西宮市アクリル板飛散の調査とスライド式施工工事。


西宮市在住Y様邸のアクリル板飛散の調査に行ってまいりました。

アクリル板飛散
屋上屋根への通路確保の為にご自身でスライド出来るように地元神戸の工務店で施工されましたが、その工務店とは連絡がつかず、弊社にお問合せを頂きました。

アンテナの調整や冷暖房設備の点検にとても重要な通路ですが開けっ放しにはできません。

テラス屋根でもあるのでこの状態ではベランダへの雨水浸入は防げない状態です。

一日でも早い修繕が必要です。
アクリル板飛散
写真右側へスライドするこの部分は、下側からビスで固定し緩めたり、しめたりしながら十数年も使用されていたそうです。
あの猛烈な台風が来るまでは。。

建物ので言うと4階相当の高さがあり、更にベランダへ脚立を立てスライドを使用されてます。

とても危険ではありましたが、家事同線と申しましょうか、不便でない事も必要だったり…ご安全に使用していただきたく存じます。
アクリル板飛散
本来、屋根材はフレームに収まっていて安全に使用できるのですが、改めて不安定さをお伝えした上でお客様が日常を気持ち良く過ごして頂ける様、最善をご提案させて頂きました。
アクリル板飛散
以前の使用方法では外へ向かってスライドするので落下の危険も伴います。


既存屋根材の方向へスライドできないか、等の提案にも至りましたが、やはり使い慣れた方法がいいとのことでしたのでご希望に添って施工させて頂きました。


工事は数時間で速やかに完了致しましてお客様には大変喜んで頂けました。


大切なお客様へ 「こんな工事もお願いできるのかな…」などお考えになる前に、一度お問い合わせくださいませ!  街の屋根やさん神戸店が迅速にお伺い致します!

この工事の現場ブログ

アクリル板飛散

2019/02/04/ 西宮市アクリル板飛散の調査とスライド式施工工事。

西宮市在住Y様邸のアクリル板飛散の調査に行ってまいりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市北区 スレートの脱落

神戸市北区 化粧スレートの落下、雨樋の劣化現状を調査いたします。お問い合わせ頂きまして、現場に到着いたしました。屋根は化粧スレート葺きの屋根でかなりの急勾配の屋根でしたので、上っての調査が出来ません。下から屋根の様子を見させていただきました...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市兵庫区 板金屋根

神戸市兵庫区 倉庫の屋根塗装を考えられているお客様宅へ現状の調査に伺いました。こちらは板金製の屋根『瓦棒』という屋根です。2種類のコの字の板金を組み合わせた、雨漏りにとても強い屋根材です。