神戸市灘区 平板瓦が台風により飛散したお宅の現場レポート


IMG_8301-2-columns1-overlay
神戸市灘区のT様より、台風被害により棟瓦が飛んので、見て欲しいというご依頼を頂き調査に伺いました。

写真をご覧いただければ解る通り棟瓦の部分が飛散してしまっています。

この瓦は平板瓦と言って、昔からある従来の日本瓦とは少し仕様が違っており、一つずつの瓦をひっかけざんによって止めているのが特徴です。

従って、日本瓦とは違い強風にも強いという特徴があります。


何故、今回飛散してしまったのかについて少し解説をしていきたいと思います。

IMG_8303-columns1-overlay
このお写真をご覧ください。

これは、同じT様の棟瓦部分を撮影したものです。


ご覧いただくと解る通り、棟板金を止めるためのビスが完全に浮いてしまっているのが解ると思います。
新築当初はもちろんビス留めがきちんとされていたはずなのですが、経年劣化により浮いてしまったのでしょう。


その状態で放置してしまったところに台風の強風が吹きつけてしまい、結果的に飛散してしまう原因になったものと思われます。

T様もその様子に驚かれていましたが、屋根の上の状況はなかなか知る事が出来ませんのでどうしても見過ごしがちです。
IMG_8305-simple-overlay
この状態までビスが浮いてしまうともういつ飛散してもおかしくないような状態だと言えます。
IMG_8302-simple-overlay
このお写真を見ていただくと解ると思いますが、残っている棟瓦もかろうじて乗っかっているだけでいつ飛散してもおかしくないのです。
屋根の上には実は不安がいっぱいです。

瓦の飛散はご近所にもご迷惑をお掛けする事にも繋がりかねません。


気になる方は弊社の無料点検をご利用ください。
大丈夫だという事を確認するだけでも将来への安心へとつながると思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

東灘区 雨樋調査

神戸市東灘区 雨樋調査のために屋根に上らせて頂きました様子を本日は紹介いたします。築40年前後の立派な瓦葺き屋根のお住まいです。今日は秋晴れのとても気持ちの良い天気でした。到着後早速お客様にご挨拶させていただき、調査を開始いたしました。何点...........

伊丹市 庇現状

伊丹市 庇屋根葺き替え工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!瓦屋根と板金屋根が合流している屋根で、2業種の工事が必要となります。板金屋根を作り直す板金の職人、瓦を葺き直す瓦の職人の仕事となります。まずは撤去作業から始め...........

神戸市北区 屋根葺き替え 改質アスファルトルーフィングを敷き込みます。

神戸市北区 屋根の葺き替え、屋根材を取り付けていきます様子を本日の現場ブログではご紹介させていただきます。工程は屋根の下葺き材までの施工が終わっています。今回使用した下葺き材は改質アスファルトルーフィングのカッパを使用いたしました。下葺き材...........