神戸市西区 止まらない雨漏り、原因を特定いたします。


部屋内への雨漏り
神戸市西区 止まらない雨漏り、原因を特定した様子を
本日の現場ブログではご紹介していこうと思います。

こんにちは。
街の屋根やさんの松本和也です。

数年前から雨漏りが続いているというお住まいでの
雨漏り個所の調査の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。

1階から2階へ上がる階段の胴差部分に雨染みがあり、
今迄いろんな補修を行ってきたが、
特定が出来なかったとお悩みのお客様でした。

まずは雨漏り個所を特定するため、
屋根の調査に入っていきます。
壁から雨漏り個所までの距離
雨漏り個所は、
部屋内の壁からおおよそ80センチの場所に出ていました。

この部分の直上の調査を行います。
クロスにもうっすらですが染みが付いています。
雨漏り個所直上隅棟の様子
屋根の様子です。

とても綺麗ないぶし瓦で葺かれた、
立派な屋根でした。
築年数はおよそ30年で、
屋根の状態はとてもしっかりしている印象でした。
しかし、
違う瓦の流れの合流部に施工されている棟に歪みが見られました。
雨漏り個所が分かりました。
瓦下地の土の様子。
検証に入っていきます。

雨漏り箇所直上の瓦を捲らせていただいたところ、
瓦の下地の本来であればがちがちに乾燥している土が、
水にぬれびしょびしょに緩んでいました。
この瓦の下にかなりの量の水が入り込んでいることが伺えます。

およそ瓦6枚分の下地が同じように緩んでいる状態でした。
隅棟の歪み
では実際どこから雨は瓦の下に回り込んでいるのでしょう。
瓦の役割は、雨が瓦の下に入り込まないために
施工されているものです。
その下に水が回り込むことになっているということは、
どこかに不具合があります、
そこが屋根の、水に関する雨仕舞の難しさです。

隅棟の横からの写真です。
棟を構成している四角い瓦
『熨斗瓦』
が少しばかりですが、
廻りとずれているのがお分かりいただけると思います。

棟の下地も、瓦と同じく、
形作った土を土台としています。
その土が濡れて本来の形と
変わってきていることを表します。
棟と地瓦のぶつかり部
しかし、棟も、本来なら水を入れないための役物です。
はどこから侵入しているのでしょう。

実は、メンテナンスで行った、
この棟と瓦の隙間の面戸の漆喰に原因があります。
漆喰を増し塗しています。
実はこのメンテナンス方法が間違っていました。
漆喰を塗り替えではなく、
増し塗で収めていたのです。

この写真ははがれて来ていた漆喰の部分の写真です。

もともとあった漆喰の上に、
新しい漆喰を塗ってしまっています。
これでは意味がないどころか、
状況を悪化させる恐れがあります。
棟簡略図
棟の簡略図です。

土を土台として積み上げられたのし瓦はお客様のお住まいは4段積みです。
その上に冠という瓦で蓋をしてある造りです。

漆喰の役割は、この棟を形作っている土が、面戸の隙間から入ってきた雨でぬれるのを防ぐためのものです。
本来漆喰のメンテナンスは、
一度古い漆喰を割り、撤去して、
下地の土に新しい漆喰を施工しなくてはいけません。
悪いものの上に新しい漆喰をつけても長持ちしません。

更に、もともとの漆喰があった部分よりも前にせり出してくるため
棟にもっと悪い影響を与えることがあります。

簡略図の2段目ののし瓦よりも奥に漆喰は施工しなければいけないのです。
棟と地瓦のぶつかり部
なぜなら、のし瓦は小さい瓦の集合体ですので、
1枚1枚継ぎ目があります。
水が下の段ののし瓦に落ちる際、
その継ぎ目から少しですが、内側を水が通ります。
内側を通っても2段目ののし瓦より奥に漆喰が施工されていれば、
一段目から落ちた雨水は、
下の地瓦が受け止めてくれます。
しかし、漆喰がせり出している増し塗の状態では、
1段目ののし瓦のジョイントから下へ水が落ちた際、

漆喰の内側に落ちてしまい、
下地の土を逆に濡らしてしまう事になります。

そうなると、土が濡れて棟の形が崩れる状態が加速します。

また、内側に入った水はメンテナンスを行う前は、
古くなった漆喰と瓦の間を通り、
何とか外に水が逃げてくれていたものが、
新しい漆喰で蓋をして、水の逃げ口をふさいでしまったことにより、
雨が続くと地瓦と漆喰の間に水がどんどん溜まり、
あふれ出した、雨水が、
瓦の下に回り込みます。

屋根の一番高い部分にあるのが棟なので、
上から下まで、
下地の土が濡れてしまうのです。

屋根のメンテナンスは、
知識・技術に裏打ちされた施工をしなければ、
少しの違いで、雨漏りにつながることがあるのです。

この工事の現場ブログ

部屋内への雨漏り

2018/03/13/ 神戸市西区 止まらない雨漏り、原因を特定いたします。

神戸市西区 止まらない雨漏り、原因を特定した様子を本日の現場ブログではご紹介していこうと思います。こんにちは。街の屋根やさんの松本和也です。数年前から雨漏りが続いているというお住まいでの雨漏り個所の調査の様子を本日の現場ブログではご紹介いた...........

雨漏り箇所、直上の屋根裏

2018/03/14/ 神戸市西区 補修を繰り返すも雨漏りが止まらない、原因を調査いたします。

神戸市西区 補修を繰り返すも雨漏りが止まらない、原因を調査した様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状リビングの上の場所から、継続して雨漏りが発生しており、補修を繰り返すも現在まで雨漏りが完全に止まっていないとのことで、弊社に調査の...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市西区 屋上バルコニー塩ビシート防水工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0041
IMG_0879
工事内容
防水工事
使用素材
ビュートップU20(田島ルーフィング)
築年数
約10年
建坪
約30坪
保証
7年間
工事費用
約50万
施工事例

神戸市西区|外壁塗装・屋根塗装の施工事例

屋根塗装 屋根点検
屋根塗装 塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
下塗り アンダーサーフDS 中・上塗り ラジカル塗料パーフェクトトップ
築年数
約15年
建坪
保証
5年
工事費用
約170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........