オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

灘区 屋根カバー工法!古くなった屋根の屋根カバー工事


工事のきっかけ

塗装工事や波板の交換工事などのご依頼からです。

神戸市灘区 屋根カバー工事,その他の工事 鉄部塗装工事、波板交換工事

ビフォーアフター

before
屋根カバー工事
horizontal
after
屋根カバー工事

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,その他の工事
施工期間
2日
使用材料
立平(ガルバリウム鋼板)
施工内容その他
鉄部塗装工事、波板交換工事
築年数
37年
保証年数
5年
工事費用
約38万円
建坪
30坪
ハウスメーカー
こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

屋根リフォームとして人気の屋根カバー工事(工法)をご存知でしょうか?

屋根カバー工事は、屋根の葺き替え(ふきかえ)工事とは内容が異なり、既存の屋根を撤去する必要がありません。

そのため、廃材の撤去費用がかからず、また工事期間も短く済むため非常に人気の屋根工事です。

今回は神戸市灘区にてお客様宅の玄関上に設置された下屋根の「屋根カバー工事」をご紹介いたします!

 関連ページ 



屋根カバー工事(工法)とは?

神戸市 屋根カバー工事の様
屋根カバー工事(工法)とは、既存の屋根の上から新しい屋根を覆うようにかぶせて造っていく屋根工事です。

「重ね葺き(かさねぶき)」「増し葺き(ましぶき)」などともよばれています。

古くなったスレート屋根のリフォームとしてもっとも一般的なのが屋根カバー工事です。

屋根カバー工事は、既存の屋根の上に防水シート(ルーフィング)を張り、その上から新しい屋根材を覆いかぶせるように設置していきます。


屋根カバー工事のメリットとは?

屋根カバー工事は既存の屋根を撤去する必要が無いため、撤去にかかる期間・人件費・廃材処分費などが殆どかからず、比較的安く工事を行うことが可能です。

特に、既存の屋根が2004年以前に設置されたスレート屋根(カラーベスト・コロニアル)の場合、アスベストを含んでいる可能性が高く、屋根材の処分費用が高額になることがあります。

また、既存の屋根材を撤去してから新しい屋根材を設置する「葺き替え工事」の場合、古い屋根材を撤去する際に騒音やホコリが発生してご近所トラブルになるケースもあります。

屋根カバー工事の場合は、既存の屋根材の撤去が不要なためご近所にあまり迷惑をかけずに済ませることができるでしょう。

屋根カバー工事に使用する主な屋根材は、軽量で耐震性の高い金属屋根が一般的です。

特に、非常に軽量で錆びにくく耐久性の高いガルバリウム鋼板が屋根カバー工事にもっとも多く使用されています。


さらに、既存の屋根の上から重ねるように新しい屋根材を設置する屋根カバー工事は、屋根が二重構造となるため、断熱性・遮熱性・遮音性・防水性を向上させることもできます。

 屋根カバー工事のメリット
 
・工事費用を抑えることが可能
・工事期間が短く済む
・工事中の騒音やホコリ飛散などのトラブルが少ない
・断熱性・遮熱性・遮音性・防水性が高まる



屋根カバー工事のデメリットとは?

屋根カバー工事は、既存の屋根の上に重ねるように新しい屋根材を張っていくため、瓦屋根のように凹凸がある屋根には基本的に行うことができません。

今回、神戸市灘区で行った屋根カバー工事は、既存の屋根材がアスファルトシングル(シート状の屋根材)であり表面が平らだったため屋根カバー工事を行うことができました。

また、アスファルトシングルやスレート材を使用した屋根であっても、屋根内部が傷んでいる場合は表面を覆う屋根カバー工事だけでは十分とはいえません。

このような場合、屋根内部の補修が必要となります。

 屋根カバー工事のデメリット 
・瓦屋根にはほぼ行うことができない
・屋根内部が傷んでいる場合は屋根内部の補修が必要


屋根カバー工事の施工手順

既存の屋根の状態を確認

屋根カバー工事
1.既存の屋根はアスファルトシングルという屋根材を使用されていました。

上写真のように、かなり劣化しており剥がれが目立ちます。

この屋根材はこのまま使用し、ここから屋根カバー工事を行います!

 関連ページ 


屋根下地を設置

屋根カバー工事
2.一般的に屋根カバー工事は、既存の屋根の上から防水シート(ルーフィング)を張っていきます

しかし、今回は既存の屋根下地材(野地板・のじいた)が傷んでいる状態でした。

そのため、既存の屋根の上に構造用合板を張り、新しい下地を張ってから屋根を造っていきます。(野地板増し張り屋根カバー工事)

胴縁(どうぶち)を入れずに直貼りしていきます。


屋根カバー工事
3.屋根の先端部分である軒先から外壁際まで、またケラバの際まで屋根下地である合板を張っていきます。

今回のように既存屋根の傷みが激しい場合、雨水を含んでいたり、保持力が低下しているため、既存屋根の上から防水シートを張ってもしっかりと密着しません。

新しい合板を設置することで、このあとに張る防水シートをしっかりと密着させることができます。

合板はビス留めして固定していきます。


ケラバとは、切妻(きりづま)屋根や片流れ屋根において、斜めになっている屋根断面側の外壁から飛び出している部分のことです。

 関連ページ 


防水シートを設置

屋根カバー工事
4.防水シートとして改質アスファルトルーフィングを軒先から壁際に張っていきます。

今回使用する防水シートはロールになっており、幅は900㎜のものです。

外壁際には水切りを入れ、雨押え(あまおさえ)の板金で雨仕舞(あまじまい)するため、防水シートは少し余分目に壁にかからせます。


屋根カバー工事
5.軒先から防水シートを張ります。

防水シートの幅は900㎜ですが、被りは100㎜以上重ねます。

メーカー指定のラインが記されています。


神戸市灘区 屋根カバー工事で防水シートを施工中
防水シートとは、雨の浸入を防ぐために屋根や外壁、屋内の水廻り床面などに設置される建築素材です。

「ルーフィング」「透湿防水(とうしつぼうすい)シート」「防水紙(ぼうすいし)」「屋根下葺き材(やねしたぶきざい)」ともよばれます。
 
 関連ページ 


水切り板金(みずきりばんきん)を設置

屋根カバー工事
6.軒先やケラバには水切り(みずきり)専用の板金を取りけます。

屋根の角部である出隅は切り込みを入れ、上写真のように被せて設置していきます。


屋根カバー工事
7.この状態が「水切り」になります。

水切り板金は葺き替えやカバー工事以外の新築でも必ず使用される建築材料です。


屋根カバー工事
8.水切り板金の設置が完了いたしました。

ビスを打ち、しっかりと固定されています。


水切り(みずきり)とは、外壁や屋根などを流れ落ちる雨水が建物内部に浸入することを防ぐために施される部位のことをいいます。

板金・漆喰・モルタルなどを用いて雨水がスムーズに流れるように施工されます。

この水切りを目的として設置される板金のことを「水切り板金(みずきりばんきん)」とよびます。

 関連ページ 


立平(たてひら)を葺いていく

屋根カバー工事
9.ここから新しい屋根材である立平(たてひら)を葺いていきます。

立平の素材は主にガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板は、錆びにくい・耐久性が高い・軽量というメリットをもちます。

立平(たてひら)は、軒先から外壁側・棟(屋根頂上)までが一枚になっており、スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)のように何枚も何枚も重ねて葺いていきません。

そのため、立平葺きは工事期間を短く済ませることが可能です。(今回は二日間でした)

上写真は立平を外壁側(壁際)にあたる部位に設置するため、折り曲げて加工しているところです。


屋根カバー工事
11.立平の片側をビスで留め、山と山が重なり押し込むとしっかりとはまってくれます。

山になった部分がしっかりと重なり、一度はまると抜けることはありません。

軒先は板金を谷折りして曲げていきます。


屋根カバー工事
10.立平葺き(たてひらぶき)は上写真のように山ができ、一見、昔の瓦棒屋根(トタン屋根)に似ています。

しかし、立平葺きは瓦棒屋根のように棟から軒先にかけての木材(心木・しんぎ)を使用しません。

木材が使用されていないので、腐食の心配がなくなります。

このように、金属だけの立平葺きでの屋根カバー工事はメンテナンス性にも非常に優れています。

 関連ページ 


神戸市 ガルバリウム鋼板の立平
立平葺き(たてひらぶき)とは、立平(金属の板)だけで作られた屋根のことです。

「縦葺き」「縦平」「立平板金」「長尺屋根」などともよばれます。

立平は屋根面の高い部位から低い部位までが一枚のガルバリウム鋼板の屋根材です。

立平葺きはシンプルな屋根ですが、割れにもサビにも強く比較的安価で施工することができます。

また、立平葺きは工時期間も短く屋根カバー工事にもオススメです。

 関連ページ 




屋根カバー工事 完了!

屋根カバー工事
壁際は雨押え板金で収めて屋根カバー工事完了です!

今回は凹凸のある屋根の仕上がりとなりましたが、庇(ひさし)や玄関上などに屋根カバー工事を行う場合、フラットに仕上げることも可能です。


屋根カバー工事
こちらのお宅では今回ご紹介した屋根カバー工事以外にも、テラス屋根の波板交換・バルコニーの鉄部塗装・部分的な解体工事などもさせていただきました。

 関連ページ 


「神戸市長田区|スーパーガルテクトでスレート屋根カバー施工!」はこちら


神戸市灘区で屋根カバー工事なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店代表杉本匡志
屋根カバー工事による屋根リフォームをお考えでしたら、私どもに是非おまかせください。

「うちの屋根は屋根カバー工事できるのかな?」

「屋根カバー工事っていくらくらいするの?」

街の屋根やさん神戸店では、いつでも無料で点検調査・お見積りまでさせていただいております。

もちろん、お見積りまででも大丈夫です!

どうかご遠慮なく無料点検・無料お見積りをご利用くださいませ。

そして、分からないことやご不安なことがございましたら、私ども「街の屋根やさん神戸店」に何でもご相談ください!

お客様がご納得いただけるまで、しっかりと丁寧にお答えさせていただきます!

 関連ページ 


 関連動画 



【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

神戸市長田区 下屋根瓦棒カバー工事と雨樋交換工事をご紹介します

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

神戸市灘区 波板交換工事の施工事例です。

IMG_3842-4
波板交換後
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約10万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

神戸市 屋根葺き替え工事 ビフォー
神戸市 屋根葺き替え工事アフター
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市灘区 屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

神戸市長田区 雨漏りにより落ちてきていた場所

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、神戸市長田区にお住まいの方から『雨漏りの原因を調査してほしい!』とのご依頼があり、屋根の無料点検に伺いました様子をご紹介いたします。居室内の天井に雨染みが出来たり、ポタポタと雨漏りしてきたら、真...........

軒天雨漏り 雨漏り調査

神戸市垂水区 板金屋根からの雨漏り雨漏りを止めるために調査を行います。こんばんは。街の屋根やさん神戸店松本和也です。本日は先日雨漏り調査に伺った際の調査の様子をお伝えいたします。雨漏りは以前から発生していたとのことですが、そのたびにお父様が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735