神戸市北区 ベランダ腰壁の笠木の交換工事、下地の傷みを補修いたします。


手摺笠木の交換
神戸市北区 ベランダ腰壁の笠木の交換工事の様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。

雨が降ると、翌日まで
ベランダ下の軒天部分から水がぽたぽたと落ちてきていた状態とのこと、
調査の結果、この笠木部分からの雨水の浸入している可能性がとても高かったため、
この手すり付きの笠木を交換することになりました。

下地の状態も気になったため、
カバーではなく一度この笠木を捲り、
新しい板金を取り付ける提案をいたしました。
本日のその交換工事着工日です!
手摺の連結部を解体していきます。
笠木はめくってみないとわかりませんが、
この腰壁天端に下地の木を入れ、
その木に笠木は釘で横打、
手摺は架台を笠木事脳天打ちで収められており、
この脳天打ち部分のシーリングの切れが目立っていたので、
この場所は雨が回り込んでいる状態でした。

まずは、手摺を解体撤去していきます。

脳天打ちのビスをインパクトで外していきます。
手摺と笠木を解体
笠木と手摺を解体しました。

撤去して初めて分かったのですが、
この笠木と手摺架台の取り合い部分の様子が何やらおかしいような気がします。
ゴムパッキンが施工されていないため水の浸入が考えられます。
手摺架台の裏を見てみても不安は募るばかりです。

パッキン材が入っていません。
少なくとも、捨て打ちのシール等、止水処理が施されているべき場所ですが、
その形跡がありませんでした。

相当の量の雨水が入り込んでいることが
想像できました。

職人と打ち合わせを行い、
下地の状態を見るべく、
笠木を捲りました。

笠木を捲ります。
笠木を撤去いたします。

やはり、下地の合板がかなり雨水により腐食している状態でした。
最後に雨が降ったのがおよそ
1週間前ほどですが、
また下地は濡れている状態です。
通気が取れていないことが考えられます。
下地に水が回っており、朽ちている状態です。
下地用に入れられていた合板は、
9mmのものでした。

合板を撤去し、
その更に下の軸組の状態が心配でしたので、
撤去してみると、
かろうじて軸はまだ生きている状態でした。

ここまで木地が腐るということは長年大量の
雨水が入り込んでいたことと思います。
構造用合板9mm
急遽、下地用の合板9mmを用意して、
天端の幅150にカット、
笠木の下地用の合板を下地に入れる準備を行いました。

その間、
本日は晴天、
しっかりと捲った笠木下地を乾かすため、
職人たちには別の工程を行って頂きました。
乾かしたあと、下地に9mmの合板を入れます。
下地を入れていきます。
9mmの構造用合板をベランダ腰壁天端に
取り付けていきます。

まずは、長めのビスを使い、
生きている躯体にしっかりとこの合板を
固定する場所を探りながら
留めつけていきます。

下地にガチガチに固定された下地が出来ました。
笠木を留めつける下地を作ります。
今度はその上にもう一段9mmの合板を増し張りいたします。
合板同士のジョイント部をテレコに設置し、
1枚ものの強さを出します。

また下地を留めるための下地、
笠木を留めつけるための下地と
2層になっているので、
これで笠木も強く固定が出来ます。
本日ご紹介の工程はここまでです。
次回は、もともとの笠木より、
雨が吹き込みにくいように垂を大きく作った笠木板金を取り付けていく様子をお伝えいたします。

工事を行ったお客様の声

お客様の声初回訪問時

森川様着工前アンケート
屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
予算、業者をどこにするか。
屋根工事会社をどのように探しましたか?
インターネット
街の屋根やさんを知りすぐにお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
はい。
何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
松本さんの対応がよかったから。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
好感が持て親身になった相談に乗ってくれる

お客様の声完工後

森川様竣工後アンケート
Qご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
A決めた業者がいないので信頼できるかどうか
Q街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
A対応の素早さ
Q初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
Aすぐに工事を依頼した
Q数ある会社の中から街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
A丁寧な説明
Q工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
A工事終了後でも相談できる関係や、定期的な点検があることで安心感が持てた

この工事の現場ブログ

IMG_0176-1

2018/03/06/ 神戸市北区 朝に屋根材が落ちてきたと、調査のご依頼がありました!

神戸市北区 朝に屋根材が落ちてきたと、調査のご依頼がありました!急を要するため、現場に伺い調査をさせていただきました。メンテナンスも定期的にされている、大きなお住まいで、屋根に上り現状を調査させていただきました。本日の現場ブログでは、そのお...........

現場の天気

2018/04/05/ 神戸市北区 塗装工事外壁悪所の撤去。下地処理を行います。

神戸市北区 塗装工事外壁悪所の撤去。下地処理を行う様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします。こんにちは。街の屋根やさん松本です。本日は晴天。昨夜の雨が嘘のようです。本日は、外壁塗装の様子をお届けしようと思います。

屋根の塗膜の剥がれ

2018/04/04/ 神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。

神戸市北区 屋根塗装着工。塗装前の洗浄の様子をお伝えいたします。街の屋根やさん松本です!本日の現場ブログでは、この屋根材表面をを覆う塗装面が、長年の雨水によりはがれてきている状態でしたので、屋根を塗装し、屋根材の防水性能を復活させる屋根塗装...........

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

神戸市北区 屋根塗装、外壁塗装工事をご紹介いたします。

屋根塗装前
屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ※下塗りアンダーサーフDS
築年数
約30年
建坪
約35坪
保証
5年
工事費用
約200万
施工事例

神戸市北区 棟の棟包み板金を下地の貫板と一緒に部分交換いたします。

カラーベスト屋根の棟板金の風災による飛散
棟の下地を交換して棟包み板金を修繕いたしました。
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
築20年
建坪
約30坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 塩瓦葺きの棟

神戸市中央区 塩瓦の棟積み替え工事 防災仕様に変更いたします。現状、塩瓦樋屋根材で葺かれた築30年前後のお住まいでの屋根の様子です。屋根の頂点、棟を見ていただけると、上下にガタついているのがお分かりいただけると思います。瓦の下には土台として...........

神戸市北区 スレートの脱落

神戸市北区 化粧スレートの落下、雨樋の劣化現状を調査いたします。お問い合わせ頂きまして、現場に到着いたしました。屋根は化粧スレート葺きの屋根でかなりの急勾配の屋根でしたので、上っての調査が出来ません。下から屋根の様子を見させていただきました...........

神戸市北区 カラーベスト屋根

神戸市北区 カラーベスト葺きの屋根、屋根材の脱落を発見したお客様からお問い合わせがありました。現場に到着して、ベランダから屋根に上らせていただきました。昨年屋根の塗装を行ったとのことで、屋根はまだ綺麗な状態でした。