オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

芦屋市 1階台所の天井から雨漏りをしているとお問い合わせをいただきました。


こんばんは。
街の屋根やさん神戸灘店の松本和也です!

本日の現場ブログは、
芦屋市 2階建てのお住まいで、
1階部分の台所から雨漏りがしているとのお問い合わせをいただき、
調査に伺った様子をお伝えいたします。

去年の暮れに外壁の改装工事を行ったということで、定期的にメンテナンスをされている、とてもきれいなお住まいでした。
その際雨漏りをお客様が見つけられたそうで、
その業者さんに2回ほど補修を行ってもらったようですが、
雨漏りが止まらなかったため、
弊社へお問い合わせ頂いたようです。



雨漏り個所キッチン廻り
先週の土曜日、大雨が降った際に、
このキッチン廻りから雨漏りが発生したようです。

お客様が雨漏りに気が付いたのは、
外壁の改修工事の時らしく、
強い雨の日は、ここから水が滴ってくると
お困りの様子でした。

雨漏りの原因を突き止めるべく、
お客様に許可をいただき、屋根に上り調査を開始いたします。

屋根調査開始

下屋根に上り調査を行いました
まずは梯子を掛けさせていただいて、
下屋根(1階の屋根)に上り、
屋根の点検を開始いたします。
桟葺き工法で葺かれた綺麗な釉薬S形瓦で葺かれた屋根でした。

瓦の状態も大変よく、
とてもきれいなお住まいです。
一見すると、雨漏りが発生しているようには見えません。
雨漏り個所直上の谷板金部です
下屋根の雨漏り個所の真上には、
谷板金という雨の通り道が施工されています。

屋根の傾斜が合流している場所になるので、
二つの屋根から流れてきた水を速やかに
樋まで排出しなければいけません。
そのため雨の流れる道を板金で作り、
樋までの雨水の流れる道を作っているのです。

この谷板金は、大量のあまみずが集まる場所なので、
雨漏りの原因となりやすい箇所です。

谷板金と瓦の隙間を漆喰で埋めて補修をしているようです。
以前補修してくれた業者が、
この谷板金と瓦の間の隙間から
雨が入り込んでいると判断し、
漆喰を詰めて、
雨漏りを止めようとしたようですが、
雨漏りは、続いています。

この漆喰の詰め方はあまりよくありません。
詰めすぎて、瓦と同じぐらいまで、
せり出してきてしまっています。
詰めすぎると、
瓦と漆喰の隙間をみずが通る道になりやすいので、

瓦の奥に漆喰を詰めなくてはいけないのです。
壁際から雨水の浸入を防いでくれる雨押え板金です
もう一点、
壁際には、瓦の上に水を流すために、
雨押え板金という板金が施工されています。
この板金の継ぎ目も
雨漏りの原因と判断したようで、
その時の業者がコーキングでふさいで補修を行ったようです。

大屋根部の谷板金です。
雨漏り真上の大屋根(2階の屋根)部には
同じように谷板金がありました。

この谷板金も点検を行いました。
銅板性のこの谷板金は、経年の劣化で穴が開いていました。
銅板で作られた谷板金は、
長年瓦から流れてきた雨水を受けて、
お住まいを守ってくれていたため、
劣化による穴あきが確認できました。


念のため、屋根裏に入らせていただき
穴が開いている谷板金の真下も調査させていただきましたが、
今のところ雨が浸入した痕跡は見受けられませんでした。

穴が開いても役目を全うしてくれている、
とても頑張ってくれている板金です。
下屋根壁際の棟部の雨押え板金の隙間から雨が入り込んでいるようです。
弊社では、
調査の際、今回の雨漏りの原因と思しき場所を確認いたしました。

先ほどご紹介した、
下屋根(1階部分の屋根)の谷板金付近の
壁から出ている隅棟です。

この隅棟を上から守っている雨押え板金が、
雨仕舞として機能していないような気がしたのです。

棟を守っている丸瓦の水止めのための山があるのですが、
雨押え板金のすぐ下の丸瓦に落ちた雨水は
その山の部分で2方向に流れを変えられてしまいます。
片側は写真下の方に、
もう片側は壁の方に水を呼び込んでしまっています。
散水試験を行いました。
原因の特定の為、
お客様にご了承いただき、
散水試験を行いました。
下屋根の谷部分も散水しましたが、
雨漏りは起こりませんでした。

そしてこの隅棟の部分に散水試験を行うと、
雨漏り特定
雨が漏り始めました。
やはり隅棟部分の施工が原因で雨漏りを引き起こしていたようです。

お客様もこれには驚かれていました。
雨漏り個所から少し離れた場所であったため、
ほかの業者さんも盲点だったからです。



お客様には、
隅棟部分の雨押え板金を新しくする工事を提案させていただきました。
お客様も納得してくださり、
次回お見積りをお持ちさせていただきます。

雨からお住まいを守る新しい雨押え板金を施工いたします。

この工事の現場ブログ

雨漏り個所キッチン廻り

2017/05/15/ 芦屋市 1階台所の天井から雨漏りをしているとお問い合わせをいただきました。

こんばんは。街の屋根やさん神戸灘店の松本和也です!本日の現場ブログは、芦屋市 2階建てのお住まいで、1階部分の台所から雨漏りがしているとのお問い合わせをいただき、調査に伺った様子をお伝えいたします。去年の暮れに外壁の改装工事を行ったというこ...........

本日は晴れです!

2017/07/19/ 芦屋市 穴の開いた谷板金を入れ替えます。サビに強いガルバ製へ!

おはようございます!芦屋市谷板金交換工事の様子を、本日もお伝えしていこうと思います!この日はとてもいい天気でしたので作業もすいすい進みます!本日の工程は、いよいよ新しい谷板金を入れていく工程になります!谷板金の施工のポイントもいくつかご紹介...........

壁際現状

2017/05/30/ 芦屋市 壁際の板金工事。隅棟付近からの雨漏りを塞ぎました!

こんばんは。街の屋根やさんの松本です!本日の現場ブログは、芦屋市 キッチン廻りから雨漏りがするとのお問い合わせをいただいたお客様のお住まいを調査した際、散水試験により、一階下屋根部分の壁際から伸びている、隅棟の根本部分から雨水が入り込んでい...........

同じ地域の施工事例

施工事例

芦屋市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

棟板金の捲れ
棟板金復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板)、下地貫板
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約27万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事 着工前

神戸市東灘区 雨漏りにより朽ちた庇屋根の組み直し工事着工の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。庇屋根調査時、雨漏りにより庇軸組が落ちかけている状態を発見してよく見てみたところ、内部の木にキノコが繁殖しており、早急な修繕が必要な状態で...........

神戸市西区 瓦屋根調査 太陽光温水器の様子

神戸市西区 瓦屋根の調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。瓦屋根に載せた太陽光温水器に不具合があると飛び込みの業者に言われて、不安になり弊社に調査のご依頼をいただいた経緯となります。屋根は釉薬瓦を葺いており、雨漏りも数...........

神戸市東灘区 アンテナ倒壊 

神戸市東灘区 アンテナ倒壊のお住まいへ調査に伺いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。お客様にご挨拶させていただき、さっそくアンテナの様子を見に屋根に上らせていただきました。お客様のお住まいは3階建、アンテナの状態を見るため梯子...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735