神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。


屋根の塗膜の剥がれ
神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。

街の屋根やさん松本です!
本日の現場ブログでは、
この屋根材表面をを覆う塗装面が、
長年の雨水によりはがれてきている状態でしたので、
屋根を塗装し、屋根材の防水性能を復活させる屋根塗装着工の様子をお届けいたします。

一度塗り直しを行っているお住まいでしたので、
剥がれてきている塗膜や屋根の汚れをまずは洗っていく工程となります。
塗膜のチョーキング
塗装全般に起こる現象ですが、
チョーキング現象が起こっています。

塗装表面に粉が乗っている状態です。
この粉はどこからきているというと、

メンテナンスで以前行った
屋根塗装の塗料から発生しています。

?ですよね。

なぜメンテナンスで行った塗装のせいで
屋根面が汚れているのか。


白亜化
チョーキングとは、白亜化とも呼ばれ、
塗料には避けては通れない現象です。

塗料は樹脂が基材となっています。
耐用年数はアクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル制御、フッ素等、
その基材の樹脂によって変わってきますが、
色の付け方はすべて一緒です。顔料という着色に使われる粉末を調合し、色を付けているのです。

長期間紫外線、熱、風、雨にさらされた塗装面は、
表層の樹脂が劣化し樹脂がやせてしまいます。
また塗料に含まれる顔料の酸化チタンが、紫外線を吸収することで、
分解成分のラジカルが発生し、塗膜を分解します。

その劣化した塗装面から、色を付けている顔料が浮き出てくる現象がチョーキングです。

チョーキングは塗装面の劣化のサインなのです。

塗り替えることで、屋根材の防水性能をよみがえらせてやる時期が来ているという事です。

高圧洗浄開始

洗浄機のセッティング
新しく塗装を施すにも、ゴミや汚れの上に塗りつけても、
塗料はうまく定着しません。

そのため、まず最初に行う下地処理が、『洗浄』です。

高圧の水で塗装面を洗い上げ、
汚れを吹き飛ばす工程からスタートです。
写真は、高圧洗浄機のスタンバイ中。
大きなバケツに水をため続け、
そこから洗浄機で水を吸い上げます。
高圧洗浄屋根
屋根の洗浄の様子です。
塗膜のチョーキングを丁寧に洗い落としていきます。

洗浄作業が塗装の出来栄えを左右するといっても
過言ではないぐらい、
大切な工程です。
屋根洗浄
このように、しっかりと洗い上げて汚れを落とします。
高圧洗浄はしっかりと洗わ無ければいけませんが、
高圧の水を、当てすぎてもいけません。
相当の勢いで洗いますので、
屋根材を傷める原因にもなります。
そのため職人の腕が必要な工程です。
洗浄の際雨樋内部も洗浄を行います。
雨樋内部に溜まった泥などのゴミもこの時に
一緒に清掃しておきます。

屋根の上を洗う機会など、そうそうタイミングですので、
雨樋つまりの原因となる泥や苔は、
綺麗に洗浄します。
樋の清掃
これだけの苔が屋根には生えています。
また、水圧も強く、
養生のシートは足場全面にかけて近隣への
飛散防止にも気を付けなくてはいけません。

施主様の為にも、
近隣に迷惑が掛からないよう、
気を付けながら進めていきます。
屋根面の苔
屋根は日当たりの良い面、悪い面とあります。
南側は太陽が当たりやすく、雨水が乾きやすいですが、
北面の乾きにくい屋根は、濡れている時間が長くなるため、
このような苔が繁殖してしまいます。


日当たりの悪い面の苔も吹き飛ばします
その苔もしっかり高圧で吹き飛ばし、
屋根塗装に備えていきます。

丸一日かけて、
高圧洗浄を行い、綺麗になりました!
勝手口の土間の洗浄
塗装とは関係ありませんが、
このような土間部もこの際なので
一緒に洗わせていただきました。

塗装前の洗浄、
とても大切な工程です!

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

森川様着工前アンケート
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
予算、業者をどこにするか。
屋根工事会社をどのように探しましたか?
インターネット
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
松本さんの対応がよかったから。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
好感が持て親身になった相談に乗ってくれる

お客様の声完工後

森川様竣工後アンケート
Qご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
A決めた業者がいないので信頼できるかどうか
Q街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
A対応の素早さ
Q初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
Aすぐに工事を依頼した
Q数ある会社の中から街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A丁寧な説明
Q工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A工事終了後でも相談できる関係や、定期的な点検があることで安心感が持てた

この工事の現場ブログ

IMG_0176-1

2018/03/06/ 神戸市北区 朝に屋根材が落ちてきたと、調査のご依頼がありました!

神戸市北区 朝に屋根材が落ちてきたと、調査のご依頼がありました!急を要するため、現場に伺い調査をさせていただきました。メンテナンスも定期的にされている、大きなお住まいで、屋根に上り現状を調査させていただきました。本日の現場ブログでは、そのお...........

ケレン作業開始

2018/04/21/ 神戸市北区でウレタン塗膜防水工事(通気工法)を写真と動画でお伝えします。

神戸市北区のベランダから雨漏りして住宅を調査した結果ウレタン塗膜防水(通気工法)のご依頼を受けました。前回は通気緩衝シートを敷く工程までをご紹介いたしました。
こんにちは、雨漏りの事なら街の屋根やさん神戸店の道明です。&nbs...........

屋根の塗膜の剥がれ

2018/04/04/ 神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。

神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。街の屋根やさん松本です!本日の現場ブログでは、この屋根材表面をを覆う塗装面が、長年の雨水によりはがれてきている状態でしたので、屋根を塗装し、屋根材の防水性能を復活させる屋根塗装...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市西区|外壁塗装・屋根塗装の施工事例

屋根塗装 屋根点検
屋根塗装 塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
下塗り アンダーサーフDS 中・上塗り ラジカル塗料パーフェクトトップ
築年数
約15年
建坪
保証
5年
工事費用
約170万円

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換いたします。

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り

灘区 塗装したてのお住まいでの雨漏り調査の様子です。到着後、挨拶させていただき、雨漏り個所を目視させていただきました。雨漏りはこの天井付近から少量ですが落ちてきたとご説明を受けました。では雨はどこから入り込んでいるのでしょう。

雨戸塗装の為の養生を行います。

神戸市北区 外壁塗装工事、鉄部の上塗りを掛けていく様子を本日の現場ブログでは、ご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさんの松本です。本日の現場ブログでは、外壁塗装の鉄部の上塗りの様子をお伝えいたします。鉄部の下塗り、中塗りのが終わり、その...........

外壁塗装の試し塗

神戸市北区 外壁塗装の様子。色の打ち合わせ、上塗り工程に入っていく様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは。街の屋根やさん松本です。写真は外壁の新しく塗る塗料の色決めの試し塗です。イメージに近い色を決めてもらい、実際その色と、...........