芦屋市|棟板金交換工事とスレート屋根の欠けを補修


あけましておめでとうございます!街の屋根やさん神戸店です。

本年最初の記事は、芦屋市のレンガ造りの洋風建物です。

こちらのスレート屋根の大棟の板金交換と、スレート一部欠けや釘の抜けが見られた個所の補修工事を行います。
洋風建物門構え外観
三角のオブジェのような門構えが個性的な正面玄関です。広いお庭と緑が沢山の現場でした。

破損した大棟の板金

施主様が保管してくださっていた大棟の板金です。末端がボロボロになっているのが分かりますか?
破損した大棟板金
破損した大棟板金
こちらを新しいものに交換させていただきます。一部でなく全体を交換させていただきました。
新しい大棟板金
こちらが新しい板金です。

板金の外れた状態の屋根を調査してみましょう。

棟板金の下には貫板(芯木とも言う)という木材が留められています。

この貫板が雨や経年などによる劣化により腐ったりすると、ビスでその上に留めてある棟板金が強風などによりあおられて外れてしまうことがあるのです。
板金の外れた大棟
板金の外れた大棟

その他の屋根の不具合は?

大棟の板金交換のほかに、スレート屋根に不具合がないかチェックします。
スレート割れ
スレート割れ
釘抜け
他に見つかったのは割れや欠けまではいかないながらも、かなり大きなヒビの入ったスレートなども所々に見られました。

また板金を留めてある釘が抜けかけているところもありました。

こういった釘抜けは放置していると強風などの振動によりどんどんと抜けが進み、最終的には釘が外れてしまいます。
そうするとしっかりと固定されない状態が他の個所にも悪影響を及ぼし、暴風雨などが起きるたびに振動→ガタつき→釘抜け→最終的には留めてある板金が外れ落ちる、といった結果につながってしまいます。

さて、現地調査によりこれらの屋根の不具合が見つかりました。
次回より、いよいよ補修工事に入ります!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区 屋根塗装・外壁塗装を行ったお住まいの施工事例です。

Ⅿ様邸ビフォー
Ⅿ様邸
工事内容
棟板金交換
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
使用素材
屋根ファインシリコンベスト、外壁パーフェクトトップ、防水サラセーヌ、板金ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約40㎡
保証
最大5年
工事費用
約220万
施工事例

西宮市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

IMG_0071-1
IMG_0495
工事内容
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板) 棟下地貫板
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
1年間
工事費用
約10万円
施工事例

神戸市須磨区 飛散した棟板金を新しい棟板金を使い修繕しました。

棟板金の飛散
棟板金の復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟包み板金(ガルバリウム鋼板)・下地貫板
築年数
約30年
建坪
25坪
保証
工事費用
約30万

同じ地域の施工事例

施工事例

芦屋市 棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

棟板金の捲れ
棟板金復旧
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
使用素材
棟板金(ガルバリウム鋼板)、下地貫板
築年数
約30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約27万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市中央区 棟板金の飛散の現状

神戸市中央区 飛散した棟板金の修理を行いました。現状、板金材が飛んでしまってからかなりの歳月がたっている状態です。下地の貫板が変色して傷んでいる状態がお分かりいただけると思います。

以前ほかの業者が来た際に養生を行ったようです。

神戸市北区 屋根頂点を守る板金材の交換工事の様子を、本日の現場ブログではご紹介いたします!着工までおそよ半年の時間が掛かりましたが、やっと工事に取り掛かれます。大変お待たせいたしました。こちらのお住まいは去年の台風時に、板金が飛んでしまい、...........

屋根の板金が飛散

神戸市西区 屋根の板金材【棟包み板金】の捲れを調査いたしました様子を現場ブログでご紹介しようと思います。現場は神戸市西区、とても閑静な住宅街を台風の猛威が襲いました。ご覧いただいているお写真が、被害の状況です。屋根頂点の部材が一部外れている...........