神戸市東灘区 ケラバ袖瓦の飛散、現場に急行し調査を行いました!


釉薬瓦葺き
神戸市東灘区 ケラバ袖瓦の飛散、現場に急行し調査を行った様子を
本日はご紹介いさせていただきます。

お客様からお問い合わせ頂いた内容は瓦が飛んで無くなっているという内容でした。
築40年~50年ほどとお客様からお聞きして、
とても頑張ってくれている屋根だと思いました。

瓦が飛んだ理由と、
屋根の現調を調査させていただくため、
屋根に上らせていただき、調査を行います。
ケラバ袖の飛び
最初に見させていただいたのは、
お問い合わせの瓦が飛んでいる場所です。

無くなっている瓦は、
袖瓦という瓦です。

屋根の端部に施工される専用の瓦で、
端にも種類があります。
屋根の流れの一番下の軒樋が付いている場所を『軒先』
と呼び、
屋根の端の樋が付いてない屋根の端の部分、
をケラバと呼びます。

軒先とケラバでは、それぞれ違った形の専用の瓦を
使い納められています。
ケラバの袖瓦の飛び
昔の施工では、まず屋根面に粘土を積み、
その上に瓦を置き、土を土台として活用する、
『土葺き』
という施工方法が一般的でした。

ケラバの袖瓦や軒先の瓦などは通常は
落ちると危ないので土と釘止めして
強く屋根に固定してあるのですが、

昔の施工では、
土だけで、屋根の端部を収めていることがあります。
また、釘で固定していたとしても、
昔は鉄の釘を使用していた為、
長年の鉄の酸化により釘のサビが生じ、
折れてしまい瓦が飛散するケースが多く見られます。

お客様のお住まいはもともと
釘打ちがされていない施工でしたので

瓦の固定力が弱く、
先々また瓦が落ちてくる可能性があります。
角瓦の飛散
屋根を調査してもう一枚瓦がなくなっていることを確認いたしました。

これは、ケラバと軒先の合流する場所を守ってくれている、
角瓦という瓦が無くなっている状態でした。

同じように固定力としては弱いため、
風で飛ばされてしまったようです。

幸い、人や車に当たらなかったようなので安心です。
雨が入らないよう養生を行います。

DSC_0307-columns2-overlay
昔の施工では瓦が飛んでしまうと雨が直接屋根裏に入り込んでしまうため、
簡易的ですが、雨が入らないよう養生をさせていただき、
直近の雨をしのいでもらうこととしました。

防水シートを切り、防水テープで留めて雨水の浸入を防ぎます。

ラバーロック
瓦にズレ止めのシリコンが施工されていました。

これはラバーロック工法といい、
瓦同士をシリコンコーキングで固定し、

瓦のズレを押さえるための工法です。

ラバーロックのお陰で築年数から見ると、ズレの少ない良い状態です。

屋根の点検を終え、
瓦の復旧をさせていただくことになりました。

この工事の現場ブログ

釉薬瓦葺き

2018/02/21/ 神戸市東灘区 ケラバ袖瓦の飛散、現場に急行し調査を行いました!

神戸市東灘区 ケラバ袖瓦の飛散、現場に急行し調査を行った様子を本日はご紹介いさせていただきます。お客様からお問い合わせ頂いた内容は瓦が飛んで無くなっているという内容でした。築40年~50年ほどとお客様からお聞きして、とても頑張ってくれている...........

IMG_0059

2018/02/26/ 神戸市東灘区|淡路瓦の和形の青緑色の釉薬瓦。袖の瓦が落ちたとお問い合わせがありました。

神戸市東灘区で釉薬瓦が飛んでいるというお問い合わせを受け急行致しました。その様子をご紹介致します。こんにちは!屋根の事なら街の屋根屋さん神戸店の道明です。さっそくヒアリングを行い、屋根に上り調査を行いました。

青緑袖瓦

2018/03/05/ 神戸市東灘区 ケラバ袖瓦・角瓦を新しく収め直します。

神戸市東灘区 ケラバ袖瓦・角瓦を新しく収め直す様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさん、神戸店の松本 和也です。お客様のお住まいは、青緑という瓦の色で、釉薬瓦という表面がガラスコーティングされているタイプの瓦で...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

伊丹市 庇現状

伊丹市 庇屋根葺き替え工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!瓦屋根と板金屋根が合流している屋根で、2業種の工事が必要となります。板金屋根を作り直す板金の職人、瓦を葺き直す瓦の職人の仕事となります。まずは撤去作業から始め...........

神戸市北区屋根補修工事 急勾配の為部分的に屋根足場を架設します。

神戸市北区 屋根補修工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。先日足場を架設しました、神戸市北区の屋根補修の様子です。屋根頂点部の屋根材が捲れている状態で、急勾配の為足場の架設が必要でした。部分的に屋根足場を組み、屋根での...........

神戸市北区 コロニアル差替え 足場架設

神戸市北区 カラーベストコロニアルの差替えを行いました。こんばんは。街の屋根やさんの松本です。本日は神戸市北区でのカラーベストコロニアルの屋根材を差し替える工事を現場ブログでご紹介させていただきます。屋根材一枚が脱落している状態で、屋根の勾...........