オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

芦屋市 棟板金が先日の台風により飛散したとお問い合わせをいただきました!


しっかりと養生されています。
芦屋市 棟板金が先日の台風により飛散したとお問い合わせがあり、
現場に伺い、現状を調査した様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。
飛んでいたのは換気棟で、現状ハウスメーカーにより
養生もされている状態ですぐに雨が入り込こむことはなさそうです!

築30年ほどということもあり、
屋根はとても頑張っている状態です!

カラーベストと呼ばれる屋根材で葺かれた屋根は、
屋根材の表面の塗膜が飛んでいるため、
基材のセメントに水が滞りやすく、
その濡れている状態が長い場所に、
苔が生えている状態でした。
換気棟です!
養生を捲り、
棟を目視で点検いたします。

大換気量の換気棟が付いており、
小屋裏の湿気などをここから逃がしており、
この上に上から板金を被せて
換気口に水が入り込まないようにしているものです。
換気棟の下は屋根裏になっています。
しかし、
通常の棟板金よりも高さが出てしまうため、
前回のような台風により、
風にあおられ、棟板金が外れてしまった状態です。

ここに雨が降ると、
即座に雨漏りにつながるため、
養生は必ず行っておかなくてはいけません。
スレートが割れています
換気棟の点検後、しっかりと防水テープで養生しなおし、
屋根面をくまなく点検いたします。

本棟際のスレートに上から何かが滑り落ちたよな跡が続いています。
コロニアル割れ
そのライン上に割れているスレートを2枚確認いたしました。
おそらく、板金が滑り落ちた衝撃で、
屋根材を割っていると思われます。

この割れは下に差し込んである、
スレートの固定用の釘が見えている状態ですので、
このままの状態では、釘穴から、
少しづつ雨水が下地を濡らしている可能性があります。
ここは新しい屋根材を部分的に入れ替える必要があります。
隅棟の様子
飛散している棟板金以外の棟も、
点検させていただきました。

棟板金の状態を調査させていただきました。
棟板金を固定している釘が抜けてなくなっています。
棟板金にはよくある症状で、
下地の貫板という木が水の吹き込みなどで
釘が効かなくなったり
板金の挙動により少しづつ抜けることがよくあります。
現状しっかりと固定はされているのを
確認いたしました。
軒樋がアンテナのコードで割られています。
アンテナのコードが軒樋を切断している状態です。

雨水の通り道となることが軒樋の役割ですので、
このままの状態ですと、
水が下に落ちてしまう状態です。

点検の結果、
換気棟の板金、割れたスレート差替え、軒樋の交換
をご提案させていただきました!
とてもよく頑張ってくれている屋根ですので、
原状復帰を行いたいと思います。

この工事の現場ブログ

しっかりと養生されています。

2017/12/15/ 芦屋市 棟板金が先日の台風により飛散したとお問い合わせをいただきました!

芦屋市 棟板金が先日の台風により飛散したとお問い合わせがあり、現場に伺い、現状を調査した様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。飛んでいたのは換気棟で、現状ハウスメーカーにより養生もされている状態ですぐに雨が入り込こむことはなさそうです...........

同じ地域の施工事例

施工事例

芦屋市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

棟板金の捲れ
棟板金復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板)、下地貫板
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約27万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市灘区 屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

神戸市長田区 外壁改修工事、外壁カバー工法 現状の状態

神戸市長田区 外壁改修工事、外壁カバー工法着工の様子を本日はお伝えいたします。お住まいの外周全体的に雨漏りが発生していた原因は4階部分の板金製の外壁からでした。3階まではモルタルの外壁で納められており、そのつなぎ目の土台水切りから雨水が入り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735