神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。


神戸市中央区 塩瓦葺きの棟
神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。
現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。
屋根の頂点、棟を見ていただけると、
上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。
瓦の下には土台として土が積んであります。
長年の雨の吹きこみにより、
棟の土台の土が少しづつ崩れ、瓦がガタついている状態です。
この棟を本日は修繕していきます。
工法は現状の使用よりも強力な防災棟での施工となります。
神戸市中央区 棟の捲り
まずは、現状の棟瓦の撤去作業です。
手作業で一枚づつめくっていき、
地道に作業をしていきます。

神戸市中央区 瓦の撤去 土の撤去
出てくる土もすべて廃材として捨ててしまうため、
清掃と撤去を並行して進めていきます。

神戸市中央区 棟の下地防災棟金物
屋根の頂点の撤去・清掃が終わったら、
頂点部分に700ビッチ前後で金具を固定していきます。
固定方法はビスで屋根の地面に打ち込み、
強く緊結を行います。

神戸市中央区 防災棟下地垂木
先ほどの金具に対して、下地となる受け木をまたまたビス止めで固定していきます。
防災棟の下地とな部位の為、しっかりと固定します。
神戸市中央区 防災棟下地なんばん
先ほどの金具・垂木に対して土材のなんばんを隙間に詰め込み、
強い土台を作り上げます。
なんばんはなんばん漆喰とも呼ばれ、
近年土の代わりとしてメインで使われるようになった材料です。
固まるとセメントのように締まり、
雨水に対しても土よりも強い材料です。

神戸市中央区 七寸丸取付
土体が出来れば、瓦材の大きな丸瓦、
7寸丸というサイズの瓦を先ほどの垂木に
ビスで緊結を行います。
従来の屋根の上に乗っているだけの棟と比べ、
全てが固定されている棟の為、
強さは以前と段違いです。
神戸市中央区 防災棟完成
ビス緊結が終わり防災棟の施工が完成です!
近年の瓦はすべてこの使用に切り替えていっております。
強く丈夫な施工がこれからの災害に対する唯一の対抗策なのです。

この工事の現場ブログ

棟瓦

2019/02/15/ 神戸市中央区 三段熨斗瓦から防災棟の積み替え工事

神戸市中央区より、三段熨斗瓦から防災棟の積み替え工事をさせていただきました。早速ご紹介します。

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

2019/06/24/ 神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市長田区 屋根の野地板に防災棟金物をビス止め致します

神戸市長田区 瓦屋根、防災棟(強力棟)の施工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。現状瓦屋根の頂点のちょんまげ部分の棟を解体したところです。写真は新しい棟の下地となる、防災棟金物を屋根の地面にビスで固定しているところです。金物で緊結...........

神戸市兵庫区 棟修理 積み替え防災棟

神戸市兵庫区 棟の修理。防災棟の施工の様子を本日のブログではご紹介いたします。台風により崩れた棟の修理を行いました。修理の方法は近年の台風、地震などの災害に強い防災棟に積み替えるという工事内容です。まずは、従来施工の土を使った棟を瓦、土共に...........