オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

灘区 雨が天井からしみだしてくるとのことで、点検に急行しました!


IMG_2423-columns1
写真中央、天井の色が変わっているのがお分かりいただけると思います。

これは模様ではありません。雨が染みだたその跡が天井に残っているのです。




本日のブログは、

灘区 瓦屋根、バルコニー付きの戸建ての現場調査です。

天井から雨が染みだしてくると連絡があったため、

現場に急行いたしました。

到着後、すぐに雨漏り現場を見せてもらった写真がこの写真です。
IMG_4934-columns2
こちらのお宅では、『釉薬瓦』(ゆうやくがわら)という

瓦が使われておりました!

太陽光のパネルが設置されていました!
IMG_4915-columns2
棟、面戸の下の釉薬瓦が割れています!

そして面戸の漆喰(写真の白い部位)のひび割れがお分かりいただけますか?

漆喰がかなり劣化しています。

また、釉薬瓦と釉薬瓦の重なりの部分にコーキングが

施されています!

これは絶対やってはいけません。

なぜかと言いますと、

本来は瓦と瓦の隙間で空気を循環させています。

そこをふさいでしまうと瓦の下に湿気がたまります。

そうすると、下地の木が腐ってしまいます。

換気は必ず必要だということです。
IMG_4963-columns1
つづいて、バルコニーの床外壁部分ですが、

かなり深いクラックが入ってしまっています。

こういったクラックから、雨が入り込み

雨漏りにつながるといったケースもあります。

割れを修繕しないといけません。
IMG_4978-simple
バルコニーの写真です。

黄色く補修の跡が残っていますが、
IMG_4978-e1482383170190-simple
端がめくれ上がっています。

これでは水は入り込みます。

微細な隙間があるだけで、

水が入り込んでしまいます!
瓦のコーキング部分は、私共のほうで、切っておきました。

今回の雨漏りの大きな原因は漆喰の劣化から、

瓦の下に雨が入り、それが雨漏りにつながったと判断し、

漆喰の詰め直し工事の提案をさせていただきました!

緊急の雨漏りの調査、お任せください!

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市北区 瓦屋根点検

神戸市北区のお住まいに瓦屋根の点検に伺った様子を現場ブログでご紹介いたします。こんばんは街の屋根やさん松本和也です。本日は台風により飛散してしまった瓦の点検の為、神戸市北区のお住まいに伺っております。瓦が飛んでから、ご主人様が自ら屋根に上り...........

瓦屋根の漆喰

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。先日、神戸市北区のお客様からお問い合わせをいただきました。「お寺の瓦が落ちてきてしまった。屋根工事が必要な状態か見て欲しい。」瓦屋根は屋根材の中でも、とても丈夫な部類に入ります。耐用年数は粘土瓦(日本瓦...........

IMG_3162

灘区 天井に雨が染みた跡があるとお電話をいただき、現場に急行し屋根の点検を実施いたしました。屋根の形状は瓦屋根。屋根には谷(勾配の向きが違う屋根の屋根の合流地点)がある屋根となっています。それでは屋根の様子を見ていきましょう。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735