神戸市長田区|屋根から雨漏り。屋根カバー工事のご紹介。


神戸市長田区|屋根から雨漏り。屋根カバー工事のご紹介。

こんにちは!街の屋根屋さん神戸店です。

前回は屋根カバー工事の「現場調査」の模様を見て頂きました。

今回は、屋根カバー工事の防水シート(ルーフィング)張りまでの作業工程ご紹介いたします。
IMG_8174-1-columns1-overlay
前回の現地調査の足場はこのような1面架け(1800mm)でしたが、

今回は屋根のカバー工事を行う為、全面(4面)架けを行います。
IMG_7994-columns2-overlay
では、部材を運び込み組み立てていきます。
2adb92c67cf51dc1b94378394379f825-columns2-overlay
このように完成します。足場は大体一日で組みあがります。
IMG_0215-1-columns1-overlay
ではさっそく作業工程を見ていきましょう。

まずは、既存の棟板金を取り除きます。

今回の工事は「屋根カバー工事」といって既存の屋根材を撤去せずに、その上に新しい屋根をかぶせていきます。その最初の段階として、既存の棟板金と貫板を撤去します。

下地を設置する場合もあります。野地板やコンパネと呼ばれます。今回は下地がしっかりしていた為、既存の屋根材の上に防水シートを設置します。ルーフィングと呼ばれるものです。
before1
daf5913c5f5efdc2d0109f7592a4d315-before-overlay
これが、既存の棟です。パッと見ただけでは、水が廻っているのが分かりません。
horizontal
after1
d2f7d255ab864c4fce547d6aab24c210-after-overlay
棟板金を撤去すると、下地の貫板が水で濡れています。

棟板金の下に水が廻っている証拠です。

before1
94aa13267156c69b176b28188ff84570-before-overlay
このような棟板金を換気棟と言います。換気棟は換気はするけど、水を入れないという優れものです
horizontal
after1
IMG_0225-1-after-overlay
換気棟の下は、このような換気口があります。
03578a69ecf08d8f153629773368767a-columns2-overlay
今回、雨漏りしていた原因として考えられる事として

まず、上記のスレートを見て下さい。

スレートに割れ目が走っています。

この様なスレートの割れがいくつも有りました。

当然雨漏りの原因となります


bdbf979bf71fade7bb03df0f344f77e7-columns2-overlay
現在の工法としては、スレートの隅部分を切り取った
「隅切(すみきり)」を行うのが通常なのですが、

「隅切」を行っておりません。

こうなると、雨水の流れが悪くなり、雨漏りしやすくなります。

この解説は別のブログで詳しく説明したいます。
a1d12cf63a967f3eefb2424faf1d87ce-columns1-overlay
最後に降り棟(くだりむね)をよく見てください。

棟の中心線が歪んでいるのが分かりますでしょうか?

棟の隙間がここまで歪んでいると、その上から傘の様に棟板金を被せても、

水は当然入りやすくなります。
Image_5fc6eae-columns1-overlay
既存の屋根材の上に防水シート(ルーフィング)を設置します。

ルーフィングと呼ばれるもので、新しい下地は省くことは可能ですが、

防水シートは必ず必要となります。
今回のブログは以上です。

次回は防水シートの上に新しい屋根材を設置します。

屋根材はガルバリウム鋼板を使用します。

重量が軽く、耐久性も高いのでカバー工法に適しています。

板金同士の合わさるところは非常に雨漏りしやすい部分となりまので、

しっかりとコーキングを施すこと工程必要となります。

その工程は次回ご紹介致します。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

9c2bcf65694515eadc8b46120dccec65
弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
雨漏り・工事内容
何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?
タブレット
弊社を知りすぐにご連絡頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことが不安でしたか?
現場との距離
何が決め手となり弊社にお問い合わせ頂きましたか?
屋根に詳しそうだったので
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
いろいろ質問しましたが細かく教えてくれ、いい提案をしてくれました。

お客様の声完工後

4c9d87f0f10d0b1843b1b7f0d5094127
Q工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
A工事費用、工事内容(期間・施工方法)、近隣への影響、3Fの物件
Q当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
Aタブレット検索屋根周りに詳しい、施工実績が多かった
Qお見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
Aはい
Q数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A適切な工事の提案をしてくれた
Q工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A油断が雨漏りにつながったかもしれない。 リフォームの意識が全くなかった、 今回の工事の過程、出来に大変満足しています。 有難う御座いました。

この工事の現場ブログ

片面粘着ルーフィング(カスタムライト)

2018/01/23/ 神戸市長田区 屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板の立平を葺いていきます。

神戸市長田区 屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板の立平を葺いていく様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状、雨漏りに悩まされていたお客様に雨漏りに強い縦葺きの屋根を提案させていただき、工事をさせていただきました。屋根のカバー工事という...........

雨養生

2018/01/24/ 神戸市長田区 屋根カバー工事、本日は棟の仕舞いを行います。

神戸市長田区 屋根カバー工事、本日は棟の仕舞いを行う様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは。街の屋根やさんの松本です!雨漏りに強い、屋根の流れ方向が一枚ものの板金で作られている、立平という屋根材でのカバー工事となります。もち...........

屋根カバー工事立平葺き完成

2018/01/25/ 神戸市長田区 立平葺き、屋根カバー工事完了

神戸市長田区 立平葺き、屋根カバー工事完了の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは、街の屋根やさんの松本です!雨漏りを完全に止めるために、屋根の上に屋根を作るカバー工事を立平という材料で行いました。立平は屋根面の高い場所から...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天雨漏り 雨漏り調査

神戸市垂水区 板金屋根からの雨漏り雨漏りを止めるために調査を行います。こんばんは。街の屋根やさん神戸店松本和也です。本日は先日雨漏り調査に伺った際の調査の様子をお伝えいたします。雨漏りは以前から発生していたとのことですが、そのたびにお父様が...........

瓦棒屋根現状

神戸市長田区 錆びてしまったトタン屋根、改修・修繕方法をお伝えします。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日ご紹介する現場は、トタン板金葺きの瓦棒という屋根の形状のお住まいでの、修繕の様子です。写真は瓦棒のお写真です。表面の塗装の層が...........

多面屋根の屋根形状

神戸市灘区 勾配天井のお住まい、夏の暑さを軽減したいとお問い合わせがありました。お客様のお住まいを調査に伺った様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさん神戸店の松本 和也です。段々と夏の日差しに近づいてきて、とて...........