神戸市垂水区 雨漏り発生、原因は屋上防水の破れ


雨漏り調査 塩ビシート防水の様子
神戸市垂水区 雨漏り発生、
原因は屋上防水の破れにより雨が浸入し雨漏りを引き起こしました。

こちらのお住まいでは、屋根は陸屋根という形状です。
屋上のような歩ける勾配の緩い屋根の事を陸屋根といいます。

陸屋根は防水を施し、
雨からお住まいを守る設計となっております。

旭化成のお住まいですので、屋根の下地はALCパネルを採用しているはずです。
そのため下地が地震などによる動きが大きいため、
塩ビシート防水の機械的固定工法で収めることが決まっております。

その屋上の様子です。
雨漏り調査 陸屋根の様子
シート防水は伸縮性に優れるため、
動きによる防水層の割れが起こりにくい工法です。
また防水性能も高く、一般的に15年前後の
耐用年数があると言われる工法ですが、
こちらのお住まいでは改修から9年目で損傷を受け
雨漏りが発生してしまったとのことです。
雨漏り調査 シート防水損傷個所
損傷個所です。
すでに他業者で補修がおこなれており現在は雨漏りは止まっております。
去年の台風が通過した後、この出隅部分のシートが完全に裂けていた状況です。

シート防水の中でも機械的固定工法は、シートが動きやすいよう、
また湿気を逃がす通気層を作るため限られたポイントで下地に固定されています。
そのため強風が吹くとシートが持ち上げられることがあります。
その動きに耐え切れず破れてしまったのだと推測します。

雨漏り調査 立上り防水層の浮き
また立上り防水層が浮き上がり、
シートによれが見られます。

触って確認すると、塩ビシートを固定している
塩ビ鋼板が下地から浮いていることが分かりました。
相当の強風により持ち上げられたことが考えられます。

ALC下地の為、固定強度の問題もあったと思います。
雨漏り調査 屋上笠木周りのおさまり確認
笠木周りの様子です。
一度回収を行っている時に、
既存の笠木の上に新しく防水を巻き込んでいるため、
この隙間から、シート防水の裏側に入り込んだ風によりシートが持ち上げられて
破れて雨漏りを引き起こしていることも可能性としてあります。

そのため再度改修の際は笠木周りを一度捲り、
新しい水切り設置前にシーリングにより風の侵入口をふさぐことを提案させていただきました。

通常の施工では対応できないほどの強風も近年増えております。
雨漏りを防ぐため、
強度の強い工法でご提案をさせて頂きます。

この工事の現場ブログ

雨漏り調査 塩ビシート防水の様子

2019/05/14/ 神戸市垂水区 雨漏り発生、原因は屋上防水の破れ

神戸市垂水区 雨漏り発生、原因は屋上防水の破れにより雨が浸入し雨漏りを引き起こしました。こちらのお住まいでは、屋根は陸屋根という形状です。屋上のような歩ける勾配の緩い屋根の事を陸屋根といいます。陸屋根は防水を施し、雨からお住まいを守る設計と...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り 1階天井裏の様子

芦屋市 雨漏り調査に伺いました様子を、本日はお伝えしようと思います。現場に調査に伺った際の写真です!1階の脱衣所天井から台風の土砂降りの際、天井から雨漏りが発生したとのことで、点検口もあり、屋根裏の様子も到着し次第見させていただきました!雨...........

雨漏り個所天井

神戸市西区雨漏り調査に伺いました様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします。雨漏り発生はおよそ3年ほど前で、少しづつ雨漏りの範囲が大きくなってきているとのことで、不安になったお客様から雨漏り調査をご依頼いただきました。天井ボードの継ぎ目か...........

笠木板金

神戸市灘区にて、笠木が捲れて雨漏りしているとのお問い合わせをいいただきました。そもそも笠木とはベランダ上部を覆うように被さっている部分です。日本では鳥居や門、塀などにも使われていて、水切りの役割を持ち躯体を腐食から守るカバーの様な役割のもの...........