雨漏りの原因を解説 瓦屋根編


雨漏りと一口に言いましても、

原因となる事象は多岐にわたります。

なぜ、雨漏りにつながるのかを解説・追及していきます。

IMG_6695-columns2
【瓦の割れ】
このように瓦が割れてしまっていると
瓦の割れから雨水が入り込み
瓦の下に入っている土、防水紙を傷めてしまう原因を作ります。
また、昔は防水『紙』を使っていたため、現代の防水シートのように水に強くはありません。
もし、瓦の下に水が入り込むと即座に雨漏りにつながりやすいと言えます。
IMG_6701-columns2
こちらの写真が、
瓦の下に入っている葺き土の点検の様子です。
手前側の土が湿っているのがお分かりいただけますでしょうか。
雨の浸入によって葺き土が水分を含み、
柔らかくなっています。そのせいで瓦の固定が弱まり、
瓦のズレや、瓦の隙間が生まれて、
割れや、落下、雨漏りにつながります。

IMG_4050-columns2
【棟の歪み】
こちらは大棟の写真です。
本来ならば棟は真っすぐ、
一直線に通っていないといけないのですが、
写真の棟はかなり歪んでいるのが
お分かりいただけると思います。
棟の中にも土が入っており、雨が入り込むことによって
土が柔らかくなります。
土が柔らかくなることでのし瓦が段々ずれていき、
このようないびつな棟へと変貌していくのです。


IMG_4025-columns2
棟の横から見た写真です。
長方形の瓦五段積んである瓦、これを『のし瓦』と呼びます。
のし瓦は通常なら上下の段ごとに
面があっていないといけません。
しかし、写真ののし瓦はばらばらになっています。
瓦は軒先から棟に向かって上へ上へ積み上げます。
そして、一番頂点の棟でしっかりと固定をします。
棟がこのようにずれてくるとその分、
瓦がずれやすくなるのです。
IMG_7832-columns2
【屋根の谷部】
谷、とは屋根と屋根が合流している、
谷のようになっている部位です。
板金によって雨水を流す経路が作られています。
昔の谷板金では、銅が主に使われていました。
経年の劣化で穴が開くことがあり、
穴が開いてしまうと、
大量の水が屋根裏に浸入してしまいます。
IMG_4258-columns2
屋根と谷板金の接合部は、
漆喰を詰めて板金の外への漏水を防いでいますが、
経年の劣化で漆喰が傷むと、割れや欠けが起こり、
そこから雨水が侵入してしまうこともたびたびあります。
今日は瓦屋根の雨漏りの原因の一部を、かいつまんでお伝えしました。

このように雨漏り、と言いましても理由は様々です。

精査して、正しい雨漏りの原因を追究しなければ、
根本的な解決にはつながりません。

街の屋根やさんは、必ず原因を特定いたします!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 棟板金の吹き飛び 足場架設

神戸市中央区 棟板金の交換工事の様子をお伝えいたします。本日は台風被害による棟板金の吹き飛びを修理する交換工事のご紹介です。お施主様のお住まいの屋根は7寸勾配はあるとても急な屋根でしたので、前日に作業用足場を架設して作業を行いました。棟板金...........

大和スレート葺き屋根 屋根材の割れ部分

三木市 大和スレート葺き屋根を補修いたします。おはようございます。本日の現場ブログは廃盤になってしまっています、屋根材の補修の様子をお伝えいたします。波型のセメント化粧スレート、大和スレート yがわら葺きの屋根の一部が、飛来物により陥没・割...........

神戸市北区 雨樋の脱落

神戸市北区 雨樋の脱落の調査に伺いました様子を現場ブログでご紹介いたします。お住まいに到着してご挨拶をさせて頂き、すぐに現状を見させて頂きました。見上げると雨樋が脱落し垂れ下がっている状態でした。遠くから見るだけでは現状の状態が分からないた...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735