オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川西市 屋根葺き替え工事前の無料点検をご紹介します


※2020年9月24日更新
こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

今回は、川西市にお住まいの方から『屋根の葺き替え工事をしたいので現状をまず点検してほしい』とのご依頼があり、屋根の修理として葺き替えが必要かどうかの無料点検をおこないました様子をご紹介いたします。

現状の土葺き工法釉薬瓦屋根を、コロニアルという屋根材に葺き替えようとご検討されているとのことでした。

コロニアル屋根に葺き替えた後に、太陽光パネルを設置したいとお考えだそうです。

葺き替え工事の前には、屋根の現状を調べておくことが大切です。

屋根の劣化状況や下地の傷み、雨漏りの可能性などを把握しておくと、適切な葺き替え工事で寿命の長い屋根を施工することができます。

屋根葺き替え工事前の無料点検をおこないました

IMG_7475-columns1
それではさっそく、梯子をかけて屋根にのぼり、葺き替え工事が必要かどうか屋根の現状を点検していきましょう!


葺き替え工事前の点検その①棟瓦のズレ

屋根点検 大棟
屋根に上ったところ、一見すると瓦の状態も美しく、全体的に綺麗な屋根です。
棟瓦の歪み
しかし、棟を横から見てみると、棟に積んである長方形ののし瓦という瓦が全体的にズレ、歪みが出てきています。

棟というのは最初に粘土を含んだ土(葺き土といいます)を積み、そこにのし瓦を固定して、土台に出来る隙間には漆喰を詰めて仕上げます。

本来、葺き土や漆喰に劣化がなければ、土台がしっかり固定されているのでこの棟のラインはまっすぐなはずです。

このような棟のラインの凸凹は、奥の葺き土が崩れてきていてのし瓦がしっかり固定されていないというサインといえます。

関連ページ

葺き替え工事前の点検その②漆喰が詰められていない箇所

漆喰の詰め損じ
数年前から棟の歪みがあり、1度漆喰の詰め直しを業者にしてもらったそうですが、残念ながら漆喰がきちんと詰められていない箇所がありました。

瓦の山の部分に漆喰が詰められていないのです。
剥き出しの葺き土は雨漏りの原因に
漆喰が詰められていない部分は、奥の土台の葺き土が剥き出しになっていました。

これでは、隙間から雨水が入り込み、中の葺き土を濡らしてしまいます。

濡れて乾燥することを繰り返せば、土は劣化するため痩せて崩れ、土台がグラついた瓦はズレやすくなるのです。
劣化した棟尻の漆喰
棟の端部分を棟尻といいますが、棟尻の漆喰は他部分の漆喰と色が違いました。

他部分より色が黒ずみ、明らかに劣化が進行しています。

おそらく、前回の詰め直し工事の際に棟尻の部分は詰め直しをされていなかったのでしょう。

屋根の頂上に位置する棟は、雨風があたりやすく他の屋根部分より負荷がかかる場所です。

棟尻は特に天候の影響を受けやすく、ここの漆喰が劣化すると吹き込んだ雨水が棟の内部に浸入して棟の崩れを加速させるため、棟尻の漆喰は必ずメンテナンスが必要です。

関連ページ

葺き替え工事前の点検その③平部瓦のズレ

平部瓦のズレ
屋根の頂点である棟が傷んでくると、ズレた瓦に上から押されるようにして他の瓦もズレてきます。

屋根の斜面部分を平部といいますが、平部瓦のラインも歪みが出始めています。

少しの歪みに見えますが、こうして少しの隙間が生まれてくることにより、その隙間から雨水は入り込みます。

瓦がズレてすぐに雨漏りするわけではありませんが、少しずつ内部の葺き土や野地板などの劣化が進行していくと、屋根裏まで雨水が浸入していきます。

葺き替え工事前の点検その④ケラバの下地の傷み

傷んだケラバの下地
雨樋がついていない屋根の端部分をケラバといいます。

ケラバの下地である木材もだいぶ傷んできており、固定していたクギの浮きもいくつか確認出来ました。

下地が腐食して朽ちてしまうと上の瓦を支えられなくなるため、葺き替え工事の際には下地の交換も必要です。

関連ページ

葺き替え工事前の点検その⑤葺き土の劣化

瓦屋根の崩れた葺き土
瓦を一枚捲って、下地である葺き土の状態も点検します。

少しずつズレていた瓦の隙間からの雨水浸入により、瓦を固定する葺き土が崩れてきていました。

このように葺き土が崩れているということは、瓦の隙間から浸入した雨水はそのまま屋根下地まで浸透している可能性が高いです。

葺き替え工事前の点検その⑥屋根裏の雨漏り

屋根裏への雨漏り
葺き土の崩れが進行していたため、念のため屋根裏に雨水が浸入していないか点検をおこな
ったところ、屋根裏の断熱材が雨染みだらけになっていました。

雨水の浸入があるようです。

腐食まではしていないようですが、このまま雨水が浸入し続けると室内天井まで雨水が到達し室内での雨漏りが発生する可能性があります。

関連ページ


葺き替え工事前の点検結果まとめ

葺き替え工事前の屋根点検の結果、以下の箇所に劣化が確認されました。

・棟瓦のズレ
・棟尻の漆喰
・平部瓦のズレ
・ケラバの下地木材の傷み
・瓦屋根全体の下地の葺き土

屋根裏まで雨水が浸入しており、これ以上雨が降ればお住まいの躯体が傷んでしまう原因になりかねないということをお伝えしました。

葺き替え工事時の新しい屋根材としては、雨仕舞がよく軽い板金材の、『スーパーガルテクト』という屋根材をご紹介し、次回お見積りをお持ちさせていただくことになりました。

スーパーガルテクトとは、屋根リフォーム市場でナンバー1のシェアを誇るガルバリウム鋼板の1つです。

お住まいを守る屋根材としては嬉しい以下の特徴があります。

・屋根材本体に排水機構と折り返しがついており、雨水を浸入をシャットアウトできる
めっき層に含まれる亜鉛、アルミニウム、マグネシウムの働きにより、サビにくい
・日本瓦の1/10の軽さで、お住まいへの負担が少なく耐震性に優れている
・遮音性があり、雨音が響きにくい
・特殊塗料のコーティングにより、遮熱性に優れている

関連ページ

私たち街の屋根やさんでは、お客様の先々のお住まいづくりも考慮し、費用も含めて最適な提案をするよう心がけています。

ムリなご提案は一切せず、お客様に心から喜んでいただけるような修理ご提案をさせていただきます。

関連ページ






屋根の点検や修理ご相談なら街の屋根やさん神戸店へ

街の屋根やさん神戸店 宮崎 徹
屋根の修理といっても、漆喰の詰め直し工事から、瓦やスレートなどの屋根材1枚の交換、コーキング、屋根材ごと新しく葺き替えなど状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、屋根の劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

何より、経験や専門知識もなく屋根にのぼるという行為は大変危険です。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然かと思います。

「街の屋根やさん神戸店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「葺き替えなどの費用がどのくらいかかるかわからない」

といった葺き替えや部分修理前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

関連ページ



必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに修理とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ






この工事の現場ブログ

IMG_7475

2017/04/13/ 川西市 屋根葺き替え工事前の無料点検をご紹介します

※2020年9月24日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、川西市にお住まいの方から『屋根の葺き替え工事をしたいので現状をまず点検してほしい』とのご依頼があり、屋根の修理として葺き替えが必要かどうかの無料点検をおこないました様子...........

同じ地域の施工事例

施工事例

川西市 屋上ウレタン防水工事 通気緩衝工法のご紹介です!

DSCF0276
IMG_0967
工事内容
防水工事
使用素材
サラセーヌ(AGCポリマー)
築年数
約50年
建坪
約20坪
保証
5年
工事費用
約45万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

三田市屋根工事

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。今回は、三田市にて屋根工事を行いました様子をお届けしたいと思います。瓦職人が災害に強い屋根工法『防災棟工法』で屋根工事をした様子のご紹介です。お問い合わせのきっかけは、屋根から落ちた瓦の破片がお隣様の車...........

神戸市灘区 屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735