オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

灘区 水が垂れて来て壁紙が浮いている、原因は瓦にあった!


灘区 お客様から問い合わせがありました。水が垂れて来て壁紙が浮いているとのことなので、、急を要するため、

現場に急行し調査を行いました!

お客様は長い間雨漏りに苦しんでいらっしゃるようですので、

一刻も早く雨漏りの原因を突き止めお客様を安心させてあげたいと思い、

水が垂れてきた場所を確認後、

すぐさま屋根に上り調査をいたしました。



雨の染みにより浮いてしまったクロス
居室の写真です。

水が染みた跡が茶色く変色しています。

これだけ壁紙が染みて浮いているということは、

長い間、家主さんは雨漏りに悩まされていたことと思います。

家主さんの不安を吹き飛ばすために屋根に上り雨漏りの

原因を追究していきます!

屋根の状態を確認

雨漏りしている屋根全体の写真
こちらが対象の屋根の写真です。


瓦屋根と瓦棒屋根の取り合い
この家屋の屋根には、瓦屋根と瓦棒屋根の

取り合い(合流部)があります。

この取り合い箇所はしばしば雨漏りの原因となることがあります。

こちらの家屋では取り合いが直接的な

原因ではありませんでしたが、

壁と屋根の取り合いなどがある家屋では、注意が必要です。
お客様自身の手で板金を瓦の間に挟んでいた補修の跡
以前から雨漏りが続いていたのでしょう。

瓦の間に、お客様がご自身で補修を行っていたようです。

理由はわかりませんが、瓦と瓦の間に、板金を挟み込んでいます。

また、瓦の状態がひどく劣化しています。

完全に茶色く変色して劣化しています。


お客様が瓦を板金で覆い補修した跡
こちらも同じようにお客様が自身で補修を行っていた写真です。

割れていた瓦を板金で覆っています。

欠けた瓦にはコーキングで補修を行っています。


ラバーロック工法が施された瓦
瓦にラバーロック工法が施されていました。

瓦のズレを抑える施工法です。

瓦の端をコーキングで留めずれにくくするのです。

悪質な業者は瓦の隙間をすべて埋めてしまい、

瓦の通気性を阻害し、下地を傷めてしまう事もあります。
ガタガタ崩れかけた棟の写真
棟も崩れかけていました。

これは、棟の中には土が入っており、

棟の間から入り込んだ水により、

中の土がやせてしまい、

そのやせた空間に棟ののし瓦がズレこみこのように

ガタガタになってしまいます。

ここまでずれると、

棟の瓦の間から、かなりの量の水が入り込んでしまいます。

瓦がズレて瓦の面がずれてしまっている写真
瓦がズレてきているため、

瓦の面が統一されておらず、ばらばらになってしまっています。

これも瓦の下にも土が入っており、その土により瓦はしっかりと固定され適切な高さと勾配を保っているのですが、

瓦の下に入った水により、土が濡れて乾いて濡れて乾いてを繰り返して、

カチカチに固まっていた土が崩れてきてしまい、

結果瓦のズレが起こってしまいます。

また瓦はずれると隙間が生じ、そこからかなりの確率で水が入り込みます。



雨漏りの原因は、瓦の割れている箇所(板金を入れ補修していたところ)

棟のズレからの浸入、瓦の隙間から

と原因は多岐にわたることが判明いたしました。

これだけの原因を補修ではどうしても補いきれないことをお伝えし、

屋根の葺き替えを提案させていただきました。

お客様の不安を晴らすため、今日も神戸を走り回っています!

次回も現場ブログをお楽しみに!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市灘区 屋根リフォーム前カラーベスト屋根

※2020年9月15日更新こんにちは!街の屋根やさん神戸店です!本日の現場ブログでは、神戸市灘区にておこなった屋根リフォームの様子をご紹介いたします。今回は、築20年のカラーベスト屋根から雨漏りが発生したため、ガルバリウム鋼板という軽量かつ...........

神戸市長田区 外壁改修工事、外壁カバー工法 現状の状態

神戸市長田区 外壁改修工事、外壁カバー工法着工の様子を本日はお伝えいたします。お住まいの外周全体的に雨漏りが発生していた原因は4階部分の板金製の外壁からでした。3階まではモルタルの外壁で納められており、そのつなぎ目の土台水切りから雨水が入り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-960-735