オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

多可郡多可町 雨漏り調査、天窓からの雨漏りへ伺いました


IMG_1914-columns1
多可郡多可町 雨漏り調査、天窓からの雨漏りへ伺いました様子を本日はご紹介いたします。
金属瓦葺きの屋根に設置してある天窓から雨漏りが発生しているとのことで急遽調査に伺わせていただいたときの様子です。

天窓は雨漏りの発生頻度が高く、ガラス、ゴムパッキン、アルミの天窓の枠と異なる部材が組み合わさって防水効果を得ている部位なのでトラブルが起こりやすい部位でもあります。よくあるのが、ガラスとアルミの枠の間のパッキンが熱による伸縮を繰り返し劣化します。縮んで隙間が生まれてしまうので内部に水が浸入してしまいます。

雨漏り個所の確認を行います

IMG_1880-columns2
雨漏り個所を確認させていただきました。お客様のお住まいはログハウス風のおしゃれな住宅です。2階寝室に設置してある天窓はペアガラスを採用しており、2枚のガラスの層があります。そのガラスの間に水が溜まっている状態です。居室内にはまだ入り込んでいないようですが、外側の第一次防水層は突破している状態なので、先々居室内に入り込んで雨漏りが起こる可能性があります。
IMG_1907-columns2
屋根に上り、外側から天窓を確認いたします。写真赤丸のトプライトのプラスチックカバーが劣化により割れて外れています。また青丸は以前の補修か屋根に上った人間の体重により板金の屋根材がへこんでいます。
幸い屋根材に穴は開いていないようです。
IMG_1900-simple
やはり天窓のパッキンは劣化により縮んでおり、隙間を埋める能力がなくなってしまっています。天窓の水下(傾斜が下に位置する場所)はアルミの枠の厚みで段差が出来てしまうため、雨水は流れきらず水が溜まってしまう状態です。お客様のお住まいも水がたまることによる汚れが付いています。
水がたまる箇所のパッキンが外れているため入り込んでいる状況です。
IMG_1897-1-columns1
天窓の水上(傾斜が上の方)もパッキンが欠損しています。吹き込んだ際、入り込んでしまうのでこちらも雨漏り浸入のリスクがあります。天窓から雨が入り込まないようにするには、このパッキンを交換するか、シーリング材で塞げば治りますが、ペアガラス内に溜まっている水は排出出来なくなってしまいます。ペアガラスのガラスのガラスの間は内部結露を防ぐ為と断熱力を高めるため、乾燥空気か空気より熱伝導率が低いアルゴンガスなどを充填し密封しているのですが、水が入り込んでいる状態はそのペアガラス自体も経年劣化でペアガラス能力も落ちている状態です。現状の水だまりはカビの発生につながるので排出は必ず行った方がいい状態です。幸い屋根上から必要箇所だけ解体できそうな天窓の為、ガラスを撤去できる状態まで一度枠を解体して、ペアガラス自体を交換する内容を提案させて頂きました。現状のお住まいの状態で提案内容はお住まい一軒一軒変わってきます。同じ雨漏りでも原因は多岐にわたるため現状の確認が必須となります。お客様に状態をご理解いただき現場を後にしました。

この工事の現場ブログ

IMG_1914

2020/03/18/ 多可郡多可町 雨漏り調査、天窓からの雨漏りへ伺いました

多可郡多可町 雨漏り調査、天窓からの雨漏りへ伺いました様子を本日はご紹介いたします。金属瓦葺きの屋根に設置してある天窓から雨漏りが発生しているとのことで急遽調査に伺わせていただいたときの様子です。天窓は雨漏りの発生頻度が高く、ガラス、ゴムパ...........

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市北区 トップライト(天窓)の雨漏り修繕工事  トップライト上端の加工が完了

神戸市北区 トップライト(天窓)の板金巻工事をお届けしたします。天窓から雨漏りが発生しているため、雨が入らないようトップライトを板金で巻き込む工程です。前回の工程でトップライト廻りに板金を巻き込む様子をお伝えいたしました。前回のブログはこち...........

神戸市北区 トップライト(天窓)の雨漏り修繕工事

神戸市北区でトップライト(天窓)から雨漏りが起こったお住まいの修繕工事の様子です。お住まいの採光の為に人気があるトップライト、いわゆる天窓の部分修繕工事です。夜は星を見たり、昼は暖かい太陽の光を取り込んだりと、一度は皆様憧れたことがあると思...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735