オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市中央区 瓦屋根の修理でできる防災対策とは?


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

ご自宅の屋根が瓦屋根の場合、震災や台風などの風災には弱いのではとご不安な思いをされていませんか?

一昨年(2018年)の大阪北部地震では、兵庫県内でも震度5弱を観測し、多くの住宅被害がありました。

ご自宅の屋根の劣化状況はどれほどか、震災や風災に備えた防災対策を見直す方が増えており、私たち街の屋根やさん神戸店にも日々多くの修理ご相談などのお問合せをいただいております。

屋根被害の多くは、屋根頂上部の棟の劣化による崩れです。

棟が劣化して隙間が出来ていたりガタついている状態だと、屋根の頂上から雨風が吹き込んで屋根下地全体を傷めることになり、瓦などの屋根材の崩れや雨漏りの原因となります。

築年数が経った屋根の場合はまず屋根の点検を行い、棟が劣化している場合は必要な修理をし、防災対策を行うことで災害時の屋根被害を防げます。

関連ページ



瓦屋根の修理でおこなう防災対策!「防災棟」

今回は、神戸市中央区にお住まいの方からのご依頼により築30年の瓦屋根におこなった、効率的な防災対策、棟の積み替えによる「防災棟」施工の様子をご紹介します!

漆喰劣化により固定力を失った瓦屋根の棟(むね)

瓦屋根の棟(むね)
こちらが今回ご依頼のあった瓦屋根の棟部分です。

棟の瓦の下には土台として土が積んであります。

瓦同士を接着している漆喰が、経年劣化により剥がれて欠落しておりました。

漆喰が剥がれた隙間から長年雨風が吹きこんだことで、棟の土台の土が少しずつ崩れ、瓦の固定力を失って棟全体がガタついている状態です。
瓦屋根棟部分の名称
そもそも瓦屋根の棟とは、屋根の頂上で屋根面どうしが接合している水平な部分をさします。

こちらの瓦屋根ではその接合部分を守るために、土台に土を置き、短冊状の熨斗(のし)瓦を積み上げ、1番上に半円型の冠瓦をかぶせてあり、それぞれの瓦を漆喰で接着していました。

ひと昔前の瓦屋根の棟の施工として一般的な工法です。

ただ、このように瓦が複数段積まれている棟は、頂上という位置的にも最も天候の影響を受けやすく、漆喰の経年劣化が比較的早く始まって固定力が弱まっていることが多いため、災害時に最も被害を受けやすいといわれています。

関連ページ

傷んだ漆喰の詰め直し、棟瓦の取り直しで瓦屋根を健全に保つ

既存の棟瓦を撤去します

棟瓦の撤去作業
まずは、既存の棟瓦を撤去していきます。

手作業で一枚ずつめくっていく地道な作業です。

土埃が舞ってご近所の方にご迷惑が掛からないように、丁寧に行います。
瓦屋根棟の葺き土除去作業
土台である土はチリトリなどを使い、袋に入れて除去していきます。

冠瓦、のし瓦、土はすべて撤去後に廃材処理します。

棟の下地に防災金具(補強金具)を取り付けます

瓦屋根の棟に取り付ける防災金具
棟瓦の撤去と清掃が終わったら、さっそく防災棟の施工開始です。

屋根下地に、防災金具(棟補強金具)を固定していきます。

ビスで屋根の下地面に700ピッチ(70センチ間隔)で打ち込み、金具と下地面を強く緊結していきます。

垂木(棟芯材)を設置します

垂木とは
先ほど打ち込んだ防災金具に、棟の芯材となる垂木をビス止めで固定していきます。

防災棟の芯となる建材のため、しっかりと固定します。

垂木まわりになんばん漆喰を詰めます

なんばん漆喰とは
垂木まわりの隙間を埋めて固定するようになんばん漆喰を詰めて、防災棟の強い土台を作り上げます。

なんばん漆喰とは、近年土の代わりとしてメインで使われるようになった材料です。

固まるとセメントのように締まり、雨水に対しても土よりも強い材料です

関連ページ

冠瓦を設置します

冠瓦とは
最後に、冠瓦をさきほど設置した垂木に1枚1枚ビスで止めて緊結します。

従来のように、積まれた土の上に瓦がのっているだけの棟とは違い、防災金具・垂木・冠瓦と棟を構成するパーツ全てがビスで緊結されているため、頑丈さはケタ違いです。

震災や台風などの風災による揺れで瓦がすぐズレてしまうといった不安を解消できます。

防災棟が完成しました

地震・台風に強い防災棟
冠瓦のビス緊結が終わり、防災棟が完成しました!

近年は、瓦屋根の棟修理につきましてはすべてこの防災棟仕様に切り替えております。

頑丈な瓦屋根には、まず強く丈夫な防災棟が必須です!

瓦屋根の修理なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
ひと言で瓦屋根の修理といっても、今回のような防災対策のための棟の修理から、瓦1枚の交換、漆喰のつめなおしなどさまざまな解決策があります。

雨漏りや、屋根の劣化の原因を探るにも、経験や専門知識もなく屋根や屋根裏にのぼるのは危険ですし、パッと見ただけでは原因が判断しにくいでしょう。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問い合わせくださいませ。

関連ページ





関連動画



この工事の現場ブログ

棟瓦

2019/02/15/ 神戸市中央区 三段熨斗瓦から防災棟の積み替え工事

神戸市中央区より、三段熨斗瓦から防災棟の積み替え工事をさせていただきました。早速ご紹介します。

瓦屋根の棟(むね)

2019/06/24/ 神戸市中央区 瓦屋根の修理でできる防災対策とは?

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。ご自宅の屋根が瓦屋根の場合、震災や台風などの風災には弱いのではとご不安な思いをされていませんか?一昨年(2018年)の大阪北部地震では、兵庫県内でも震度5弱を観測し、多くの住宅被害がありました。ご自宅の...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

伊丹市 棟を新しく防災棟で積み直した様子をご紹介いたします。

棟現状
防災棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟
築年数
約20年
建坪
20坪
保証
5年
工事費用
約60万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

釉薬瓦屋根工事前

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、三田市にて屋根工事を行いました様子をお届けしたいと思います。瓦職人が災害に強い屋根工法『防災棟工法』で屋根工事をした様子のご紹介です。お問い合わせのきっかけは、屋根から落ちた瓦の破片がお隣様の車...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市北区 瓦屋根点検

神戸市北区のお住まいに瓦屋根の点検に伺った様子を現場ブログでご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさん松本和也です。本日は台風により飛散してしまった瓦の点検の為、神戸市北区のお住まいに伺っております。瓦が飛んでから、ご主人様が自ら屋根に上り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735