オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市灘区 雨漏り原因はベランダにあり!防水工事で雨漏りのないお住まいへ


こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。

本日は神戸市灘区にて行った「ウレタン防水工事」の施工模様をくわしくご紹介させていただきます。

お問い合わせのきっかけはお客様のご自宅内部で起きた雨漏りでした。

「リビングの天井から雨水が漏れている‥」

無料雨漏り点検を実施したところ、リビングの雨漏り箇所の真上にはベランダがありました。

そして調査の結果、リビングの雨漏り原因は「ベランダ床面の防水層の劣化」によるものと判明しました。

雨漏り原因となっている既存のベランダを「ウレタン防水工事」で雨漏りのない快適なベランダへリフォームさせていただきます!

 関連ページ 



防水工事とは?

防水工事とはコンクリート建造物の雨水に晒される部分に防水層を形成する工事のことです。

主に、屋上の陸屋根(ろくやね)・ベランダ・バルコニーからの漏水を防ぐための工事のことをいいます。

 関連ページ 


防水工事の工法は2種類

防水工事には主に2通りの工法があります。


防水工事における工法一つ目は「密着工法」とよばれる方法です。

密着工法とは、雨水の浸入を防ぐための防水層を下地に「密着」させて施工する方法のことをいいます。

 メリット 
・下地にそのまま防水層を形成できるため、工事にかかる期間を短くすることができる

「通気工法(絶縁工法)」と比べてコストパフォーマンスが高い

 デメリット 
・下地に含まれている水分の影響を受けやすく「ひび割れ・膨張」が起きやすい

・定期的な点検・メンテナンスが必要となる


防水工事における二つ目の工法は「通気工法(絶縁工法」です。

通気工法は、防水層を下地に密着させず「空間(空気層)」を設けて浮かせる施工方法となります。

空間を設けるため「通気緩衝シート」を下地に設置してその上から防水層を形成していきます。

 メリット 
防水層が下地に密着せず浮いているため、下地に含まれる水分の影響をほぼ受けずに長持ちする

・長持ちするためメンテナンス費用を抑えることができる

 デメリット 
・密着工法と比べて工事費用が若干高め

床面に空気層を設けているため人通りが多い場所や重い荷物を置くような場所にはあまり向かない

 関連ブログ 


「川西市 屋上防水工事 通気緩衝シートを敷き込みます!」はこちら


複雑な形状のベランダに最適なウレタン防水工事とは?

ウレタン防水施工中
ウレタン防水工事(ウレタンゴム塗膜防水)とは、液状のウレタン樹脂を塗布することでゴム状の弾力のある防水膜を形成する防水施工のことです。

液状のウレタン樹脂を塗布していく施工方法のため、複雑な形状の床面でも継ぎ目のないシームレスで完全な防水膜を形成することが可能です。

そのため、屋根の雨漏り修理や屋上防水などでもよく使用されています。

 関連ページ 

 関連ブログ 

防水工事 ビフォーアフター

まずは、今回行ったウレタン防水工事のビフォーアフター写真をご覧ください。


before1
工事前
 防水工事前 
ベランダ防水層の劣化により雨水が内部へ浸入し、下階への雨漏りトラブルが発生していました。


horizontal
after1
神戸市灘区 ウレタン防水を施工後のベランダ床面
 防水工事後 
ベランダの防水工事が完了いたしました!

施工後は継ぎ目のない綺麗な防水層となりました。


雨漏りするベランダの防水工事 工程

それでは、神戸市灘区にて行ったウレタン防水工事の作業工程を、写真とともにくわしくご紹介いたします。


雨漏りするベランダの防水工事 工程①「既存ベランダ床面の確認」

神戸市灘区 雨漏り原因となったベランダの傷んだ防水膜
既存のベランダ防水層は経年劣化により傷みがひどい状態でした。

ベランダ床面や屋上のようにフラットで緩勾配(かたむきが少ない)の面はどうしても湿っている時間が長くなります。

湿っている時間が長ければ長いほど床面の防水層は劣化が進みます。

傷んだ防水層にはひび割れやめくれが発生し、そこから雨水が浸入して建物内部への雨漏りへとつながります。

 関連ブログ 




雨漏りするベランダの防水工事 工程➁「下地補修・プライマー塗布」

神戸市灘区 プライマー塗布後のベランダ床面
痛みのひどい箇所はコーキング材で下地を作って整えていきます。

その後、下地と防水層を接着させるためにプライマーを塗布します。

プライマーは防水効果もありますので下塗り材としては使用率の高い材料です。

 関連ページ 


神戸市灘区 防水工事に使用するプライマー
プライマーとは防水工事や建築工事などで使用される下塗り塗料のことです。

主に接着性を高めることを目的として使用されます。

また、下地の凹凸(へこみ、キズなど)を埋めて表面をフラットにしてくれる効果もあります。


雨漏りするベランダの防水工事 工程③「通気緩衝シートの設置」

神戸市灘区 通気工法による防水工事
プライマーを塗布後、通気を確保するため通気緩衝シートを敷き詰めていきます。

シワにならないよう慎重に設置していきます。

通気緩衝シートは下地(コンクリート)と防水塗膜(ウレタン樹脂)が密着しないよう浮かせるために設置されます。

これにより下地からの水蒸気(水分)による「防水層の膨れ」を防ぐ効果があります。

また、下地の動きを通気緩衝シートにより緩衝(やわらげる)ことで防水層のひび割れ・破断を防ぎます。


雨漏りするベランダの防水工事 工程④「ジョイントテープを貼付」

神戸市灘区 通気緩衝シート同士のつなぎ目にジョイントテープを貼った様子
ジョイント部(通気緩衝シート同士のつなぎ目)を重ね合わせることにより、シートを一体化させて防水機能を高めます。

さらに、通気緩衝シート同士のジョイント部にジョイントテープを貼りつけてしっかりと下処理を行います。


雨漏りするベランダの防水工事 工程⑤「ウレタン塗料を塗布」

中塗り
その後ウレタン塗料を中塗りで塗り込み養生します。(約1日間)


ウレタン防水
均一な膜厚で施工するには技術が必要です。

最後にウレタン防水のポリウレタンを紫外線から守るためにトップコートを塗布していきます。




雨漏りするベランダの防水工事 工程⑥「施工完了」

完成
通気工法によるウレタン防水層の完成です。継ぎ目のないとても綺麗な仕上がりとなりました。

今回の防水工事にかかった期間は二日間でした。近隣の皆様、工事期間中はご協力どうもありがとうございました。


雨漏りを未然に防ぐ!「ベランダ防水層の劣化サイン5つ」とは?

大切なお住まいを守るためには防水層の適切なメンテナンスや定期的な点検が必要です。

雨漏りしてしまってからでは建物へのダメージが大きくなるため、その分修理にかかる費用もかさみます。

(一般的には、防水層表面の補修費用<防水層下地の補修費用<雨漏りによる建物の補修費用となります。)

ここでは、大切なお住まいを雨漏りから守るために知っておきたい「雨漏りを未然に防ぐ!ベランダ防水層の劣化サイン5つ」をご紹介いたします。

もし、あなた様がお住まいのベランダ床面に以下のような症状が出ていたら、一度、プロによる点検のご利用をおすすめいたします。

 関連ページ 


雨漏りを未然に防ぐ!ベランダ防水層の劣化サイン①「剥がれ・ひび割れ」

ひび割れたベランダの床面の防水層
ベランダの床面に剥がれ・ひび割れが見られる場合、一見すると大したことのないように思えます。

しかし、放置し続けることで剥がれ・ひびの範囲が徐々に広がっていきます。

床面の表面(トップコート)が剥がれることで防水層が剥き出しになります。
そこへ紫外線が降り注ぐことで防水層の劣化を早めてしまいます。

また、重度のひび割れ(ひびの幅が数ミリ)が出現している場合は特に注意が必要です。
防水層内部まで浸水の可能性があり雨漏りの原因となりえます。

防水層が劣化により傷むと雨水浸入のリスクが高まり雨漏りへとつながる可能性が高くなります。


雨漏りを未然に防ぐ!ベランダ防水層の劣化サイン➁「水溜まり」

防水層に溜まった雨水
ベランダに出現する水溜まりは排水機能が低下している証拠で「雨漏りの一歩手前の状態」といっても過言ではありません。

最近では短時間に局地的な大雨が降るゲリラ豪雨で、一時的にベランダの床が水浸しになる様子を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

「そうは言ってもしばらくすると流れて無くなるし大丈夫では?」と思われる方も多いかと思います。

しかし、防水層が劣化し傷んでいる状態で水溜まりとなっている場合、特に注意が必要です。

防水層が傷んだ状態での雨溜まりをそのままにしておくと、内部へ浸水し下階への雨漏りを引き起こす可能性があります。

ベランダに水溜まりができる原因は、「床面の勾配(傾き)不良」「排水口の詰まり」などがあります。

排水口を掃除しても改善しない場合、上記であげた「勾配不良」もしくは「排水口内部の詰まり・劣化」の可能性がありますので、一度、プロによる点検の依頼を検討するべきでしょう。


雨漏りを未然に防ぐ!ベランダ防水層の劣化サイン③「天井のシミ」

雨漏りした天井
もし、天井のシミを見つけたら雨漏りの可能性があります。

そして、雨漏りした天井の真上にベランダが設置されている場合はベランダ防水層からの雨漏りかもしれません。

ベランダ床面には雨水の浸入を防止するための防水層が形成されていますが、劣化により傷んでいる場合、雨水が防水層を通り抜けて内部へ浸入し雨漏りを引き起こします。

また、ベランダの窓枠(サッシ)からの雨漏りも多い傾向にあります。

天井のシミの原因は雨漏りの他にも「結露」「給水管・排水管の水漏れ」「動物の糞尿」などがありますが、「雨の日にシミが出現する・広がる」という場合には雨漏りの可能性が高いです。


雨漏りを未然に防ぐ!ベランダ防水層の劣化サイン④「めくれ」

劣化によりめくれた防水層
ベランダ床の防水層にめくれが見られる場合、防水層の内部に雨水が浸入している可能性があります。

防水塗装のわずかな隙間から雨水が入り込み、蒸発する際に膨張するため床面の「めくれ」となって表れる場合があります。

めくれの放置は防水層からの雨漏りを引き起こすことにつながりますので早目のメンテナンスが望まれます。


雨漏りを未然に防ぐ!ベランダ防水層の劣化サイン⑤「苔・藻の繁殖」

苔の繁殖した防水層(排水口まわり)
ベランダ床面に生えた苔や藻は「防水層の水はけが悪くなっている」という証拠です。

苔にも多くの種類がありますが、繁殖するための好条件として共通していることは「高湿である」ということです。

防水層表面が剥がれて床面が色あせてくると水はけが悪くなり、苔や藻の繁殖しやすい条件となります。
酷いときには雑草まで生えてくることも。

防水層に苔・藻が繁殖する原因には防水層の劣化の他にも「排水口の詰まり」があげられます。

とはいっても、苔や藻が直接防水層に被害を及ぼすわけではありません。

苔や藻が好む「水はけの悪い高湿な状態」を放置し続けることで防水層の劣化を早め、雨漏りを引き起こす原因となります。

対処としては、高圧洗浄で苔や藻を除去し表面のトップコートを塗り替えるという方法があります。

被害が大きくなる前に一度プロによるメンテナンスをおすすめします。


神戸市灘区で雨漏り点検・防水工事なら街の屋根やさん神戸店

ベランダの防水工事も街の屋根やさん神戸店へおまかせ
防水工事を行うきっかけとして非常に多いのが「ベランダが原因の室内への雨漏り」です。

ベランダに施工されている防水層の寿命は約10年といわれていますが、ベランダの設置環境により変わります。

南向きに設置されたベランダの場合は紫外線の影響を受け防水層の劣化が早い傾向にあり、また湿度が高く雨の多い地域の防水層も劣化しやすいです。

早目に劣化サインに気付きメンテナンスを行うことで補修・修理にかかる費用を抑えることができます。

神戸市灘区でベランダの定期点検をご希望でしたら街の屋根やさん神戸店へご相談ください。
また、雨漏りトラブルが現れている場合も私どもにおまかせください!

トラブルの原因をしっかりと突き止め適切な施工をご提案いたします。

街の屋根やさん神戸店ではいつでも無料で現地調査・お見積りまでさせていただいております。

もちろん、お見積りまででも構いません。

分からないことやご不安なことがございましたら、私ども「街の屋根やさん神戸店スタッフ」に何でもご相談下さいませ。

何度でも丁寧にお答えさせていただきます!

 関連ページ 



同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市兵庫区 屋上改修工事、塩ビシート機械的固定工法の施工事例です。

屋上ビフォー
屋上アフター
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
ビュートップU15※田島ルーフィング
築年数
約50年
建坪
約40坪
保証
7年
工事費用
90万円
施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

神戸市灘区 波板交換工事の施工事例です。

IMG_3842-4
波板交換後
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約10万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

神戸市 屋根葺き替え工事 ビフォー
神戸市 屋根葺き替え工事アフター
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市長田区 ベランダ防水工事 ウレタン防水通気緩衝工法 完成

神戸市長田区 ベランダ防水工事の仕上げの工程をご紹介します。本日は先日竣工いたしました工事の、ベランダ防水工事の通気緩衝工法のウレタン塗布から仕上げまでの工程のご紹介です。写真は防水仕上がりの様子です。塗膜防水の中でも、既存の下地から上がっ...........

神戸市長田区 ベランダ防水工事 下地調整 ベランダ現状

神戸市長田区 ベランダ防水工事を着工致しました様子を、本日のブログではご紹介しようと思います。一言にベランダ防水と言っても、材質はいろんな種類があります。既存の防水はアスファルト防水の上に押さえコンクリートの新築施工の上に、一度以前のメンテ...........

神戸市北区テラスからの雨漏り

こんにちは!街の屋根やさん神戸店です。雨漏りというと、「天井からポタポタと水が落ちてくる」というイメージが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、雨漏りの症状は実にさまざまです。先日、兵庫県神戸市北区にご在住の方からお問い合わせをい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735