灘区。大棟や降棟がズレると雨漏りに繋がります。


神戸市灘区から雨漏りによる屋根調査の依頼がありました。

築40年程の建物で、かなり屋根が劣化しているということです。

葺き替えなどはしたこともなく、何度か補修したことはあるそうですが

その場凌ぎになり修繕できていない様子でした。

雨が降ると雨漏りしたという連絡が多くなりますが、年中雨は降るので

雨漏りの問合せが一番多いかもしれません。

雨漏りは緊急性を及ぼす事態ですので、一刻も早い調査が必要です。

早速、現場調査です。

今回の現場ブログは雨漏りでも棟からの雨水が浸入が多いことがありますが

その事例をご紹介します。


棟調査
棟とは屋根の最も高い所で二つの屋根面が接合する部分です。
場所と構造により呼び方は異なりますが、一番高い場所を大棟や本棟と呼び、軒先方面へ降りる棟を降棟や隅棟などという所もあります。
棟調査
この本棟はのし瓦と冠瓦、鬼瓦で形成されています。
棟の下地には土が入っており、棟が造られます。
棟調査
棟が真っ直ぐになっておらずガタガタになっています。
一般的な考え方では棟が崩れるとよく心配されますが、もちろん
その可能性はあります。
しかし以外と知られていないのが、棟からの雨水の浸入です。
実は棟から雨水が浸入してしまうと平場の瓦を補修したところで雨漏りの改善にはならないのです。
この棟からの雨水を留めることが大切です。

棟調査
棟がガタガタになると隙間がたくさんでき、中の葺き土に雨が浸入してしまいます。
この土を濡らさないことが大切です。
濡れてしまうと中の土が崩れ、棟の形が変わってきます。
棟調査
棟を上から撮った写真です。
中央の瓦より徐々に外側に瓦があります。
雨が屋根の平場に流れ着くような造りになります。
しかしのし瓦は何枚も使用されていて継手があります。
この継手の間にも雨水が入り込みますが外に本来なら流れるように
なっています。
棟調査
棟が真っ過ぐ通る、のしがキレイに詰まれていることが大切で
中の土に水を極力入れないことが大前提です。

棟は屋根の心臓と言っても過言ではありません。
中の葺き土はを守るということは屋根の耐久性に大きく影響します。
その為に棟をまずしっかりメンテナンスするということが土葺き工法の屋根では
大切です。
その為には面戸漆喰や鬼まわりの漆喰がしっかり詰められているかどうかですが
これは棟がキレイに積まれていることが大前提です。
棟が歪んでいるのに漆喰だけを詰め直しても意味がないことになります。
葺き土を守る上で漆喰は大きな役割を果たしていますので、また瓦屋根では劣化する場所
でもあるのでマメにメンテナンスが必要になります。
今回は棟が歪んでいて、平場の瓦のズレているので、葺き替え工事が一番の工事提案になりました。

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市東灘区 屋根重ね葺き『立平』での改修工事。

ギャンブレル屋根
立平改修後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
板金:JFE鋼板株式会社極みmax 立平333(津熊鋼建株式会社)
築年数
30年
建坪
約20坪
保証
7年
工事費用
約90万
施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

東灘区 ベランダテラスのパネル張替をご紹介いたします。

ベランダテラスビフォー
ベランダポリカ張替アフター
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカパネル
築年数
約15年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

伊丹市 庇現状

伊丹市 庇屋根葺き替え工事を行いました様子を本日の現場ブログではご紹介いたします!瓦屋根と板金屋根が合流している屋根で、2業種の工事が必要となります。板金屋根を作り直す板金の職人、瓦を葺き直す瓦の職人の仕事となります。まずは撤去作業から始め...........

神戸市北区 屋根葺き替え 改質アスファルトルーフィングを敷き込みます。

神戸市北区 屋根の葺き替え、屋根材を取り付けていきます様子を本日の現場ブログではご紹介させていただきます。工程は屋根の下葺き材までの施工が終わっています。今回使用した下葺き材は改質アスファルトルーフィングのカッパを使用いたしました。下葺き材...........

神戸市長田区 ベランダ防水工事 ウレタン防水通気緩衝工法 完成

神戸市長田区 ベランダ防水工事の仕上げの工程をご紹介します。本日は先日竣工いたしました工事の、ベランダ防水工事の通気緩衝工法のウレタン塗布から仕上げまでの工程のご紹介です。写真は防水仕上がりの様子です。塗膜防水の中でも、既存の下地から上がっ...........