神戸市長田区 瓦の下地釘が抜けズレているとお問い合わせがありました。


ケラバ破風の捲れ
神戸市長田区 瓦の下地釘が抜けズレているとお問い合わせがあり、
現場に伺い、現状の調査をさせていただいた様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。

こんばんは、街の屋根やさんの松本です。

本日は台風通過後、
お問い合わせ頂いたお客様の調査の様子をお伝えします。

現状お客様のお住まいの屋根はモニエル瓦という洋風な瓦で葺かれていました。

以前塗装を行っている形跡があり、
築は大体40年ほどでした。

お客様に現状をお聞きして、
屋根に上り調査を行います。

すると、
軒先のケラバを守っている袖瓦の部分にビニールのようなものが飛べ出ています。
捲れ落ちたケラバの破風面
近づいて確認してみると、
ケラバの袖瓦が落ちかけています。

どうやら電線を引き込むアンカー部分から
破風部のモルタルが捲れ、

瓦の下地が無いために瓦が落ちかけています。
雨染み
ケラバの捲れ部分の近くには雨漏りによる染みが見られました、

早急に修理が必要です。

お客様が行った養生を外します。
下地の状態が気になったため、

お客様がとりあえず詰め込んでいたというビニール袋を一度撤去させていただき、

屋根の下地も点検させていただきました。
屋根の構造体に雨水による腐食が見られました。
屋根の下地の状態です。

かなりの長い間、雨水の浸入があったのでしょう、

破風の下地のバラ板、屋根の構造体の垂木
屋根下地野地板・軒先の鼻隠し
下地の木が腐食して無くなってしまっていました。
ケラバ

なぜそこまで水が入っていたのかというと、

モニエル瓦の葺き方は、

平場を波うっている瓦で塞ぎ、
ケラバはその上にL型の袖瓦を被せ、
雨の浸入を防ぎます。

しかし、その平場の瓦とケラバの瓦の隙間から
吹降りの雨などはどうしても入り込んでしまいます。

そうした時現代の施工では入り込んだ水を受け止めて屋根の外に排出する捨て谷という板金を入れるのですが、

当時のモニエル瓦の施工書には

捨て谷の施工が義務づけられていないので、

入っていない場合がほとんどなのです。

雨が入らないよう養生をしました。
そうして入り続けた雨水が下地の木を傷め、腐食させて、
軒先の一部は、
下地の木が無くなってしまい、瓦、外壁モルタルなどが支えを失っている状態です。
電気のアンカーも通常は屋根の構造躯体の木の場所に打っていたほうがいいのですが、
ケラバのモルタル下地のバラ板に打ち付けていたので、

今回留めつけているものが腐食でなくなったところに
強風が吹き、モルタルごと捲れてしまった状態です。

一度このケラバから何枚か瓦を捲り、
屋根の躯体を木で組み直し、
屋根を復旧するしか方法はありません。

このまま水が入り続けたら、屋根にいいことは一つもないので、

しっかりと養生を行い急ぎ見積をおつくりしてお持ちいたします!

この工事の現場ブログ

屋根修理

2018/01/19/ 神戸市長田区 ケラバの屋根下地補修工事 モニエル瓦を葺きなおします。

神戸市長田区 ケラバの屋根下地補修工事 モニエル瓦を葺きなおす工程を本日の現場ブログではご紹介いたします。お問い合わせの内容は屋根の下地の腐食により、袖瓦がはずれ落ちかけている状態です。瓦をしっかり復旧させていただくために下地を補修いたしま...........

屋根下地補修

2018/01/22/ 神戸市長田区 ケラバの補修工事。下地を新しく組み補修します!

神戸市長田区 ケラバの補修工事。下地を新しく組み補修し補修を行う様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは、街の屋根やさんの松本です!現状、瓦の下地が雨水の浸食により、腐食しなくなっている状態です。このままでは、瓦を復旧する下地...........

ケラバ破風の捲れ

2018/01/17/ 神戸市長田区 瓦の下地釘が抜けズレているとお問い合わせがありました。

神戸市長田区 瓦の下地釘が抜けズレているとお問い合わせがあり、現場に伺い、現状の調査をさせていただいた様子を本日の現場ブログではご紹介いたします。こんばんは、街の屋根やさんの松本です。本日は台風通過後、お問い合わせ頂いたお客様の調査の様子を...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市東灘区 水の回った庇屋根を修繕した施工事例をご紹介いたします。

庇板金現状
庇板金のカバー工事
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
使用素材
庇板金:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 破風板・鼻隠し:ガルバリウム鋼板『JFE鋼板極みmax』 軒天:ケイカル板 軒天塗装:ケンエース『日本ペイント』
築年数
約30年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
約40万
施工事例

長田区 屋根葺き替え工事『立平葺き』の施工事例をご紹介いたします。

長田区葺き替え現場屋根before
立平葺き
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板)
築年数
40年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
約100万
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

長田区 屋根カバー工事『立平葺き』をご紹介いたします。

スレート屋根現状
立平葺き完成
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
立平(ガルバリウム鋼板) 換気棟2箇所
築年数
約25年
建坪
約30坪
保証
7年
工事費用
約130万
施工事例

長田区 下屋根瓦棒カバー工事、雨樋交換工事をご紹介いたします。

板金屋根ビフォー
瓦棒カバーアフター
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
使用素材
立平(津熊鋼建株式会社)、ガルバリウム鋼板(JFE鋼板)
築年数
約40年
建坪
約35坪
保証
7年
工事費用
約60万
施工事例

神戸市長田区|塗装職人による屋根塗装工事の作品をご覧下さい。

屋根塗装工事 施工前
屋根塗装工事 施工後
工事内容
屋根塗装
使用素材
ファインシリコンベスト(塗料)、ガルバニウム鋼板(棟板金)
築年数
30年
建坪
20坪
保証
屋根塗装工事5年、棟板金交換工事1年間
工事費用
39万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市北区 スレートの脱落

神戸市北区 化粧スレートの落下、雨樋の劣化現状を調査いたします。お問い合わせ頂きまして、現場に到着いたしました。屋根は化粧スレート葺きの屋根でかなりの急勾配の屋根でしたので、上っての調査が出来ません。下から屋根の様子を見させていただきました...........

芦屋市 棟の飛散

芦屋市 壊れた棟と壁際の面戸瓦、地瓦の修理を行いました様子を、本日のブログではご紹介いたします。昨年の台風により、瓦屋根の棟が飛ばされてしまっているお住まいでした。飛散した瓦がぶつかり、何十枚も平場のかわらが割れていました。

神戸市兵庫区 板金屋根

神戸市兵庫区 倉庫の屋根塗装を考えられているお客様宅へ現状の調査に伺いました。こちらは板金製の屋根『瓦棒』という屋根です。2種類のコの字の板金を組み合わせた、雨漏りにとても強い屋根材です。