神戸市灘区|春一番の強風で被害に遭われた家に急行しました。


突然に吹き荒れた『春一番』。みなさんの屋根は大丈夫でしょうか?

突然の突風に家にあちこちの家が被害に遭われ様です。

朝から電話が鳴りやみません・・・

こちらの方は『突風で、庇の板金が飛散してしまった。』との事で、現場に急行致しました。

こんにちは!雨漏り・屋根工事の事なら街の屋根屋さん神戸店の道明です。

神戸市灘区のお客様の庇屋根の板金が飛んでしまった現場がありますので、写真と合わせてご説明いたします。



現場に急行

現場に急行!調査を開始します。
雨漏り調査 庇屋根の調査
急いで現場に急行いたしました。
雨漏り調査 庇屋根の調査
道路に、風で飛んでしまった庇板金の破片が置いてありました。人に当たらず本当に良かったです。

庇屋根の調査

庇屋根を調査開始していきます。
雨漏り調査 庇屋根の調査
庇屋根を調査していきます。庇板金の剥がれてしまっております。
雨漏り調査 庇屋根の調査
通常、庇板金の上には防水紙が施工されるのですが、この庇は防水紙を施工していない様です。
雨漏り調査 庇の調査
庇屋根はこの下地の木に釘で留めているのですが、下地の木が痛んでおり、釘が取れてしまったようです。
雨漏り調査 庇の調査
端の方も下地の野地板の木が傷んでいるのが分かります。
庇屋根を調査していきます。

棟板金が剝がれ下地の木がむき出しになっています。

通常であれば、下地に木の上には防水紙が施工されており、2次防水の役割を果たすのですがどこにも見当たりません。

例えるならば、庇板金などの屋根材は傘の役割をします。

しかし、横殴りの風など強風時の雨の場合、傘を差していても、雨が入りこみます。

その時、屋根材の下を濡らさない役割を果たすのが『防水紙』になります。例えるならカッパの役割です。

この庇屋根は傘はあってもカッパがなかったので、強風時の雨の日に入り込んだ水が下地の木を痛めていたようです。

木材が水で傷んでしまうと棟板金を止めている釘も全く効果を発揮できません。

このまま新しい庇板金を被せ下地の木に留めても、また強い風が吹けばまた剥がれてしまいます。

火災保険について

対策と火災保険適用できる旨を説明致しました。
突風、疾風による屋根の破損は「風災による損害」は補償対象となります。

瓦がめくれた。瓦がずれた。棟板金が飛ばされた。釘が外れてスレートが飛ばされた。トタンが強風で飛ばされた。雨どいが外れた。波板が破損した。下から風に煽られて屋根の一辺分全部はずれた。などなど保険金を利用して屋根の修理ができます。

ただし、損害額が20万円以下となった場合にお支払対象外となる場合があります。

足場代も修理費用に含める事ができます。足場組立をきちんとした屋根工事の場合、20万円以上の費用になる場合が多いでしょう。

また、経年劣化や老朽化による雨漏りは対象外です。

雨漏りは長期間放っておくと自然災害との関係性が立証しにくくなり経年劣化と判断されやすくなります。

火災保険はできるだけ速やかに申請することが大切です。

当然、傷んだ下地にビスで庇板金を留めてもすぐに剥がれます。

ですので、今ある下地の木の上から新しい下地の木『構造用合板』を張ります。

その際、下地の木に下にある垂木に打ち付けます。

確認したところ、下の垂木は傷んでおらず、上からビス打ちしても問題ありません。

下地の木を施工し、水切り板金を施工後、その上から防水紙のアスファルトルーフィングを張り

その上から新しい庇板金を施工します。

また、雨漏りについては、屋根材の直下が室内になってますので、出来る限り雨が入らない様にするべきです。

波板を外し、野地板を入れ、防水シートを施工してから耐久性の高い板金であるガルバニウム鋼板を屋根材として葺くべきです。

他の現場での庇板金の施工事例です。

IMG_8551-columns2-overlay
まだ残っている庇板金は取り除きます。
IMG_8553-columns2-overlay
庇板金を取り除くと傷んだ下地の木が現れます。
IMG_8565-2-columns2-overlay
その上から新しい下地を木を垂木に打ち付けていきます。
IMG_8587-1-columns2-overlay
下地の木に水切り板金を取り付けます。水切りがあると、雨の大部分が水切りからしずくとなって落ちます。
IMG_8599-columns2-overlay
その上から防水紙を張り付けていきます。これが2次防水の役割を果たします。
IMG_8610-1-columns2-overlay
最後に庇板金を施工します。
春一番の強風で屋根が飛んでしまった家からたくさんのお問い合わせを頂いておりますが

ほとんどのお客様が風災害が『火災保険適用』である事を知りません。

きちんと屋根を直し家を守っていきましょう。

本日のブログは以上です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

DSC_0039
IMG_0178-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円
施工事例

神戸市兵庫区 屋根部分葺き替えの施工事例

IMG_2981
コロニアルへの葺き替え完成
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクァッド ケイミュー
築年数
建坪
約30坪
保証
工事費用
約40万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

神戸市灘区 波板交換工事の施工事例です。

IMG_3842-4
波板交換後
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約10万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

DSC_0039
IMG_0178-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市須磨区雨漏り箇所

神戸市須磨区 雨漏り箇所を特定に伺いました。現場は阪神高速の乗り口からほど近い、お住まいでした。去年の台風の時に大量に雨漏りが起こり、天井に染みが出来てしまったとのこと、大変驚かれたことと思います。そこから気を付けて天井を見ていたとのことで...........

かわらU葺きの屋根

神戸市西区 かわらU葺きの屋根、どうやら雨漏りしているとお問い合わせ頂き調査に伺いました。屋根はこれまで一度全面改修を行っており、大体20年ぐらい経過しているとお聞きしました。このセキスイかわらUという材料は、軽量屋根材の先駆けともいえる材...........

軒天雨漏り 雨漏り調査

神戸市垂水区 板金屋根からの雨漏り雨漏りを止めるために調査を行います。こんばんは。街の屋根やさん神戸店松本和也です。本日は先日雨漏り調査に伺った際の調査の様子をお伝えいたします。雨漏りは以前から発生していたとのことですが、そのたびにお父様が...........