灘区 漆喰の詰め直し工事、漆喰は塗増しではなく、詰め直しを!


おはようございます!

本日の現場ブログは、
灘区での漆喰の詰め直し工事の様子をお伝えいたします!

漆喰とは、
瓦屋根の
棟下の面戸、または鬼瓦周りに施工されている
白い部分といえば皆様にわかりやすいかもしれません!

漆喰は10年に一度はメンテナンスが必要になってくる部位です。
劣化すると黒ずんできたリ、剥がれ落ちてきたりします!

漆喰をメンテナンスする際は、
既存の漆喰の上に新しい漆喰を施工する塗り増しではなく
詰め替えを行ってください!

塗りましをすると、古い部分ごと剥がれ落ちたり、
漆喰の詰めすぎによるトラブルが起こりやすくなってきます!

それでは工事の様子を見ていきましょう!
漆喰はがし
まずは、既存の漆喰をハンマーで叩き撤去していきます!
漆喰の奥には、棟の形を支えている土が入っています!


はがした漆喰と一緒に出てくる土を清掃して、
その土の表面を刷毛で綺麗に整える作業を行います!

土の表面を整えなければ、漆喰はうまく乗らず、
はがれやすくなるので、
丁寧な仕事が求められます!
屋根漆喰
屋根漆喰を練ります!

漆喰は、水加減によって硬さが変わります。
硬すぎず、柔らかすぎず、
適度なコシがある感じといえばわかりやすいでしょうか?

この練り加減が重要になってきます!


漆喰を詰める作業
そしてつる首鏝で漆喰を詰めていきます!

屋根の漆喰を塗るときは、必ず瓦の職人にお任せください。
左官職人の場合は、
屋根の知識を持っていないことがあります。

その場合、漆喰を詰めすぎて、
逆に雨水を棟の中に呼び込むことになってしまう事があります。
漆喰詰め直し
漆喰を詰める量は、
漆喰の上にある四角い瓦、
のし瓦
という瓦があり
下から二段目の、のし瓦よりも奥にしなければいけません。

塗増しを行うと、
その分漆喰が前に出て来てしまい、

のし瓦の縦の切れ目から入った水が、
漆喰の裏側に回ってしまうのです。

そして新たに漆喰で蓋をしているわけですから、
入り込んだ雨水は、外に出れず、中の土を濡らし、
棟の形が崩れていくというわけです。

皆様もお気を付けください。
鬼瓦まわり漆喰の詰め替え

IMG_2256-columns2-overlay
鬼瓦(棟の端についている大きい瓦)廻りも
古い漆喰を撤去し

新しく漆喰を詰め直します。

鬼廻りは、棟下の面戸にある漆喰よりも
太陽の光に当たりやすいので、
紫外線により劣化しやすい部位になります。

黒く変色して剥がれ落ちていたら要注意です!


すべての棟に同様の施工をして、
漆喰の詰め直し工事の完成です!
before1
IMG_8268-before-overlay

horizontal
after1
IMG_1363-after-overlay
before1
IMG_8308-before-overlay

horizontal
after1
IMG_2371-after-overlay
before1
IMG_8234-before-overlay

horizontal
after1
IMG_1367-2-after-overlay
どうでしょうか!
綺麗になった漆喰はとても気持ちがいいですね!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

須磨区。漆喰詰め直し工事の施工事例。

漆喰詰め直し工事
漆喰詰め直し工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰(シマダ物産)
築年数
30年
建坪
50坪
保証
1年
工事費用
約55万円

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市灘区|塩ビシート防水(絶縁工法)機械固定式工法のご紹介

3階屋上の施工前の様子
IMG_9598
工事内容
防水工事
その他の工事
使用素材
田島ルーフィング塩ビシート
築年数
30年
建坪
220㎡
保証
7年
工事費用
270万
施工事例

神戸市灘区 波板交換工事の施工事例です。

IMG_3842-4
波板交換後
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板
築年数
築40年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約10万
施工事例

神戸市灘区|瓦屋根から板金屋根への屋根葺き替え工事・施工事例

DSC_0039
IMG_0178-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
25年
建坪
30坪
保証
7年
工事費用
150万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_9465

神戸市西区に雨漏り調査にお伺いさせていただきました。早速、現場調査開始です。屋根に登って直ぐに解ったのは、漆喰の欠け。この写真をご覧いただければわかるかと思いますが、漆喰の一部が欠損しており、明らかに劣化が進んでいるという事が一目でわかりま...........

いぶし瓦葺きの屋根

神戸市北区 いぶし瓦葺きの立派な屋根を調査に伺いました。こんばんは。街の屋根やさんの松本和也です。本日の現場ブログは屋根の調査の様子です。いぶし瓦という日本瓦で葺かれた屋根で、とても状態がよく、まだまだ屋根を守ってくれる状態でした。

外観の様子

三田市瓦屋根調査!お客様の指示のもと、くまなく点検させていただきました。こんにちは。街の屋根やさんの松本です。本日ご紹介させていただくのは、いぶし瓦葺きが綺麗な、とても立派なお住まいでした。今回は屋根の調査をご依頼されましたので、屋根の現状...........