されていることがほとんどです。

そのため私たちが棟板金の修理や交換にうかがった際には、固定している鉄製の釘自体が錆びているのをよく目にします。

錆びた釘は棟板金の固定力を弱めます。

棟板金のつなぎ目をコーキングします

棟板金つなぎ目のコーキング
棟板金の長さは約1.8mほどなので、施工時にはいくつかのつなぎ目ができます。

このような棟板金のつなぎ目には、コーキングを施し、雨水が入り込まないようにします。

棟板金の取り付け工事完了

釘留めされた棟板金

取付け完了したスレート屋根の棟板金

すべての棟板金を横からしっかりと釘で打ち付け、棟板金交換取り付け工事完了です。

棟板金が均一にしっかりと設置されている屋根は、安心できますし見ていて気持ちがいいですね!

屋根の頂上に位置する棟板金は、劣化して剥がれや変形が起きると雨漏りの原因となります。

室内に雨漏りが発生するということは、そこにいたるまでの棟板金や貫板、屋根下地、屋根裏や家の躯体まで劣化・腐食している可能性があります。

屋根裏や家の躯体まで腐食するにはかなり時間もかかりますが、屋根の劣化を放置すると大規模なリフォーム工事が必要になることも少なくありません。

そうならないためにも、屋根のプロによる無料点検を有効に活用しながら早めに最小限の修理や処置をしておくことを心がけましょう。

瓦屋根の修理なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店代表
屋根の修理といっても、今回のような棟板金の交換取り付けから、瓦やスレート1枚の交換、屋根全体の葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、雨漏りや屋根材の崩れに繋がるかどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

関連ページ




漫画で解決!街の屋根やさん

この工事の現場ブログ

屋根の板金が飛散

2019/03/13/ 神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました。

神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました様子を現場ブログでご紹介しようと思います。現場は神戸市西区、とても閑静な住宅街を台風の猛威が襲いました。ご覧いただいているお写真が、被害の状況です。屋根頂点の部材が一部外れている...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市西区 防水工事!屋上バルコニーの施工事例をご紹介!

IMG_0041
IMG_0879
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップU20(田島ルーフィング)
築年数
約10年
建坪
約30坪
保証
7年間
工事費用
約50万
施工事例

神戸市西区|外壁塗装・屋根塗装の施工事例

屋根塗装 屋根点検
屋根塗装 塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
下塗り アンダーサーフDS 中・上塗り ラジカル塗料パーフェクトトップ
築年数
約15年
建坪
保証
5年
工事費用
約170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

※2020年8月4日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市中央区で屋根工事をおこないました。工事の内容は、「棟板金(むねばんきん)の交換」工事です。屋根頂上を守る棟板金が、台風による強風で飛散してしまっていました。今回、屋根...........

神戸市中央区 棟板金の飛散の現状

神戸市中央区 飛散した棟板金の修理を行いました。現状、板金材が飛んでしまってからかなりの歳月がたっている状態です。下地の貫板が変色して傷んでいる状態がお分かりいただけると思います。

神戸市 棟板金の説明画像

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。「台風で自宅の屋根の棟板金(むねばんきん)が飛ばされてしまった…」神戸市北区にお住いのお客様から台風による屋根被害のご相談をいただきました。現地調査後、棟板金が飛散した原因と修理プランをお伝えし、屋根修...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735